トランプは円安ドル高を許さない


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

トランプは円安ドル高を許さない

2018/03/31

 

【2018/03/29 ブルームバーグ】受難続くキャリートレード、ボラティリティー観測で運用改善見込めず

 

1日に5兆1000億ドル(約544兆円)取引される外国為替市場で最も人気のトレーディング戦略の一つの「キャリートレード」は、この1年厳しい状況が続いている。そしてこの状況に近く歯止めがかかる可能性も低いようだ。

 

金利の低い通貨で資金を調達し金利の高い通貨で運用するキャリートレードが、過去3カ月の為替市場の相対的な落ち着きにもかかわらず、このまま行くと4四半期連続でマイナスの運用になる。世界貿易を巡る緊張の高まりでボラティリティーが高まる可能性があり、アナリストにとってこれは事態好転の望みがほとんどないことを示唆している。

 

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は「金利差は大きいものの、調達通貨が下落していない」とし、「キャリートレードが有効なトレードだとは思わない」と語った。

 

 大胆かつ素早い行動で円安ドル高の芽を次々と摘み取るトランプ政権。しばらく円高ドル安が続きそうだ。

 

スポンサーリンク

 私は米国と日本の金利差拡大によりキャリートレードが活性化し、大きくドル高円安になる可能性を一つのシナリオとして考えていましたが、どうもこのシナリオが実現する見込みは薄そうです。

 

 出来るだけ低リスクにキャリートレードでリターンをあげるには、金利の低い日本円がしばらく強くならない環境となることを投資家がある程度確信できる必要があります。

 

 しかしこうした環境はどうも訪れそうにありません。

 

 トランプ政権は27日、韓国と米韓自由貿易協定(FTA)の見直しで大筋合意したと正式発表しました。同時に両国が競争的な通貨切り下げを禁じる「為替条項」の導入でも合意したことを明らかにしました。
【2018/03/28 日本経済新聞】米、韓国の通貨安誘導を禁止 FTA見直し合意

 

 韓国側は為替条項について「米韓FTAとは別個の事案」としていますが、為替条項導入の合意について否定しているわけではありません。
【2018/03/29 日本経済新聞】為替条項「米韓FTAとは別」韓国政府高官、米の発表否定

 

 当然ですが、この合意はトランプ政権が他国を巻き込んだ本格的なドル安政策に打って出る強い意思を持っていることを意味します。今後は中国や日本に対しても、交渉を通じて通貨安につながる行為を控えるよう要請し(圧力を掛けて)、相対的にドルが安くなるよう仕向けていくでしょう。

 

 米国がドル安を望むのは、トランプが米国経済回復を最優先課題としており、米国の巨額の貿易赤字幅に不満を述べてきたことからも明らかです。

 

 一方で、トランプは北朝鮮問題が解決するまで米韓FTA合意を保留する可能性について述べました。米韓FTA見直しが大筋合意した直後にも関わらず、あべこべのような発言ですね。
【2018/03/30 日本経済新聞】トランプ氏、米韓FTA合意「保留」も 北朝鮮問題解決まで

 

 このトランプの発言は、為替条項について次のいずれかの解釈が可能です。

 

  • 為替条項は保留しない
  • 為替条項も保留する

 

 為替条項は米韓FTAに含まれないとする韓国側の立場では前者のように捉えられます。為替条項も米韓FTAに含まれるのであれば、後者の解釈が必要です。

 

 前者のように北朝鮮問題の今後の進展に依らず、為替条項を保留しないならば、このままドル安の流れが強まることでしょう。

 

 しかし仮に北朝鮮問題が解決するまで為替条項導入も保留する、後者の解釈をとっても、少なくとも「円高ドル安」(「ドル安」ではない)となる可能性が高いと考えられます。

 

「ドル安」になるか「ボラティリティが上がる」か「両者顕在化」のいずれか

 何故なら、もはや北朝鮮問題は、5月の米朝首脳会談で目立った進展がなければ戦争に向かうしかないシナリオが考えられるからです。換言すれば「官僚お得意の先送りというオプションが選択肢から排除されている」と考えられるのです。

 

 ※平和的解決となっても、米朝が表向き仲良くなるとはかぎりません

 

 「官僚お得意の先送りというオプションが選択肢から排除されている」という見方は、国務長官が国際協調重視のディラーソンから、CIA長官のポンペオに交代することから生まれます。
【2018/03/13 ロイター】トランプ氏、ティラーソン国務長官を更迭 後任に強硬派ポンペオ氏

 

 時間を掛けた話し合いを通じて外交的解決を目指す「のろまな」人物から、世界中でクーデターを引き起こしディープステートの傀儡政権樹立の陰謀を長年企画・実行してきた、時間を掛けた話し合いで仲良くなれるとは程遠いCIAという組織の長官へと、国務長官がバトンタッチするのです。

 

