メルマガ登録ページ


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.101]米国の景気後退入りはまだ先なのか(配信日: 2019/12/03)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

アボマガご登録ページ

アボマガの概要

アボマガは、先行き不透明な時代において経済サバイバルを目指す方々をご支援するための情報を提供するメールマガジンです。

 

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。

 

老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。

 

さらに情報化社会が進み、あらゆるもの同士がインターネットに接続されようとしているなか、情報の洪水に溢れ、一体どの情報を信じれば良いのかすら判断が難しくなりました。

 

生活は厳しい、しかしそれに対処しようにも情報の渦で何を信じ、どのように行動すればよいのかがわからない。「不確実性」という霧が、各個人の中、外部環境、あらゆる場所を不気味に覆いつくしているのが現代なのです。

 

そこでアボマガでは、できる限り本質的なデータや情報のみをピックアップし、コンパクトな形にまとめたうえで、長期配当再投資という手法に基づいた資産運用による経済サバイバルを実現するためのお手伝いをしています。

 

扱うのは主に世界株です。そのため当サイトでFirstradeやSogoTradeを開設された方が世界株投資デビューされる場合にもってこいのメルマガとなっています。

 

もちろん、日本の証券口座で世界株投資をされている方でも十分ご活用いただけます。

 

単に経済サバイバルを達成してほしいのではありません。どのようなデータや情報に基づき、どのような点に的を絞ったうえで、どのような思考で不確実性が覆う現代でも先をおぼろげにも見通せるようになるのか。こうしたスキルも皆様には磨いていただきたいと考えております。

 

事実に基づいて自分なりに物事を考えられるようになると、人間はたくましくなります。不確実な状況下でも自分の力で少しでも光明を見出すことができるんだ、こうした自信をつけられるようになります。

 

私ができるのは情報提供だけですが、皆様には不確実な世界でもたくましく生きられるような力、自信をつけていただけたら幸いです。

年金、財政...絶望的な日本の未来

金融庁は2019年6月3日、金融審議会の市場ワーキング・グループがまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」を公表し、あるモデルケースに基づく試算で年金暮らしの旦那と妻の2人が年金収入だけで暮らすと、95歳までに2000万円不足することを示しました。

 

この報告書の試算では、老人ホームなどの介護費用や住宅リフォーム費用など「特別な支出」を含みません。そのため2000万円の不足というのはまだまだ過小評価なのです。

 

さらに報告書の試算ではある重要なシナリオを仮定していません。物価上昇です。

 

現行の年金制度ではマクロ経済スライドと呼ばれる仕組みにより、物価や賃金が上昇したときに年金受給額が目減りするよう設計されています。どのくらい目減りするかは5年に一度の公的年金の財政検証時に決まり、今後目減り幅は増えていくと見込まれています。

 

2018年度に導入された公的年金のキャリーオーバー制度により、長期デフレが何年も続いたあとに物価上昇がやってくることで、マクロ経済スライドによる年金受給額の目減りがますます顕著になる仕組みとなりました。

 

さらに2021年度から、政府は物価ではなく賃金変動に合わせて年金額を改定する考え方を徹底する予定です。そうなると、スタグフレーションのように物価上昇率が賃金上昇率を大きく上回る状況に陥った場合、年金受給額は大幅に目減りしてもおかしくありません。

 

これから日本の年金制度は、時間が経つにつれて物価上昇時に年金受給者がより大きく苦しんでいく仕組みへと変貌していきます。特に都会に住む高齢者にとっては深刻となり得ます。

 

たとえインフレ率が毎年3%だとしても、年金受給額が変わらないのであれば、突発的な費用の捻出も考慮すれば1億円の預貯金があっても95歳まで暮らせるかどうかは不透明です。

 

インフレ率は一度暴れだすと、いつ、どの程度動くのか、誰にも予測できなくなります。いつ死ぬかわからないなか、死ぬ間際まで働き続けなければ生きていけなくなるかもしれないのです。

 

 

どうも日本の財務省と日銀は、財政を維持するために日本経済を犠牲にしてまで長期デフレを推し進める方向に舵を切ったようです。

 

長期デフレにより長期金利の低空飛行を維持し、国債利払い費の上昇を食い止められますから。日本経済が景気減速に向かう中での2019年10月の消費税増税実施やマイナス金利深掘りの検討がその証左です。

 

デフレを陰とすれば、インフレが陽です。陰における運動エネルギーが強まれば、陽における潜在エネルギーが高まります。そして陰における運動エネルギーが限界に達すれば、陽において累積した潜在エネルギーが一気に解放されます。

 

つまりハイパーインフレです。

 

