メルマガ登録ページ


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.75]「バブル」2(配信日: 2019/06/13)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

メルマガ登録ページ

 アボカドまつりのメルマガ登録ページへようこそ。

 

 事実をもとに思考すると、同じ世界でも違った見方が出来るようになる。さらに違った見方が私たちに意外な投資チャンスを与えてくれる。

 

 その楽しみや不思議さを皆さまに知ってもらい、こうしたスキルを皆さまにも知らず知らずのうちに身に着けてほしいために、メルマガを配信することにしました。

 

 コンセプトは「能動的経済サバイバル」。

 

 私は専門家ではなく、個人投資家です。つまり「自らリスクを背負い、失敗は金銭的損失として容赦なく跳ね返ってくる身」です。また専門家のなかには自らの給料や権威を守るために、業界のしきたりや「お上」を優先して利益相反行為を取る人もいると言われますが、私にはそのような必要は一切ありません。

 

 私は皆さまと同じ立場です。私にとって利益のあることは皆さまにとっても利益のあることになります。

 

 個人投資家という立場だからこそできる分野横断型の自由で柔軟で、少しでも皆さまの利益になるような、ハッと驚く大胆な見方やアイデアを創造・提供することが、当メルマガの一番の目的です。

 

 スタグフレーションくすぶる現在において、危機をチャンスに変えて資産を蓄えるための情報を積極的に配信していきます。

 

 断片的な情報の海に迷える日本人達よ!情報を混ぜ合わせ、抽出、発酵させて財宝に変える能力を身につけ、情報社会を生涯ワクワクしながらサバイバルしようぜ!

 

[ご登録されるメールアドレスについて]

 当メルマガはいずれも情報量が非常に多いです。そのため、容量の大きなメールでも受信できるメールアドレス(プロバイダメール、gmailなど)のご登録を推奨します。
 キャリアメール(携帯電話会社が提供するメールアドレス)などは容量制限で正しく配信されない可能性があります。

 

メルマガ一覧

プライバシーポリシーはこちら

 

アボカドまつりのメルマガ(通称:アボマガ)

 私がそれまでに個人的に収集した、主に投資、経済、金融、ビジネス分野の情報を「価値のある情報」に変えるプロセスをお伝えする一種の「アート作品」です。

 

 現在は長期投資に役立つアイデアや情報提供を扱い、「危機をチャンスに変えて長期投資で資産を殖やす」ための情報配信がメインとなっています。

 

 目的は、私の考えをそのまま信じてほしいのではありません。事実をもとに考えた一つの見方を提示することで、皆さま自身の頭で世の中について考える癖をつけてほしいのです。

 

 

【登録フォーム(はじめての方は、登録前に以下の内容を必ずご覧ください】

 

皆さまの自発的行為を願うメルマガ、それがアボマガ

 ほとんどの情報提供者は自らのビジネスにおける優位性を保つために、意図的に情報の出所のリンクを張らないものです。大手メディアのネットニュース記事を読んでいるだけでもわかることです。

 

 当メルマガでは使用した画像の出所をできるかぎりリンク付きで掲載しています。自分の目で情報を確かめたいという、意欲のある能動的な方々を支援したいためです。

 

 当メルマガは未来という不確かな事柄を扱うため、提供するすべての情報が正しい保証はありませんし、100%利益につながることを保証することはできません。その代わり、掲載したリンク先を皆さまに見ていただくことで、皆さまご自身で意思決定できるようにしています。

 

 電車内でスマホでゲームや動画閲覧ばかりしている、受動的な人間があまりに多いことに皆さまもお気づきだと思います。このような日本人が大半を占めれば、日本は少子高齢化と合わさり沈没してしまいます。能動的な人間がもっともっと増えなければなりません。

 

 リンク先を張ることは私のビジネス上の優位性を減らすことにつながりますが、日本の現状を考え、皆さまの自発的行為を促すことを優先しました。

 

マーケティング的に最悪のメルマガ、それがアボマガ

 顧客目線で考えろ。現代マーケティングの常識です。

 

 アボマガでは顧客目線で考えません

 

 どういうことか。投資情報提供サービスにおいて「顧客目線で考えろ」とは「上昇トレンドに乗っているバブリーな銘柄を紹介する」ことを意味します。

 

 何故なら「上昇トレンドに乗っているバブリーな銘柄」のほうが、大半の人にとってずっと魅力的に映るからです。夢がありそうじゃないですか!

