トランプの当選が市場に与える影響


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.68]チャンス到来のディフェンシブ銘柄(配信日: 2019/05/21)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

トランプの当選が市場に与える影響

2016/11/15

 

 トランプ氏が大統領に選出されましたね。

 

 今回はトランプが大統領に選出されたことによる市場への影響に関する個人的な見方を簡単に書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 トランプが市場へ与える影響を一言でいえば「世界市場の崩壊が秒読み段階に入った」ということでしょうか。

 

 トランプ当選後の市場の動きを見てみると、大体次のようなことが言えます。

 

下がったもの

  • 世界の債券価格
  • 世界株(米国株を除く)
  • 新興国通貨(米ドルと比較して)
  • 貴金属

 

上がったもの

  • 米ドル
  • 米国株

 

市場の動き

画像ソース:Zero Hedge

 

 一番重要なのは債券市場の動きでしょう。トランプ当選後、世界中の国債価格が急落して利回りも急増しています。米国債価格も大きく下落しており、特に30年債の価格は米大統領選挙の投票締め切りの時点から6.4%以上も下がっています。

 

 先進国の国債価格は2016年7月あたりから少しずつ上昇を続けてきました。中央銀行が低金利政策、マイナス金利政策によって世界の金利を人為的に下げているなかで国債利回りが上がって(=国債価格が下がって)きたわけですから、すでに債券市場は神経質な状況にありました。

 

 そして今回、トランプが当選したことにより、米国を含め世界の多くの国債価格がまた一段と下がり始めたわけですから、債券市場が文字通り崩壊の危機を迎えています。

 

 21世紀に入ってから、米国債は海外投資家を中心に購入されてきました。しかしその買い越しの勢いは年々衰えてきて、2015年以降の海外勢による買い越しは他の主体と比較してほとんどゼロの水準にまで落ち込んでしまったのです。

 

 最も米国債を保有している海外勢が米国債を買い越さなくなった中で、上のような米国債の動きですから、いつ米国債のパニック売りが起こってもおかしくありません。そしてこの動きは他の債券にも波及するでしょう。

 

 さらに今後はEUで政治的リスク顕在化のおそれがあります。EUでは今後度重なる選挙が控えており(先陣を切るのは12月4日のイタリア国民投票)、トランプ勝利もあってEU離脱旋風、反エスタブリッシュメント(反「1%の1%による1%のための政治」)旋風が吹き荒れていますから、今後も債券市場には逆風しかありません。

 

 他の市場を見ても世界の株式や新興国通貨、貴金属の価格も下がっていますから、世界市場の崩壊を予感させる動きがすでに起こっています。

 

 一方上昇しているのは米ドルと米国株です。これもやはりトランプが次期大統領に選出されたことと関係があるとみられます。

 

 トランプは選挙期間中から、アメリカ経済を復活させることに通じる演説を述べてきましたし、政策のアウトラインをみてもそのような期待を持たせるようなものになっています。アメリカ製造業の復活、自由貿易協定であるNAFTAへの批判やTPP参加への見送り、中国やメキシコからの輸入品目に対する高関税の設定、エネルギーの輸出促進、米国独自の金融規制の導入などなど。

 

 このような「アメリカ・ファースト」「強いアメリカ経済の復活」の期待を市場が抱いているため、米ドルや米国株が上昇したのでしょう。実は米国株もハイテク企業メインのNasdaqの価格は大きく下がっていますが、ダウ・ジョーンズといった製造業やエネルギー産業などを含むインデックスの価格が上昇していますから、このことからもトランプ旋風が米ドル、米国株の価格上昇を裏付けます。

 

 とはいえ米ドルはまだいいとしても、米国株も近々暴落すると思っています(早ければ11月中)。その理由は米国株の価格が企業の居j者株買いによって支えられているものであり、ファンダメンタル的な裏づけがないからです。こちらの記事を参照。

 

