2
資本主義社会で生き残るために

資本主義社会で生き残るために-海外投資を始め、人間心理のリスクを理解し、リスクと不確実を活かす-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.130]金ETF・銀ETFへの資金流入額が歴史的規模(配信日: 2020/08/03)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

メールマガジン「アボマガ」

当メルマガは、将来に危機意識を持ち2014年から海外投資、2015年から金投資を始めた一人のミレニアル世代・ゆとり世代の個人投資家が提供する、「ゆとり感ゼロ」の本気の投資メルマガです。

 

デフレにもインフレにも有事にも負けない資産形成を行うための情報を提供しています。そのコア戦略は「長期配当再投資+貴金属投資のハイブリッド戦略」。

 

▽質問!
長期配当再投資って何?どんな効果→長期投資と複利効果:配当再投資

 

何故金投資?→世界的な危機に強いから。いまはコロナ禍。際限のない政府債務の増加、中央銀行の金融政策。金融財政状況の悪さは第二次世界大戦を上回ることがほぼ確定。人類が経験したことのない危機に向かっています。
2016年にこんな記事を書きました。私が2015年から金投資している理由でもあります。→何故いま金・銀投資なのか

 

危機の主要因

  • 1920年前後、1945年前後:軍事的要因
  • 1930年代、1970年代:経済・金融的要因
  • 2020年代:社会・経済・金融的要因?

 

何故長期配当再投資と貴金属投資を組み合わせるのか?リスクの観点からご説明しましょう。

 

▽最重要リスク
生活破綻リスク:必要な時に必要なお金を用意できないリスク


▽生活破綻リスクを引き起こす3大リスク

  • 収入リスク(フロー):給与や事業収入、配当収入、債券からの利息収入など、生活に必要な収入が減少ないしは途絶えるリスク
  • 市場リスク(ストック):名目資産価値が値下がりすることで、資産売却による生活資金の調達可能額が減少するリスク
  • インフレリスク:収入や資産価値が目減りし購買力が低下するリスク


▽「長期配当再投資+貴金属投資のハイブリッド戦略」におけるリスク対策


収入リスクへの対策

  • 配当再投資による複利効果で、配当収入を指数関数的に増やす
  • 長期的に増配可能で十分な配当利回りの銘柄のみを選別(アボマガの役割)

市場リスクへの対策

  • 市場動乱期に強い貴金属を保有し、株価下落リスクを分散的に回避
  • 過去の配当再投資による株数増が株価下落時にクッションの役割を果たし、投資元本からの資産価値の減少幅を抑制
  • 長期的に配当収入が十分増えることで、資産価値の変動を全く気にする必要がなくなる

インフレリスクへの対策

  • インフレに強い貴金属を保有
  • 配当再投資による指数関数的な株数増により、配当金・資産価値ともにインフレに負けないリターンを獲得

▽何故株式だけでは不十分なのか


・・・続きはアボマガご登録ページで

 

↓アボマガ読者に向いている人↓

  • 労働収入や年金収入等に加え、新たな収入源を獲得したい人
  • 万一、失業等で主要な収入源を失っても慌てず最低限の生活を安心して送りたい人
  • 頻繁に売買しなくても、放っておくだけで収入を増やし、余った時間を仕事や趣味、家族との時間に費やしたい人
  • ギャンブル・投機ではなく、真っ当な方法で、地に足つけた資産形成を行いたい、勤勉で誠実な人
  • 経済的自由を目指したい人 等々...

 

sky

 

人気コンテンツ

▽海外投資の始め方
【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧

 

▽日本人にも人気の米国証券会社「Firstrade」を使う
Firstradeの口座開設方法
Firstrade:ACHの登録方法

 

▽米国株投資のパフォーマンスを高めるためのツール
「Stock Rover」で米国株をかんたん比較分析

 

▽最強の海外送金サービス「Transferwise」を知る・使う
トランスファーワイズの口座開設方法:海外送金サービスの「黒船」来航

 

▽日本に居ながら開設可能な米国の銀行「ユニオンバンク」
ユニオンバンクの口座開設

 

コンテンツ一覧

サイトマップ

資本主義社会で生き残るためのブログ

GoldForSurvival

海外投資

海外送金

情報化社会と英語

人間心理とリスク

Antifragile

歩くを見直す

 

本サイトで紹介している金融系口座一覧と私の利用状況

 本サイトでは複数の金融系口座を紹介しています。私が実際に利用している口座の紹介がメインですが、一部私が利用していない口座も含まれますので、私の利用状況が気になる方はこちらからご確認ください。
→現在の利用状況

 

本サイトについて

 

 プロフィール・プライバシーポリシー・免責事項・著作権