悪材料まみれになってきたテンセント_1


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



  1. 2018/10/24本日、サーバーのメンテナンス作業を行い完了しました。作業中、一時的にメルマガの登録フォームがおかしくなりました。登録されようとした方、ご迷惑をお掛けしました。現在は復旧しました。
  2. 2018/09/20[重要]2018年のある時点から、日本の海外送金環境がやや厳しくなっている可能性
  3. 2018/09/05(特にiPhone利用者向け)記事一覧ページに記事一覧が表示されない問題について
メルマガ最新号
  • [アボマガ No.28]原油価格は本当に、気分屋で困りますね(笑)(配信日: 2018/11/20)
  • [金のメルマガ No.9]金価格は底打ち反転?不透明な将来への保険としてのゴールドの価値は増すばかり(配信日: 2018/11/12)

→登録はこちらから

悪材料まみれになってきたテンセント_1

2018/09/06

 

 2017年に株価が2倍以上上昇したものの、2018年に入り様々な悪材料が出てくるようになり株価が下がり始めたテンセント。13年ぶりに前年同期比減益となり、中国当局の規制強化の影響も受けており、泣きっ面に蜂の状況。テンセントに将来はあるのか?

 

[アボマガ No.11]悪材料まみれになってきたテンセント_1

の記事(一部)です。メルマガでは最新の中国インターネット市場予測を参照しながら、テンセントの将来を分析しています。

 

記事全文をご覧になりたい方は「アボマガ」にご登録下さい。当記事のブログ公開日から早めにアボマガにご登録されると、期間限定サービスとして全文がメール配信されます。

 

スポンサーリンク

 

中長期でみるとテンセントは明るい

 まずはテンセントの事業について簡単に話しておきます。

 

 テンセントはバイドゥ、アリババと並ぶ中国の3大ネット企業の一角です。

 

 テンセントといえば、無料メッセンジアプリであるWeChatが有名ですね。

 

 WeChatの月次アクティブユーザー数は10億人を突破し、現在も伸び率は鈍化しているものの月次アクティブユーザー数は伸び続けています。

 

画像ソース: statista

 

 

 現在のテンセントの主要事業はソーシャルネットワーク事業とゲーム事業の2つです。

 

 ※テンセントはこれら2つの事業をまとめて「付加価値サービス(Value-Added Services)」と呼んでいます

 

 ソーシャルネットワーク事業は動画のサブスクリプションやライブストリーミングから収入を得ています。

 

 ゲーム事業はスマホ向けゲームの課金収入を中心に得ています。

 

 最近はテンセント全体の収入に占める付加価値サービス事業からの収入のシェアは低下傾向にあります。

 

 それでも全体の6割前後が付加価値サービス事業からの収入ですから、ソーシャルネットワークとゲームからの収入の伸びが、少なくとも短期的にはテンセントの収益を決めることになります。

 

 言い換えれば、ソーシャルネットワークとゲームからの収入の伸びが、テンセントの直近の株価を決める主要因の一つとなります。

 

画像ソース: テンセント

 

 短期的なソーシャルネットワーク事業とゲーム事業の業績については、後述します。

 

 その前に、テンセントの将来について見ていきましょう。

 

 (省略)

 

 ビジネス・市場面からみて、中長期(少なくとも中期)でテンセントの将来は明るいと思います。

 

 ただし、いまテンセントの株を購入することは、ハイリスクだと考えます。

 

 以下、テンセントの現状について解説していきます。

株価下落が続くテンセント、市場はなおも楽観視

 テンセントの直近の株価と業績を見てみます。

 

 2017年に株価が2倍以上上昇したテンセントですが、2018年に入り株価は下げ始め、今年1月のピークから25%以上下がっています。

 

 テンセントの株価が下落を続ける大きな理由は3つあります。

 

  • 新興国からの資金流出や米中貿易戦争の過熱
  • 中国政府によるゲーム規制の強化
  • Q22018決算での減益

 

 [新興国からの資金流出や米中貿易戦争の過熱]

 