 よって今後は株式、債券全部売られて米ドルや日本円、スイスフランなどに逃げるかもしれませんね(トランプは製造業復活や輸出の拡大を考えていると思うので、そうなると米ドルからの退避もありそう)。

 

 ※日本円やスイスフランへの投資をすすめているわけではありません。念のため。

 

次の世界市場の暴落は凄まじいものになるかもしれない

 おそらく近いうちに起こるであろう世界市場の暴落ですが、今回の暴落は大変大きなものになると思います。それをトランプ当選という面から考えて見ましょう。

 

 今回のトランプの次期大統領への当選というのは、過去30年のあいだに世界を席巻してきたグローバリズムの潮流に大きな変化が生じるポテンシャルが生まれたことを意味します。

 

 1980年代の金融の自由化によって、大口投資家が世界市場に自由にカネをばら撒くことができるようになりました。また中央銀行の低金利政策がはじまったのも個の頃で、金利低下で借入しやすい環境ができたことによりレバレッジを効かせた投機もしやすくなりました。

 

 また企業も成長期待があり、雇用賃金も安く済む新興国でのビジネスが活発化し、多国籍企業の影響力がどんどん大きくなってきました。

 

 こうしてゴールドマン・サックスといったウォール街企業や多国籍企業がまずは金銭面で力をつけてきて、やがて国際政治的にもウォール街や多国籍企業が大きな影響力を行使していきます。

 

 一部の銀行家といったカネ持ちの連中たちが、各国政府機関、多国籍企業、金融機関、国際機関、中央銀行といった機関の重職のイスに座って、こうした一部のグループ内で入れ替わり立ち替わり同じイスに座り続けたのがここ最近なわけです。そりゃウォール街や多国籍企業ファーストになるのも仕方ないですよね。

 

 こうしたウォール街、多国籍企業ファーストの世界に染め上げられたのがここ30年です。そしてこの期間は「世界市場が激しいバブルと暴落を繰り返しながら、趨勢的に価格が上昇していった期間」とも一致します。言い換えれば「投機家たちの天国」だったのがこの30年です。市場を機関投資家が席巻したのもこの頃です。

 

 この動きに待った掛けると言っているのがトランプなわけです。彼の発言を見ていると、「投機家たちの天国」であった環境を大きく転換させる可能性があるのです。

 

 彼は選挙期間中も献金をほとんど受けずに自前の資金で選挙活動を行ってきましたから、ウォール街や多国籍企業の言いなりにならずに政治を行いやすい境遇にあります。もちろん今後脅しによってトランプの政策がウォール街・多国籍企業寄りに変わる可能性がないとは言えませんが...

 

 市場を席巻している機関投資家(投機家)目線でみれば、今後何が起こるかまったく不透明で予測不能であり、最悪トランプはいままで30年も続いてきた投機家天国の環境をぶっ壊すかもしれない、そう考えるはずです。

 

 もし皆さん自身が市場を席巻している投機家の一人だったとして、上のようなことを考えていたとしましょう。手持ちの株式、債券、どうしたいですか?

 

 その答えが、これから世界中で津波のごとく押し寄せるでしょう。

 

 ...と思ったら早速世界の債券市場がクラッシュしていますね。

 

 金利があがれば企業による借入は難しくなりますが、アメリカの企業は借入を自社株買いに充てていたわけです。これがアメリカの株式市場を支えてきました。

 

 ということはアメリカの株式市場ももう終わり、世界の株式市場の崩壊も時間の問題というわけです。

 

 それだけではありません。実はアメリカの企業は自社株買いのための借入の一部をドル建てでなくユーロ建てで得ています。ユーロの債券市場で起債してドルに換えて自社株買いにあてているわけです(→ソース1→ソース2)。ユーロ建てのアメリカ企業の社債はもちろんECBが買い取っているでしょう

 

