中国金融当局のレバレッジ是正勧告は世界市場を溶かすかもしれない


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.55]見た目と中身、あなたはどっち派?_2(配信日: 2019/03/14)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

中国金融当局のレバレッジ是正勧告は世界市場を溶かすかもしれない

2017/04/29

 

 最近、なんだか世界金融市場に関するいや~な報道がいくつか目につきました。

 

スポンサーリンク

 

 まずはこちらの大暴落から。

 

Home Capital Groupの株価

画像ソース:Zero Hedge

 

 カナダ最大の住宅ローン貸出企業ホーム・キャピタル・グループの株価が一日で61%も暴落してしまいました。こわいこわい。

 

 暴落の理由は傘下のホーム・トラストの資金繰りが急速に悪化していることをほのめかす文書が投資家の目に入ったからです。3月28日から1ヶ月弱の間に定期性預金から5.91億カナダドルが引き出され、手元の流動性資産を一気に1/4程度失ってしまい、清算の足音が聞こえてきたのです。

 

 ホーム・トラストは喫緊の流動性資金を確保するべく、一年間の20億カナダドルの信用与信枠を何とか得たのですが、現在の低金利環境では考えられない10%という法外な金利で契約を結んでしまいました。

 

 契約内容から今後1年間で2.25-3億カナダドルの利払いの発生が確定したことに加え、現在までの資金調達方法が定期性預金に大きく依存していた関係上、今後定期性預金の大量引き出しが仮に起こらなくても、年間3億カナダドル程度の利払いは確定しています。

 

 2016年のホーム・キャピタル・グループの住宅ローンからの金利収入が8.63億カナダドル程度ですので、定期性預金の引き出しがなくても金利収入の60-70%程度が利払いで消えてしまうという、非常に厳しい未来が待ち受けます。

 

 カナダでは非居住者の住宅購入への課税を導入したことでバンクーバーの住宅市場がすでに崩壊し始めていますが、トロントでも同じように非居住者の住宅購入に課税する動きが出てきており、いずれトロントの住宅市場も溶け始めることでしょう。

 

 そうなれば住宅ローンの不良債権化が生じ、ホーム・キャピタル・グループの清算が現実的になるだけでなく、世界中の不動産市場にも何らかの衝撃を与えるかもしれませんね。

中国マネーが世界金融市場のバブルを形成しているかもしれない

 ホーム・キャピタル・グループの大暴落についてはオードブルのようなもので、それよりも今後の世界金融市場にとって不穏だなと思ったのはこちらのニュース。中国です。

 

【2017/04/25 ブルームバーグ】影の金融支える「委託投資」が突然の方向転換、中国相場に動揺

 

中国市場の巨大な資金源、いわゆる「委託投資」が突然、方向転換を始めた。資産運用業界は動揺し、人民元建ての債券と株式が大きく値下がりしている。

 

銀行は何年も外部の資産運用会社に資金運用を委託してきたが、ここ3週間ほどの間に当局がリスク抑制に向けて相次ぎ打ち出した指針に対応し、資金を引き揚げている。

 

銀行の資金引き揚げに伴い、株式市場は過去6営業日で時価総額を3150億ドル(約34兆7000億円)削り、債券利回りは約2年ぶり高水準に達した。

 

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は銀行に対し、投資信託・信託・先物会社や証券会社が発行した商品を含め委託投資の規模を報告するよう要請。銀監会は委託投資を明白には禁止していないが、6月12日までの報告と、高度なレバレッジなどが絡んだケースでは11月30日までの是正を求めている。ブルームバーグ・ニュースが入手した文書で分かった。

 

 中国ではシャドーバンク問題という、中身が隠蔽された問題が何年も前から言われていましたが、そのうちの大きな問題の一つが委託投資の問題。

 

 要は信託銀行が投資商品を販売して資金を顧客から集め、それを外部の機関投資家やヘッジファンドに委託運用してもらって高利回りを確保しているという話です。実はこうした昔からあるような話が、シャドーバンクという誰が作ったかわからない煙幕のような用語の中に隠蔽されているのです。

 

 信託銀行は顧客から集めた資金だけではなく、運用資金のレバレッジも外部の機関投資家やヘッジファンドに提供しています。

 

 上海の調査機関によるとこうして外部の資産運用会社に渡った資金は合計で11.8兆元(約1.7兆ドル)にも達するそうです。円換算で190兆円という莫大な額ですから(GPIFの運用資金よりも多い)、今後非常に深刻な問題を生み出すことが懸念されます。

 

 ブルームバーグの報道によると190兆円という莫大な額に上る委託投資資金の一部が引き上げの動きを見せ始めたわけですから、この流れが加速することによりいずれ世界の金融市場を大きく揺るがす出来事に発展する可能性があります。

 

 データを見ていくと、190兆円という巨額のマネーが世界の金融市場に流れ込んでいる可能性があります。

 

 下図は世界の中央銀行による資産購入額(要は新たに創出されたお金のこと)の推移です。EMは新興国を指していますが、実質的に中国の中央銀行と考えて差し支えありません。2015年の中ごろと2015年末-2016年初にかけて中国がカネを一時的に引き上げていることがわかります。