 今年2月からの新興国からの資金流出の拡大、および米中貿易戦争の過熱により、中国株(上海総合指数)はここ6ヶ月で14.6%のマイナスです。

 

 新興国株式の騰落率でさえ-7.4%であり、世界の株式市場と比較して中国株は大負けしている状況です。

 

画像ソース: JPモルガン・アセット・マネジメント

 

 テンセントの株価も、上海総合指数と似たような株価下落の推移をたどっています。

 

 

 [中国政府によるゲーム規制の強化]

 

 8月13日、中国政府はテンセントに対し、日本でも大人気のゲームであるモンスターハンターシリーズの新作(モンスターハンター・ワールド)の販売停止を要請し、同日にテンセントは同作品の販売停止を発表しました。

 

 8月8日に発売してからわずか5日後のサプライズ的な販売停止措置であり、同日と翌日の2日間でテンセント株価は3%下落しました。

 

 同作品の販売がいつ再開されるかは現時点で不明です。

 

 [Q22018決算での減益]

 

 8月15日に発表されたQ22018(2018年第2四半期)決算で、テンセントの営業利益は前年比3%減、前期比では29%も減少してしまいました。純利益は前年比2%減です。

 

 成長鈍化の声が聞かれるようになったBATですが、それでもバイドゥのQ22018の純利益は前年比45%増、アリババは61%増であり、テンセントの減益が目立ちます。

 

 テンセントの減益はおよそ13年ぶりです。

 

 ゲーム事業での売上げ鈍化の一方で、コンテンツ費用やライセンス料などの費用が増加の一途を辿っており、テンセントの減益につながりました。

 

画像ソース: テンセント

 

 中国政府によるモンスターハンター・ワールドの販売承認停止と減益決算が重なり、8月13-16日の4日間にテンセント株価は10%近く下落しました。

 

 

 続いてテンセントの株価バリュエーションとコンセンサスを見てみましょう。

 

 現在のPERは43倍程度であり、今年の予想PERは36倍程度で、高い状態が続いています。

 

 コンセンサスは今後もテンセントが増収増益を継続するとみており、売上げは毎年27%-37%程度、EPSは毎年15%-28%程度伸びていくそうです。

 

 

 依然、テンセントに対する市場の見方は強気です。

 

 つまり、今後またテンセントの決算が市場予想を下回ることがあれば、近い将来にテンセント株価がさらに大きく下げてもおかしくありません。

 

 

 私は短期的なテンセントの業績や株価に関しては悲観的な立場です。

 

 気になるのは次の3つの点です。

 

  • 規制強化・政治リスク
  • 営業利益率の低下
  • 本業とは関係のない株式投資規模の大きさ

 

 これら3点については、次回お話します。

 

 →続きはこちら

 

米国証券口座で長期投資。日本よりも圧倒的に安い手数料で世界中の株式に投資できます。最近、Firstradeの取引手数料が完全無料となりました。

 