 

 統計的にはそういう銘柄が「最もリターンが最悪な銘柄」です。投資の常識です。

 

 えぇ、投資情報提供サービスにおいて「顧客目線で考えろ」とは「顧客に損させる情報をせっせと提供すること」に他ならないのです。「夢を売り、損をさせる」ほうが、ビジネス的には正しいのです。

 

 

 うちは違います。私が興味あるのは「価格が下がり市場から見向きもされない銘柄を探すこと」です。こうした銘柄を探して投資したほうが儲かることが統計的に示されているからです。

 

 だから「アボマガ」は全く顧客目線に立ちません。「個人投資家の身として顧客に損させる情報を提供したくない、私と一緒に投資で儲けてほしいから」です。

 

 そのため、私が紹介する銘柄は「全く夢のなさそうな、株価が下がり気味の銘柄」が多いです。全く顧客のことを考えません。私のビジネス的にも最悪のメルマガです。

 

 それでも良い方、「アボマガ」にご登録ください。

 

無料メルマガを超越した「後払い感謝型」のメルマガ、それがアボマガ

 「アボマガ」は、無料メルマガではありません。

 

 無料メルマガを超越した「後払い感謝型」のメルマガです。

 

 アボマガを見て「ありがとう。応援してるよ、これからも頑張って!」と思ってくれる、私と心が通じる方々から、謝礼金という形で後払いでお金をいただく形をとっています。

 

 後払い感謝型は私の生活にとってかなりリスクの高い不安定な価格システムであり、正直何年続けられるか個人的にもわかりませんが、それでもこの価格システムを採用したい切実な理由があります。全部で3つです。

 

 

 一つは、アボマガが皆さまにとって信頼できるメルマガであるかどうかの猶予を十分に与えたいからです。

 

 情報提供サービス、しかも投資というお金に関わる情報提供サービスですから、「詐欺」という言葉を連想してもおかしくありません。

 

 そのため、本当に信頼のある情報提供サービスを提供するためには、皆さまにある程度の猶予期間を与えることが必要であると考えます。なかには1ヵ月前後無料のサービスなどもありますが、その人の情報の信憑性や信頼性を図るうえで1ヵ月は正直短いと思っています。最低でも3ヵ月は必要でしょう。

 

 そのため、アボマガでは無料でご登録でき、しばらくのあいだ(少なくとも1年間)支払いというプレッシャーから解放されたリラックスした状態でご覧いただけるようにしたかったのです。

 

 

 二つ目の理由は、日本人に生来根付いていると思われる「利他心」を、もう少しビジネスの世界に取り入れても良いのではと思っているためです。

 

 最初に値札や契約書に記されたお金を払えばモノやサービスを受けられるというのは「利己的」な仕組みです。企業はモノやサービスの提供前に現金を得られてビジネス面でメリットが大きいですし、消費者もお金の支払い目的が知らず知らずのうちに「自分が得をするため」という方向に振れてしまいます。

 

 この延長線上でネット社会になり、動画やゲームなどを無料で楽しめるようになり「無料サービスが当たり前」と無意識に感じているのではないでしょうか。また実質賃金が伸びない、むしろ趨勢的に減少してきており、仕事にやる気を出せず「給料のために働く」という人も多いのかと思います。

 

 理由はどうあれ、いまのビジネスや経済の世界は企業側も消費者側もともに利己的になりすぎていると考えられます。

 

 昔の日本は必ずしもそうではありませんでした。

 

用を先に利を後にせよ

 

 江戸時代、富山のおきぐすり商人は、富山十万石の二代目藩主・前田正甫公のこの精神に従い、最初は薬を配置するだけでお金はとらず、毎年周期的に巡回して未使用の残品を引き取り、新品と置き換え、服用した薬に対してのみ謝礼金を受け取ることにしました。

 

 薬で病気を治してほしいというおきぐすり商人の「利他心」、効いた分だけ感謝のしるしも込めてしっかりとサービス料を支払う顧客側の「利他心」。互いの利他心が働いた良いビジネスが昔、まだ仏教や儒教の精神が残っていた日本にはあったのです。

 

 利他心と利己心はコインの裏表、陰陽のような関係で、どちらか一方が良い、悪いというわけではありません。問題は両者のバランスです。現在のように利己心偏重時代には、もっと利他心を喚起する仕組みづくりが、日本経済を復活させるという意味でも必要ではないかと思っています。