 

世界の中央銀行による資産購入額

画像ソース:SNBCHF.com

 

 そして下図はナスダックのチャートです。赤丸で示した部分で指数が下がっていますが、これはちょうど上図で中国の中央銀行がカネを一時的に引き上げていた時期に大体一致しています。

 

ナスダック指数の推移

画像ソース:みんなの株式

 

 では何故2016年以降に株価が上昇しているのでしょうか。多くの人は日銀とECBによる量的金融緩和の影響だと思うかもしれません。確かに量的金融緩和の直接的な影響もある程度はあるでしょうが、それだけではなさそうです。

 

 2016年以降の金融市場で最も顕著な動きは、中国が非銀行金融機関への膨大な貸出を急激に増やしていることです。上で外部資産運用会社への委託運用でレバレッジも供与していると書きましたが、その動きは下図を見ればわかるように2015年末-2016年初から急激に現れ始めてたのです。

 

中国の非銀行金融機関への貸出額

画像ソース:Zero Hedge

 

 そしてこの時期から信用創出を積極的に増やした国は、ほとんど中国ただ一国のみだったのです。

 

世界各国の貸出ペース

画像ソース:Zero Hedge

 

 このようにいくつかのデータを観察していくと、もしかしたら現在の世界金融市場の運命は中国が握っているかもしれません。中国マネーの流入先は不動産市場に限った話ではないのかもしれないのです。

 

 実は2015-16年にかけて中国に進出するヘッジファンドが急増しています。登録されたヘッジファンドの数は2015年3月末には5,544でしたが、2016年末には27,015に増加しており、1年9ヶ月で中国のヘッジファンド数は5倍近くにまで増加しました。運用資産も現在までに4,000億ドルにまで膨れ上がったようです。
【2017/02/15 Bloomberg】China's Hedge Fund Elite Live in Their Own Private Village
【2017/02/28 WALL STREET SURVIVER】THE HIDDEN HEDGE FUND VILLAGES OF CHINA

 

 よって中国の信託銀行が富裕層から資産をかき集め、それをレバレッジとともに外資系資産運用会社にカネを渡して彼らが好き勝手運用している構図がもしかしたら存在しているのかもしれません(あくまで推測)。

 

 こうした構図が正しければ、米国で企業の自社株買いの勢いがなくなり、インサイダーも2017年に入って株式を大幅に売り越したのにも関わらず、米国等の株価が上昇してきたことも頷けます。

 

 資産運用会社は運用で利益をあげれば追加報酬を得ますが、運用で損失を出してもペナルティを支払うわけではありません。運用で損失を計上しても運用資金さえあればその一部を手数料としてポケットにしまうことができるのです。

 

 極端なことを言えば、仮に運用で損失を出し続けても、それを顧客等に隠し通し、融資を提供している金融機関に債務返済期限を先延ばししてもらうよう説得し続けられれば、高額な給料を得られ続けるのです。

 

 中国という金融に関する厳格なルールが十分備わっているとはあまり思えない国であれば、裏で金融屋による好き勝手な活動が行われていても不思議ではありません。

 

 米国だって現在のような証券取引に関するまともな仕組みが出来上がったのは世界恐慌が起こった後です。1920年代の株式バブルの頃は、国際証券取引の主役がイギリスのシティから米国のウォール街に移行したばかりで、証券の発行や取引に関する十分な規制が存在せず、インサイダーたちによる株価操作も横行していたダーティな賭博場でしたから。

 

 そう考えれば、リーマンショックによって肩身の狭くなったトレーダーたちが、まだ証券全般に関する厳格な規制があるとは思えない中国に進出して、同業者ネットワークを作り出して裏でバブルを人工的に生み出して手数料+運用報酬を荒稼ぎしているというのは一つの可能性としてあり得ると思うのですがどうなのでしょうかね。

 

**********

 

 確かなことはわかりませんが、もし莫大な中国マネーが世界の金融市場に流れていたら、今後は非常に大変だと思います。

 

 最初に引用したブルームバーグの報道にあるように、中国金融当局は金融機関に対して6月12日までの委託投資の規模の報告と、高度なレバレッジが絡んでいる場合に11月末までの是正を求めています。

 

 これ、もしかしたら大変なことになるんじゃないですか。特に11月末までの高度なレバレッジ取引に関する是正要求は、中国マネーの市場からの大幅な引き上げにつながる可能性があります。

 

 今年の夏から秋にかけて、世界の金融市場が大津波に襲われるリスクを一つの可能性として頭に入れておいたほうが良さそうです。

 

→[PR]The Economistで一週間の世界の経済・金融・ビジネスニュースをじっくりまとめ読み。管理人アボカドまつりも購読5年目突入!