 つまり債券金利の上昇は中央銀行の量的緩和政策規模の縮小に飛び火することが考えられます。量的金融緩和政策は世界の市場バブル演出の立役者でしたが、それが今後はフェードアウトしていくのです。

 

 こうした二次効果も考えれば...世界市場の大暴落はまだまだ始まったばかりです。

 

スポンサーリンク

 

資産保全のための金投資

 最後に、私は本サイトで資産保全のための金投資をすすめており、私が実際に利用している金投資の始め方についての説明も行っています。よろしければこちらからご覧下さい。

 

 金価格は米ドルの強さもあって、今後一時的に結構下落してしまうかもしれません。ただ今後世界的なデフレ、中央銀行政策のツケ、膨大な債務残高、政治リスク(特に米国とEUの動向)など、リーマン・ショック直後と比較にならないほど深刻な状況が待っているでしょう。

 

 こうした将来を想定して、本サイトでは有事の際の金投資として、ゴールドを多少なりとも持っておくと皆さんが少しでも安心できると思いすすめてきました。

 

 また上でトランプの当選は過去30年の世界の潮流を一変させるポテンシャルがあると述べましたが、実はこの30年というのは金価格の上昇が抑えられてきた期間でもあります(21世紀に入ってからは金価格は上昇しましたが、現在までに中央銀行がばら撒いてきたカネの量と比較するとまだまだ金価格の上昇は足りないでしょう。参照)

 

 こうした面からも、金投資は中・長期的にポジティブな効果をもたらすと考えています。

 

 ゴールドは米ドルといった通貨と反対の動きをする傾向があります。よって通貨価値が今後大きく下がればゴールド価格の上昇が期待できますし、ゴールドの価格が下がってもそれは通貨価値が保たれていることを意味します。

 

 つまりゴールドを多少保有しておけば、将来どのように世界が動いても、一瞬で皆さんの生活が苦慮を強いられるというリスクを防いだり、被害を抑えることにつながるのです。

 

 将来への保険として一部の資産をゴールドに換えておくと、今後何が起こっても安心ではないかと思いますよ(私はもう予定分のゴールド購入は完了しました。あとは皆さんの番です)。

 

→[PR]The Economistで一週間の世界の経済・金融・ビジネスニュースをじっくりまとめ読み。管理人アボカドまつりも購読5年目突入!