すでに財務省は「わが国財政の現状等について」という報告書内で、ハイパーインフレが財政健全化の最終手段になり得るかのごとき見解を示しています。すでにハイパーインフレは議題としてのぼっているのです。

 

現在の日本では、残念ながら長期デフレ継続やハイパーインフレすら、将来起こり得る現実的シナリオとして考慮しなければ、経済サバイバルなどできない状況にあります。

 

年金制度に完全に依存しなくても、長期デフレやハイパーインフレが起こっても、それでもなおそこそこの生活を安心して営めるような「仕組み」をつくらないと、この先10年、20年、先の見えない苦しい厳しい生活を強いられてもおかしくないのです。

 

預貯金に利息はほとんどつかず、株価も金融緩和のツケでいつ下がるかもしれない、それなのに長期デフレにもハイパーインフレにも対処できる仕組みなんてつくれるの?

 

実はつくれます。それが「長期配当再投資と貴金属投資のハイブリッド戦略」です。

長期デフレにもハイパーインフレにも負けないために

株価下落は悪の極み。そう思われている方、多いかもしれません。

 

信じられないかもしれませんが、株価下落を恵みの雨に変える投資手法があるのです。それが「長期配当再投資」です。

 

やり方は至ってシンプル。株式や投資信託から得た配当金、分配金を、同じ株式や投資信託に再投資する。これだけです。しかしこの地道な作業が3年、5年、10年と積み重なると、資産価格だけでなく受取配当金も一挙に増えていくのです。

 

当然ながら株価が下がれば安く、多くの株が買えます。よって価格が下がるほど、配当金再投資で取得できる株が増えます。これが積み重なると、やがて株価が下落を続けても、取得できる株数の増加の勢いが勝り、資産価格や受取配当金は右肩上がりに増えていくのです。

 

からくりは「複利」の力です。そう、あのアインシュタインも「人類最大の発明」と評したとされる「複利」。これを株数に働かせることで、株価が下がっても資産やインカムゲインを指数関数的に増やす。これが長期配当再投資の本質です。

 

長期配当再投資の目標は「じぶん年金」をつくることです。長期配当再投資では株式を基本的に売りません。買い続けて複利効果を働かせることで、十分な配当収入を得ることを目指します。

 

10年、20年と地道に配当再投資や追加投資をしていけば、配当収入のみで生活することも不可能ではありません。特に若い方はたっぷり投資期間がありますから、配当収入のみで生活することをぜひゴールに掲げてください。

 

配当収入のみで生活する目標を達成するためには、配当を増やし続け、かつ株価が「下がり続ける」銘柄に投資することが、成功への近道です。

 

デフレや高インフレ期のように、株価が下がりやすい時期にこそ、その真価を発揮するのが長期配当再投資の大きな特徴です。

 

 

しかし長期配当再投資には弱点があります。資産や受取配当金が増えるまでに時間が掛かることです。そのためデフレや高インフレという、株価が下がりやすい時期が続くと、しばらく資産は増えませんし減る場合もあります。

 

さらに長期配当再投資は長期保有が前提であり、一度売却してしまうと資産や受取配当金を増やすための推進力が弱まってしまいます。

 

そこで一つの解決案となるのが「ゴールド、シルバー、金鉱株といった貴金属関連資産も同時に持つ」ことです。

 

こうした貴金属関連資産は、深刻なデフレや高インフレなどの経済危機が生じたときに価格が上昇しやすいことは皆様もご存知かと思います。そのため長期デフレやハイパーインフレにも対応可能となります。

 

さらに貴金属関連資産は株式と反対方向に値が動く性質があります。よって株価下落中に長期配当再投資によりポートフォリオを「育成」している間は、貴金属関連資産の価格が上昇しやすくなります。

 

万が一生活資金等の目的で多くの現金調達が必要な場合も、育成中の株式を根っこから引き抜かなくても、貴金属関連資産を売却すれば済む話となります。

 

貴金属関連資産をポートフォリオに部分的に保有しておけば、深刻なデフレやハイパーインフレにも対応でき、長期配当再投資でポートフォリオを育成中のときも資産の目減りを防げる、運が良ければ大きく資産を増やせるようになります。

 

そして最終的、増えすぎた貴金属関連資産を配当の大きな株式への投資に回すことで、受取配当金を増やして配当収入だけで生活する目標にもグッと近づけるようになります。

 

 

いかがでしたか。このように「長期配当再投資と貴金属投資のハイブリッド戦略」により、デフレにもインフレにも強く、株価が下落しても資産やインカムゲインを増やせる仕組みがつくれてしまうのです。

 

私は2015年ごろからこの戦略を実行し、現在では金相場の上昇にもうまく乗れたことでポートフォリオ全体でプラスのリターンを得ており、長期配当再投資のおかげで株価下落にも強いポートフォリオを形成しつつあります。