 

 こうした想いを込めて、当メルマガでは「後払い感謝型」を通じて、私は皆さまにとって有益となるような情報を収益度外視で毎週、粛々と提供していきます。そして「良かったよ、面白かったよ」と思ってくれる一部の方々から謝礼金をいただければ幸いです。

 

 

 最後の理由は「お金を支払うという行為」に意味を与えたいためです。

 

 最近はサブスクリプションサービスが広まり、毎月定額料金を払えば通信、動画、さらにはブランド品までも見放題、借り放題の時代になりました。過剰奉仕社会の到来であり、定額制ゆえに欲望に歯止めがかからなくなる懸念があります。またキャッシュレス決済の普及で今後は日常で支払いを意識する機会がかなり減ってしまう可能性もあります。

 

 こうなると、将来「何のためにお金を払っているのかわからない、考えようとしない」人々が増えていくのではないかと想像しています。毎月の明細書を見て余裕のない生活を嘆きつつ、欲望に身を任せて無意識的に支払いをダラダラと続けていく...支払っているつもりが実は「自分が自分に支払わされている」...

 

 そもそもお金とは何故生まれたのか考えたことはありますか?突きつめれば「人間は一人では生きていけない生き物」だからです。

 

 集団生活のなかで、各個人が自らの仕事を高度化・専門化し効率的に生産し、生産物を別集団の生産物と交換していくことで、人類は進化してきました。そして信頼性を担保しながら、交換の効率性を最大限高める手段として登場したのがお金です。お金とはある意味「人類の本質」なのです。

 

 お金が交換手段として適切に使われれば人類は繁栄します。不適切に使用されれば人類は衰退します。格差社会の極みにある現在において、何故日本でも貧困者が増え、多くの人の生活水準が上がらず、陰鬱な空気が広がっているのか。お金が適切に使用されていない、回っていないからなのです。

 

 お金が適切に使用されていない、回っていないのはなぜなのか。大半の人がお金の意味、特に支払う意味をまともに考えてこなかったからではないでしょうか。

 

 「自分を必要としている人たちへの仕事の対価としてお金をいただき、自分が必要としているモノ・サービスの対価にお金を支払う」行為を通じてお金が循環することで、経済が発展し、富が生まれ、私たちの生活水準も上がり、幸福へとつながるのです。

 

 どれだけ私たちは「自分が必要としているモノ・サービスの対価にお金を支払う」としてお金を支払っているのでしょうか。内部留保ばかりため込み非正規労働者ばかり増やし、労働賃金という名のサービス料をケチってきた日本の経営者は論外です。一方の消費者もどうでしょう?本当に「自分が必要としている」モノ・サービスに支払っているのでしょうか?

 

 これでは、日本の衰退、沈没は必定であり、驚愕に値しない全くもって自明の展開、推移であります。

 

 このような時代だからこそ、「お金を支払うという行為」にもう一度命を吹き込み、意味を与えないといけないのです。

 

 後払い感謝型は、お客さまが「自分が必要としているモノ・サービスの提供者の頑張りへの対価を、自分自身が決めた金額という形で正直に支払うことができる仕組み」です。まさにお金・人類の生存の本質をついた仕組みではないでしょうか。「自分が必要としている」度合いを支払額に正直に反映できるのですから。

 

 またモノ・サービスの価値を自分で決め、自分で支払うという自発的行為を通じ、少しでも能動的に動く意欲を育むきっかけにしてほしいとも思っています。

 

 「後払い感謝型」とは「日本経済をもう一度復活させるための一つの手段」でもあるのです。

 

 アボマガはお金についてお話ししているメルマガですが、「お金を支払う意味とは何か?」を問うメルマガでもあります。

 

 アボマガにご登録されるということは、少なからずお金について、特にお金を増やすことについてご興味があるということですよね。「後払い感謝型」支払いシステムを通じて、お金を増やすだけでなく、お金を支払うことについてもご興味をもっていただければ幸いです。

 

アボマガに登録してほしくない人

 次のような方は「アボマガ」には向かないと思います。

 

  • 自分の頭で考えたり、能動的に学習するのが嫌いな方
  • 長い日本語の文章なんか読んでられない、短文を5秒読んで分かった気になりたい方
  • トレーダーや短期投資家の方
  • 短気な方やせっかちな方、数か月以内での成果を求める方
  • 厳しい現実を受け入れることができない方

 

 うちは「短期投資ではなく長期投資」「表層より深層・抽象」「目先の成果ではなく中長期の確固たる成果」「事実は感情に勝る」との考えのもとでやっています。

 

 受動的で、我慢強くない方には「???」だったり、時には憤りを感じる内容だと思います。安易に登録するとやけどしちゃうぞ!