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。


 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

鮮明さ増す高インフレの流れ
有事の金
低リスク高リターンが見込める石油銘柄
見えない爆弾だらけの原油市場。目先にとらわれてはならぬ
備えあれば憂いなし
アルゴリズム取引の本格的な暴走までそう遠くはない?
中期的安定性の高い石油銘柄
原油価格は本当に、気分屋で困りますね(笑)
金価格は底打ち反転?不透明な将来への保険としてのゴールドの価値は増すばかり
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!_2
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!
割安なタバコ銘柄を探す
ESG投資:社会問題を相場吊り上げに利用する
日銀量的金融緩和はすでに瀕死、その先に待ち受ける「超円安」
「超円高」に期待しすぎてはいけない
消えかかるドル高材料、近づく金購入「ラストチャンス」
悪材料まみれになってきたテンセント_2
悪材料まみれになってきたテンセント_1
知ると知らずで大違い、配当再投資の隠れた特徴
配当再投資:雪だるま式に資産を殖やし残りの人生を謳歌する投資手法
人民元がゴールドにペッグしている??
「金価格の歴史的上昇トレンド」が新興国から始まる
米中貿易戦争勃発で米国株も怪しくなってきた。笑うのはロシア?
SECメンバーが「米国株式相場のクラッシュ」を厭わない規制導入を提唱した
米国政府の税収の1/4、1/3が利払いで消える日
金価格の伸び悩みはレパトリ減税の影響?
[2018/05/23]フラッシュクラッシュ時代、逆指値売り注文は自殺行為
[2018/05/16]新興国市場に赤信号点灯、世界金融危機の幕開け?
[2018/04/24]トランプが税制改革法案に埋め込んだ「マルウェア」
[2018/04/02]米国の自国優先主義は海外の金持ちを惹きつける
[2018/03/31]トランプは円安ドル高を許さない
[2018/03/24]リーマン・ショックから始まった金融市場の「真の終わり」の規模
[2018/03/17]新時代に向けて世界構造の破壊に本格的に着手し始めた米中
[2018/03/07]トランプの鉄鋼・アルミニウム輸入関税の真のターゲットはどこだ!?
[2018/02/28]物流、トランプ、中東、日銀...物価上昇・通貨減価懸念材料ズラリ
[2018/02/07]2018年2月5日-6日、世界同時株安だと?
[2018/02/03]144A for life -米国ハイイールド債市場を席巻する破滅的闇証券-
[2018/02/01]金利上昇が止まらないー草
[2018/01/24]米国経済が良くなると米国株相場はダメになる
[2018/01/10]配当再投資のリスク低減効果:私のポートフォリオの結果を材料に
[2017/12/29]2018年に向けて、金市場の動向をみる
[2017/12/06]ビットコインバブル→電力消費・発電問題発生→バブル崩壊
[2017/12/04]『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か?』を読んでみた
[2017/11/27]トランプによる世界金融市場の大粛清がいよいよ始まりそうだ
[2017/11/23]トランプ税制改革は借り入れ依存企業への死刑宣告
[2017/11/18]ボラティリティ・ターゲット戦略は株式・債券市場を一瞬で破壊する
[2017/11/13]債券市場崩壊の初期段階がすでに現在進行中?
[2017/11/01]IMFは世界の中央銀行として世界を支配したいのか?
[2017/10/15]トータル・リターン・スワップの出現は第2のAIGショックの発生を暗示する
[2017/10/03]MiFID2は世界金融危機を拡大させ、大陸欧州を自滅に導く破壊ツール
[2017/08/26]世界金融市場クラッシュの予兆が見えた
[2017/09/21]暗号通貨に国債市場、日本円が抱える内憂外患
[2017/09/13]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す:その2
[2017/09/12]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す
[2017/08/24]日銀のETF買いは「貯蓄から投資へ」移行する家計を罠に陥れる
[2017/08/20]中国のシャドーバンキングスキームの崩壊はすでに始まっている
[2017/08/16]つみたてNISAのみの利用での長期資産形成は難しい
[2017/08/02]「金融の神様」がグローバル金融の崩壊を警告し続けている
[2017/07/13]「世界金融市場大揺れへのカウントダウン」は、すでに始まっている
[2017/07/09]相変わらず「自身の出口戦略」にしか興味のない日銀・黒田総裁
[2017/07/04]「悪徳」銘柄への投資こそ、年金運用には向いている...!?
[2017/06/29]短期の変動に目を奪われすぎず、本当のリスクに焦点を合わせよう
[2017/06/18]イエレンさん、本当にバランスシート正常化なんてできるの?
[2017/05/18]備えはお早めに:ゴールドへの備えに適した期間は着実に減っている
[2017/05/05]中国金融市況の悪化が米国株式市場の熱狂を生んでいる
[2017/04/29]中国金融当局のレバレッジ是正勧告は世界市場を溶かすかもしれない
[2017/03/07]FRBが3月利上げしそうですね。米国経済が回復していないなかで。
[2017/02/25]インサイダーたちによる爆売りブーム...米国株式市場のバブルの宴のフィナーレが迫っている
[2017/02/17]米国債しか頼れない日本、アジア国際金市場を着実に発展させている中国
[2017/01/24]トランプ政権は米ドル・米国債に対する大胆な政策を画策しているかもしれない
[2016/11/15]トランプの当選が市場に与える影響
[2016/11/05]今後世界の株価が大きく下がることは時間の問題
[2016/10/18]官製相場にかなり近づいた国債市場:日銀の八方美人的な振る舞いに潜む「テーパリング」への道

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