 

当サイトでは2016年ごろから長期配当再投資、および貴金属投資(主にゴールド)を推奨してきましたが、それが間違いではない、いやむしろ将来を見越した時宜にかなったものであったと、私の経験を通して実感しております。

 

こうした仕組みを私と一緒につくってみたいという方は、アボマガにお付き合いいただければと思います。

アボマガの特徴

アボマガの特徴をいくつかお話ししておきましょう。

 

上述のように、アボマガでは経済サバイバルを支援するための情報をコンパクトにお届けします。

 

アボマガでは銘柄のミクロ分析も市場のマクロ分析もどちらも行います。

 

長期配当再投資に優れた世界株をご紹介するとともに、ときおり経済、金融、市場情勢などもお届けします。もちろん、ゴールドに関する情報も時折お届けしています。

 

私は専門家ではなく、ネット上にさすらう一人の個人投資家に過ぎませんが、専門家ではないからこそ可能な、柔軟かつ広い視野での分野横断型の量的・質的分析を心がけています。

 

不確実性が世界を覆う時代に最も大切なのは、現実問題に自分を臨機応変に合わせる形で分析・解釈・判断・行動していくことです。

 

無理やり自分の得意な専門領域に現実問題を呼び込もうとしても、専門性とは過去に上手くいった時代における知識や経験に基づくものですから、現代のように不確実性が覆う過渡期には必ずしも通用するとはかぎりません。

 

そうではなく、現実問題に自分の身を投じ、見聞きし、必要であればその現実問題に即した専門的な基礎知識を吸収し、対応する。こうした「柔」のごときスタンスがアボマガの大きな特徴です。

 

また、個別銘柄の分析はビジネス面にも注力しています。最近はインデックス投資ブームやETFの発達、データ分析が簡単になったためか、財務情報などの数字に基づく分析が増えた一方、企業活動を質的に分析できる投資家が減っているのではないかと考えています。

 

アボマガでは量的分析のみならず事業の質的分析も行い、ビジネスモデル、企業文化など、人間的な解釈が求められる部分にも着目し、量的・質的両面から企業の差別的要素、すなわち「堀」を見つけることにも力を入れています。

 

紹介した銘柄は紹介して終わりではなく、その後もウォッチを続け、適宜現状をお伝えするアフターフォローも行っております。

 

紹介した銘柄の一部は実際に私も投資している銘柄です。紹介する銘柄はすべて、私がこれなら投資したいなと思える銘柄に限ります。

最も重要なこと

最後に、これからの時代、経済サバイバルを達成するために最も重要なこととはなんでしょうか。

 

それは「忍耐力」です。

 

30年以上続いた米国の株式・債券バブルは、いよいよ終焉を迎えつつあります。

 

AIによる取引も増えており、個人投資家が「安く買って高く売る」ことで資産を築ける時代はもはや閉幕しています。

 

これからの時代は、長期的に十分かつ安定した利回りを得られる銘柄に投資し、長期的に資産を築き上げるしかありません。長期配当再投資するしかないのです。

 

長期配当再投資では、どうしても最初の数年間は忍耐が要求されます。

 

最初の数年間は株価が下がり、長期配当再投資の成果がまるで見えてこないことがよくあります(私もそうでした)。長期配当再投資に向いた銘柄はパッとしないものが多く、短期的に株価が下がりやすい銘柄が中心となってしまうことも関係しています。

 

しかし3-5年程度長期配当再投資続けていけば、だんだんと効果が実感できるだけでなく、株価下落に強いポートフォリオになります。ここまで耐えられれば、あとはポートフォリオが育つのを毎日楽しみに感じられることでしょう。

 

最初の数年間、目に見える大した成果を得られないのは長期配当再投資におけるお約束です。この期間を乗り越えられないようであれば、残念ながらあなたは経済サバイバルできないかもしれません。

 

この期間を乗り越えられるだけの忍耐力があれば、きっと皆さまはよい結果を得られると思います。

 

数年間我慢できる忍耐力のある方、どうかアボマガと長い間お付き合いくだされば幸いです。

アボマガお試し版のご登録・規約

【登録フォーム(はじめての方は、登録前に以下の内容を必ずご覧ください】

 

【アボマガお試し版 規約】
※以下の内容は予告なく変更する場合があります。

 

【ご登録内容】
アボマガお試し版に登録されます。ご登録のメールアドレスにメルマガが配信されます。

 

アボマガお試し版のご登録、メルマガの配信はすべて無料です。期間は無制限です。

 

ただしアボマガお試し版では、配信記事の一部がカットされるなど、一部サービスに制限があります。

 