 

アボマガに登録してほしい人

 次のような方は「アボマガ」に向いているかもしれません。

 

  • 情報を混ぜ合わせ、抽出、発酵させて財宝に変える能力を身につけたい人、そのようなきっかけを得たい人
  • 自分の頭で考えたり、能動的に学習するのが好きな方
  • 「自分を助けられるのは自分だけ」であると自覚している方や、そう覚悟している方
  • 長期投資家の方
  • 友人・知人・仕事仲間とのコミュニケーション内容の幅を広げたい方や、「オピニオン・リーダー」として一目置かれたい方
  • 我慢強い方。成果や能力を得るには何年もの継続努力が必要なことを理解している方
  • 厳しく不確かな現実を受け入れ、それを逆手にチャンスや嗜好品に変えて、人生をスリリングに遊泳したい方

 

 自助努力の大切さを理解し、多少自らに不都合なことが起こっても耐えられる我慢強い、長い視野で考えられる人。こうした人になりたい人。「アボマガ」にぜひご登録ください。

 

 現実世界に対する新たな目線を得たい方、投資の参考にしたい方、メディアの情報に辟易した方、脳内を刺激したい方、ボケ防止など、様々な用途でお楽しみ下さい。

 

【登録フォーム(はじめての方は、登録前に下の規約を必ずご覧ください】

 

【規約】
※以下の内容は予告なく変更する場合があります。

 

【登録・配信に掛かる料金】
無料です。ただし後述の「謝礼金制度」により、読者様の好きなタイミングで、お礼のお気持ちの体現としてお金を支払っていただく仕組みとなっています。

 

【配信日】
基本的に毎週火曜日と木曜日です。記事の内容によってはメルマガ2本分の内容を1本にまとめて、どちらかの曜日のみに配信する場合もあります。

 

【配信のお休み】
平日(月~金)に一日以上の祝日を含む週は原則としてアボマガの配信をお休みします。ただしこのような週が同じ月に2つ以上存在する場合は、一つの週のみお休みとなります(どの週をお休みするかは、その都度おしらせします)。

 

例えば、2019年2月には11日(月)に建国記念の日があります。そのため2月11日の週はアボマガの配信はお休みとなります。

 

2019年11月23日(土)は勤労感謝の日ですが、この週はお休みの対象外です。祝日が土曜日であり、平日ではないためです。

 

2019年9月には、16日の週と23日の週にそれぞれ一日ずつ、平日に祝日があります。この場合は片方の週のみアボマガの配信はお休みし、もう片方の週は配信します。

 

※上記のお休みはサイトやサーバー等のメンテナンス作業のためです。メンテナンス作業があまり必要でなく、時間的な余裕がある場合はボリュームは減りますがアボマガを配信することがあります。

 

※ゴールデンウィーク、夏季休暇、冬期休暇は上記ルールとは別扱いで、メンテナンスのためではなく純粋な休暇として設けさせていただきます。優先順位はゴールデンウィーク、夏季休暇、冬期休暇の方が上です。

 

【謝礼金制度】
アボマガでは、内容におもしろいと思ってくださった方々から謝礼金をいただくという制度を採用しています。読者様が金額やお支払い時期を自由に決められる、後払い式の裁量型のお支払いシステムです(ただし最低金額は設けています)。

 

謝礼金のお支払いについては完全に読者様にお任せしています。ただし、あまりにも長期間(ただし短くても1年以上の猶予はあります)お支払いがない場合は、私のサービスが合わない方とみなし、それ相応の措置をとる場合があります。

 

とはいうものの、アボマガを登録されてからすぐに謝礼金を支払わないでください。お願いします。謝礼金はアボマガの内容をおもしろいと思ってくださる方々からの、これまでのサービスに対する対価という位置づけのためです。3ヵ月、半年程度ご覧になってから、初めて謝礼金について考えてもらえれば構いません。

 

【特典】
ご登録された方には記事3本+αをプレゼントしています。

 

現在プレゼント中の3本の記事は以下の通りです。

 