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。


 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

見えない爆弾だらけの原油市場。目先にとらわれてはならぬ
備えあれば憂いなし
アルゴリズム取引の本格的な暴走までそう遠くはない?
中期的安定性の高い石油銘柄
原油価格は本当に、気分屋で困りますね(笑)
金価格は底打ち反転?不透明な将来への保険としてのゴールドの価値は増すばかり
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!_2
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!
割安なタバコ銘柄を探す
ESG投資:社会問題を相場吊り上げに利用する
日銀量的金融緩和はすでに瀕死、その先に待ち受ける「超円安」
「超円高」に期待しすぎてはいけない
消えかかるドル高材料、近づく金購入「ラストチャンス」
悪材料まみれになってきたテンセント_2
悪材料まみれになってきたテンセント_1
知ると知らずで大違い、配当再投資の隠れた特徴
配当再投資:雪だるま式に資産を殖やし残りの人生を謳歌する投資手法
人民元がゴールドにペッグしている??
「金価格の歴史的上昇トレンド」が新興国から始まる
米中貿易戦争勃発で米国株も怪しくなってきた。笑うのはロシア?
SECメンバーが「米国株式相場のクラッシュ」を厭わない規制導入を提唱した
米国政府の税収の1/4、1/3が利払いで消える日
金価格の伸び悩みはレパトリ減税の影響?
[2018/05/23]フラッシュクラッシュ時代、逆指値売り注文は自殺行為
[2018/05/16]新興国市場に赤信号点灯、世界金融危機の幕開け?
[2018/04/24]トランプが税制改革法案に埋め込んだ「マルウェア」
[2018/04/02]米国の自国優先主義は海外の金持ちを惹きつける
[2018/03/31]トランプは円安ドル高を許さない
[2018/03/24]リーマン・ショックから始まった金融市場の「真の終わり」の規模
[2018/03/17]新時代に向けて世界構造の破壊に本格的に着手し始めた米中
[2018/03/07]トランプの鉄鋼・アルミニウム輸入関税の真のターゲットはどこだ!?
[2018/02/28]物流、トランプ、中東、日銀...物価上昇・通貨減価懸念材料ズラリ
[2018/02/07]2018年2月5日-6日、世界同時株安だと?
[2018/02/03]144A for life -米国ハイイールド債市場を席巻する破滅的闇証券-
[2018/02/01]金利上昇が止まらないー草
[2018/01/24]米国経済が良くなると米国株相場はダメになる
[2018/01/10]配当再投資のリスク低減効果:私のポートフォリオの結果を材料に
[2017/12/29]2018年に向けて、金市場の動向をみる
[2017/12/06]ビットコインバブル→電力消費・発電問題発生→バブル崩壊
[2017/12/04]『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か?』を読んでみた
[2017/11/27]トランプによる世界金融市場の大粛清がいよいよ始まりそうだ
[2017/11/23]トランプ税制改革は借り入れ依存企業への死刑宣告
[2017/11/18]ボラティリティ・ターゲット戦略は株式・債券市場を一瞬で破壊する
[2017/11/13]債券市場崩壊の初期段階がすでに現在進行中?
[2017/11/01]IMFは世界の中央銀行として世界を支配したいのか?
[2017/10/15]トータル・リターン・スワップの出現は第2のAIGショックの発生を暗示する
[2017/10/03]MiFID2は世界金融危機を拡大させ、大陸欧州を自滅に導く破壊ツール
[2017/08/26]世界金融市場クラッシュの予兆が見えた
[2017/09/21]暗号通貨に国債市場、日本円が抱える内憂外患
[2017/09/13]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す:その2
[2017/09/12]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す
[2017/08/24]日銀のETF買いは「貯蓄から投資へ」移行する家計を罠に陥れる
[2017/08/20]中国のシャドーバンキングスキームの崩壊はすでに始まっている
[2017/08/16]つみたてNISAのみの利用での長期資産形成は難しい
[2017/08/02]「金融の神様」がグローバル金融の崩壊を警告し続けている
[2017/07/13]「世界金融市場大揺れへのカウントダウン」は、すでに始まっている
[2017/07/09]相変わらず「自身の出口戦略」にしか興味のない日銀・黒田総裁
[2017/07/04]「悪徳」銘柄への投資こそ、年金運用には向いている...!?
[2017/06/29]短期の変動に目を奪われすぎず、本当のリスクに焦点を合わせよう
[2017/06/18]イエレンさん、本当にバランスシート正常化なんてできるの?
[2017/05/18]備えはお早めに:ゴールドへの備えに適した期間は着実に減っている
[2017/05/05]中国金融市況の悪化が米国株式市場の熱狂を生んでいる
[2017/04/29]中国金融当局のレバレッジ是正勧告は世界市場を溶かすかもしれない
[2017/03/07]FRBが3月利上げしそうですね。米国経済が回復していないなかで。
[2017/02/25]インサイダーたちによる爆売りブーム...米国株式市場のバブルの宴のフィナーレが迫っている
[2017/02/17]米国債しか頼れない日本、アジア国際金市場を着実に発展させている中国
[2017/01/24]トランプ政権は米ドル・米国債に対する大胆な政策を画策しているかもしれない
[2016/11/15]トランプの当選が市場に与える影響
[2016/11/05]今後世界の株価が大きく下がることは時間の問題
[2016/10/18]官製相場にかなり近づいた国債市場:日銀の八方美人的な振る舞いに潜む「テーパリング」への道

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