【アボマガ・エッセンシャルについて】
アボマガ・エッセンシャル(有料)にご登録いただくと、アボマガ配信記事を100%お楽しみいただけるようになります。

 

アボマガを100%お楽しみされたい方、私と一緒に経済サバイバルに真面目に取り組む意欲のある方は、ぜひアボマガ・エッセンシャルにご登録ください。

 

アボマガ・エッセンシャルの規約、および特定商取引法に基づく表記は以下となります。

 

いずれもアボマガお試し版にご登録後、各通常配信記事に張っているリンク先からもご確認いただけます。
→アボマガ・エッセンシャル 規約
→特定商取引法に基づく表記

 

【アボマガ・エッセンシャルとアボマガお試し版との違い】

 

  • アボマガ・エッセンシャルでは配信記事の全内容をご覧いただけます。アボマガお試し版では配信記事の一部をカットしてお届けします。
  • アボマガお試し版では個別銘柄に関するご質問には一切お答えできません(私へのお問い合わせは受け付けております)

 

その他、将来的にアボマガ・エッセンシャル向けの独自サービスを展開する可能性があります。

 

【配信日(アボマガ・エッセンシャル、アボマガお試し版共通)】
定期配信は毎週火曜日です。不定期で号外を配信する場合もあります(号外は主に木曜日配信です)。

 

【配信のお休み(アボマガ・エッセンシャル、アボマガお試し版共通)】
平日(月~金)に一日以上の祝日を含む週は原則としてアボマガの配信をお休みします。ただしこのような週が同じ月に2つ以上存在する場合は、一つの週のみお休みとなります(どの週をお休みするかは、その都度配信記事のなかでおしらせします)。

 

例えば、2019年2月には11日(月)に建国記念の日があります。そのため2月11日の週はアボマガの配信はお休みとなります。

 

2019年11月23日(土)は勤労感謝の日ですが、この週はお休みの対象外です。祝日が土曜日であり、平日ではないためです。

 

2019年9月には、16日の週と23日の週にそれぞれ一日ずつ、平日に祝日があります。この場合は片方の週のみアボマガの配信はお休みし、もう片方の週は配信します。

 

※上記のお休みはサイトやサーバー等のメンテナンス作業のためです。

 

※ゴールデンウィーク、夏季休暇、冬期休暇は上記ルールとは別扱いで、メンテナンスのためではなく純粋な休暇として設けさせていただきます。優先順位はゴールデンウィーク、夏季休暇、冬期休暇の方が上です。

 

【アボマガお試し版の特典】
アボマガお試し版にご登録された方には記事3本+αをプレゼントしています。

 

現在プレゼント中の3本の記事は以下の通りです。

 

  • [アボマガ No.6]配当再投資:雪だるま式に資産を殖やし残りの人生を謳歌する投資手法
  • [アボマガ No.7]知ると知らずで大違い、配当再投資の隠れた特徴
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告

 

最初の2本は超高速取引による株価の翻弄にも動じない。高インフレにも負けない。バブル崩壊後の株価暴落を逆にチャンスに変える。そんな長期投資手法の一つである配当再投資について、詳しく説明しています。

 

最後の1本は、FirstradeやSogoTrade等で投資されている方が日本で確定申告するときに、どのような点に気を付ければよいかについて話しています。

 

配当再投資や米国証券口座利用時の確定申告の仕方について無料で事細かに説明してくれる人、私は見たことがありません。

 

さらに「+α」として、追加で何本かの記事もプレゼントするかもしれません。これは私の気分次第となります。何がプレゼントされるかはご登録後のお楽しみです。

 

これら記事のプレゼントは事前予告なしで打ち切りとなる場合があります。このチャンスを逃さないで!

 

【サンプル記事】
資本主義社会で生き残るブログ」に、メルマガ配信記事の一部を掲載しています。

 

【その他、アボマガお試し版に関して】
・登録が完了すると、完了通知メールが届きます。もし届かない場合は、メールアドレスの打ち間違いに気をつけて再度登録し直して下さい。

 

・特典記事は、特にトラブル等がなければ登録日に配信される予定です。

 

・途中で配信を解除されたい方は、アボマガお試し版の配信記事内からいつでも解除できます。

 

・メールアドレスを変更されたい場合は、一度アボマガお試し版を解除し、新しいメールアドレスで改めて再登録してください。

 

・ご登録者様から提供された個人情報を、記事配信、メールによるご連絡、本人確認等、サービスを提供するうえで必要最低限の目的以外には使用いたしません。

 

・配信されない等のトラブルがありましたら、メールでお知らせ下さい。
お問い合わせページ

 

 

【登録フォーム】