  • [アボマガ No.6]配当再投資:雪だるま式に資産を殖やし残りの人生を謳歌する投資手法
  • [アボマガ No.7]知ると知らずで大違い、配当再投資の隠れた特徴
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告

 

最初の2本は超高速取引による株価の翻弄にも動じない。高インフレにも負けない。バブル崩壊後の株価暴落を逆にチャンスに変える。そんな長期投資手法の一つである配当再投資について、詳しく説明しています。

 

最後の1本は、FirstradeやSogoTrade等で投資されている方が日本で確定申告するときに、どのような点に気を付ければよいかについて話しています。

 

配当再投資や米国証券口座利用時の確定申告の仕方について無料で事細かに説明してくれる人、私は見たことがありません。

 

さらに「+α」として、追加で何本かの記事もプレゼントするかもしれません。これは私の気分次第となります。何がプレゼントされるかはご登録後のお楽しみです。

 

これら記事のプレゼントは事前予告なしで打ち切りとなる場合があります。このチャンスを逃さないで!

 

【サンプル記事】
資本主義社会で生き残るブログ」に、メルマガ配信記事の一部を掲載しています。

 

【その他】
・登録が完了すると、完了通知メールが届きます。もし届かない場合は、メールアドレスの打ち間違いに気をつけて再度登録し直して下さい。

 

・特典記事は、特にトラブル等がなければ登録日に配信される予定です。

 

・途中で配信を解除されたい方は、配信するメルマガ内からいつでも解除できます。

 

・登録メールアドレスの変更希望や、配信されない等のトラブルがありましたら、メールでお知らせ下さい。
お問い合わせページ

 

 

【登録フォーム】

金のメルマガ

 いま、世界の金融状況は戦時下と似たような状況にあります。

 

 従来は戦争中の資金調達目的を中心に行われてきた、中央銀行の量的緩和金融政策や政府の国債発行増額が、リーマンショック以降継続してきました。

 

 その結果、世界には大量のマネーが溢れ、世界中の政府債務や企業債務がリーマンショック以降に大きく伸びてきました。米国の政府債務残高(GDP比)はすでに第二次世界大戦当時の水準にあり、今後抜きさる見通しです。

 

 戦争における大量のマネー供給は、法定通貨減価という「あなたの現金・預貯金を腐らせる」結果を招いてきました

 

 この悲劇が、再び繰り返されようとしています。

 

 「あたり前の生活があたり前でなくなる」日が、そう遠くないうちにやってきてもおかしくないのです。

 

 こうした悲劇から私たちの生活を守ってくれるのが、ゴールドです。

 

 ゴールドは戦争や金融危機を経て生じた通貨減価から財産価値を守るだけでなく、財産価値を大きく増やしてくれるのです。

 

 現在ベネズエラはハイパーインフレに直面していますが、ゴールドの実質価値を計算する限り、ゴールド保有者は「貧民→富豪」という大逆転劇が起こっているようです。

 

 他にもトルコやアルゼンチンといった通貨安、高インフレに直面する国でも、ゴールド保有者は財産を増やせています。

 

 まさに現代は「ゴールドをいまのうちに持つか持たないかで、人生が二分される」時代を迎えているといっても過言ではないのです。

 

 

 いままで、ブログでゴールドや世界情勢に関する記事を書いてきました。
 いままでのゴールド記事一覧

 

 「金のメルマガ」ではもう少し突っ込んだ話をしていきます。

 

 

 次のような方は無理してご覧いただく必要はありません。

 

  • いまだけ楽しければよい刹那主義の方
  • 信じたくない現実からは目を背け、一生嘘と妄想の世界で暮らしたい方
  • 皆さんやご家族の将来の生活がどうなっても構わない方

 

 本気で経済サバイバルしたい方のみご覧ください。

 

プライバシーポリシーはこちら

 

【登録フォーム】

 

【備考】
 ・当メルマガの登録は無料です。

 

 ・登録が完了すると、完了通知メールが届きます。もし届かない場合は、メールアドレスの打ち間違いに気をつけて再度登録し直して下さい。

 

 ・当メルマガはステップメール方式です。配信予定の記事がすべて配信されると、ひとまず配信終了となります。

 

 ・ステップメール配信終了後、金に関する最新情報は「アボマガ」からの配信となります。

 

 ・途中で配信を解除されたい方は、配信するメルマガ内から解除して下さい。

 

 ・配信されない等のトラブルがありましたら、メールでお知らせ下さい。
 お問い合わせページ