 →初めての方はこちら
 →Firstradeの口座開設方法
 →Sogotradeの口座開設方法

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!_2
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!
割安なタバコ銘柄を探す
ESG投資:社会問題を相場吊り上げに利用する
日銀量的金融緩和はすでに瀕死、その先に待ち受ける「超円安」
「超円高」に期待しすぎてはいけない
消えかかるドル高材料、近づく金購入「ラストチャンス」
悪材料まみれになってきたテンセント_2
悪材料まみれになってきたテンセント_1
知ると知らずで大違い、配当再投資の隠れた特徴
配当再投資:雪だるま式に資産を殖やし残りの人生を謳歌する投資手法
人民元がゴールドにペッグしている??
「金価格の歴史的上昇トレンド」が新興国から始まる
米中貿易戦争勃発で米国株も怪しくなってきた。笑うのはロシア?
SECメンバーが「米国株式相場のクラッシュ」を厭わない規制導入を提唱した
米国政府の税収の1/4、1/3が利払いで消える日
金価格の伸び悩みはレパトリ減税の影響?
[2018/05/23]フラッシュクラッシュ時代、逆指値売り注文は自殺行為
[2018/05/16]新興国市場に赤信号点灯、世界金融危機の幕開け?
[2018/04/24]トランプが税制改革法案に埋め込んだ「マルウェア」
[2018/04/02]米国の自国優先主義は海外の金持ちを惹きつける
[2018/03/31]トランプは円安ドル高を許さない
[2018/03/24]リーマン・ショックから始まった金融市場の「真の終わり」の規模
[2018/03/17]新時代に向けて世界構造の破壊に本格的に着手し始めた米中
[2018/03/07]トランプの鉄鋼・アルミニウム輸入関税の真のターゲットはどこだ!?
[2018/02/28]物流、トランプ、中東、日銀...物価上昇・通貨減価懸念材料ズラリ
[2018/02/07]2018年2月5日-6日、世界同時株安だと?
[2018/02/03]144A for life -米国ハイイールド債市場を席巻する破滅的闇証券-
[2018/02/01]金利上昇が止まらないー草
[2018/01/24]米国経済が良くなると米国株相場はダメになる
[2018/01/10]配当再投資のリスク低減効果:私のポートフォリオの結果を材料に
[2017/12/29]2018年に向けて、金市場の動向をみる
[2017/12/06]ビットコインバブル→電力消費・発電問題発生→バブル崩壊
[2017/12/04]『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か?』を読んでみた
[2017/11/27]トランプによる世界金融市場の大粛清がいよいよ始まりそうだ
[2017/11/23]トランプ税制改革は借り入れ依存企業への死刑宣告
[2017/11/18]ボラティリティ・ターゲット戦略は株式・債券市場を一瞬で破壊する
[2017/11/13]債券市場崩壊の初期段階がすでに現在進行中?
[2017/11/01]IMFは世界の中央銀行として世界を支配したいのか?
[2017/10/15]トータル・リターン・スワップの出現は第2のAIGショックの発生を暗示する
[2017/10/03]MiFID2は世界金融危機を拡大させ、大陸欧州を自滅に導く破壊ツール
[2017/08/26]世界金融市場クラッシュの予兆が見えた
[2017/09/21]暗号通貨に国債市場、日本円が抱える内憂外患
[2017/09/13]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す:その2
[2017/09/12]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す
[2017/08/24]日銀のETF買いは「貯蓄から投資へ」移行する家計を罠に陥れる
[2017/08/20]中国のシャドーバンキングスキームの崩壊はすでに始まっている
[2017/08/16]つみたてNISAのみの利用での長期資産形成は難しい
[2017/08/02]「金融の神様」がグローバル金融の崩壊を警告し続けている
[2017/07/13]「世界金融市場大揺れへのカウントダウン」は、すでに始まっている
[2017/07/09]相変わらず「自身の出口戦略」にしか興味のない日銀・黒田総裁
[2017/07/04]「悪徳」銘柄への投資こそ、年金運用には向いている...!?
[2017/06/29]短期の変動に目を奪われすぎず、本当のリスクに焦点を合わせよう
[2017/06/18]イエレンさん、本当にバランスシート正常化なんてできるの?
[2017/05/18]備えはお早めに:ゴールドへの備えに適した期間は着実に減っている
[2017/05/05]中国金融市況の悪化が米国株式市場の熱狂を生んでいる
[2017/04/29]中国金融当局のレバレッジ是正勧告は世界市場を溶かすかもしれない
[2017/03/07]FRBが3月利上げしそうですね。米国経済が回復していないなかで。
[2017/02/25]インサイダーたちによる爆売りブーム...米国株式市場のバブルの宴のフィナーレが迫っている
[2017/02/17]米国債しか頼れない日本、アジア国際金市場を着実に発展させている中国
[2017/01/24]トランプ政権は米ドル・米国債に対する大胆な政策を画策しているかもしれない
[2016/11/15]トランプの当選が市場に与える影響
[2016/11/05]今後世界の株価が大きく下がることは時間の問題
[2016/10/18]官製相場にかなり近づいた国債市場:日銀の八方美人的な振る舞いに潜む「テーパリング」への道

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