 「早急な外交的解決を望まないなら戦争しかない。先送りは許さない」。トランプの「たたき上げの経営者魂」を感じさせるものがあります。

 

 中朝首脳会談がサプライズ的に実施され、金正恩朝鮮労働党委員長が朝鮮半島の非核化実現の立場を明確に示しました。4月27日には南北首脳会談が実施されます。現在、北朝鮮問題は平和的解決に向けて急ピッチで進んでいるように見えます。
【2018/03/28 ロイター】北朝鮮の金正恩氏、訪中で習氏と会談 中国「非核化の誓約得た」

 

 この流れであれば、5月の米朝首脳会談を経て、北朝鮮問題が外交的な平和的解決を迎えることも現実的シナリオとなります。そうなれば為替条項が導入され、ドル安に向かうことになるでしょう。

 

 もし北朝鮮問題が短期で外交的解決に向かわなければ、米朝戦争勃発が現実的な一つのシナリオになります。しかしこれは市場のボラティリティを高め、世界最大の対外債権国である日本の投資家が為替リスク排除のためにドル売り円買いポジションを増やすことにつながります。つまり円高ドル安に向かうのです。

 

 

 以上から、米韓の為替条項と北朝鮮問題に関し、どのようなシナリオが来ても円高ドル安の流れ継続の可能性が高いと言えます。そしてこれは円売りドル買いのキャリートレード意欲減退につながるので、結局円高ドル安傾向が続くだろう、というわけです。

 

 なお、北朝鮮問題の平和的解決が確実になれば、「在韓米軍撤退→在日米軍撤退→日本の戦後の対米従属政治・官僚システムの崩壊→日本大再編に伴い日本流動化」という流れになり、日本の金融情勢も予測不能な領域に突入していく可能性があります。

 

 おそらく日本流動化リスク健在化も、最初は円高ドル安方向に作用すると思います。ただし中長期では、日本の政官財のトップたちの腐敗、生産年齢人口の長期的減少や低生産性、テクノロジー関連の人材不足、そして何より絶望的な財政リスクが顕在化してかなりの円安に向かう可能性は捨てきれません。

 

 心を落ち着かせて今後の金融大ショック(いつ起きるかは予測できないが間違いなく起こる惨事)に備えられる期間がいつ終了してもおかしくない状況にあることは、間違いないでしょう。

 

 ドル売りユーロ買いの先物ポジションが溜まっていることから急激な円高ドル安になるかどうかは微妙ですが、例えば「ドル高→ドル建て金価格下落期待で、ドル建て金投資の購入タイミングを待ち続ける」といった戦略に固執するのは良くないかもしれません。

 

 中長期でドル安(円高ドル安を意味するのではない!)に向かう、つまり米ドルが減価する可能性は高いでしょうし、先を見据えて有利なポジション(米ドル減価で価格が上昇する資産の購入)をいまのうちにとっておき、川のせせらぎの如く心を「静」にしてじっと待つのが良さそうです。

 

【P.S.】
 私は本記事を書くまで一時的にドル高になると思っていたので、今年(1-2ヶ月ほど前に)少し円売りドル買いをしましたが、どうも損することになりそうです(笑)

 

私が利用しているブリオンボールト。資産防衛に有効とされる海外のゴールドをネットで簡単に購入できます。万が一日本流動化が起こったときのための保険としても。

 

 →将来に備えたい方は関連記事一覧へ
 →いますぐ備えたい方:口座開設はこちらから-コストが安く済むスポット取引コースが人気です

 

米国証券口座で長期投資。DRIPという米国限定の配当再投資サービスを利用することで、資産を効率的に殖やしやすい長期運用できますよ(DRIPの効果)。口座開設までに必要な一連のプロセスを、一から説明しています(株価崩壊後、安値で購入するための準備や金鉱株購入用としてどうぞ)。

 

 →初めての方はこちら
 →Firstradeの口座開設方法
 →Sogotradeの口座開設方法

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

ホルムズ海峡封鎖?短期的なエネルギー価格見通し
2019年、来るか、金融ショック
バブル崩壊は自分で気づく必要があるもの・輝きを増すゴールド
鮮明さ増す高インフレの流れ
有事の金
低リスク高リターンが見込める石油銘柄
見えない爆弾だらけの原油市場。目先にとらわれてはならぬ
備えあれば憂いなし
アルゴリズム取引の本格的な暴走までそう遠くはない?
中期的安定性の高い石油銘柄
原油価格は本当に、気分屋で困りますね(笑)
金価格は底打ち反転?不透明な将来への保険としてのゴールドの価値は増すばかり
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!_2
ピーポじゃないよ!ヴィーヴォだよ!
割安なタバコ銘柄を探す
ESG投資:社会問題を相場吊り上げに利用する
日銀量的金融緩和はすでに瀕死、その先に待ち受ける「超円安」
「超円高」に期待しすぎてはいけない
消えかかるドル高材料、近づく金購入「ラストチャンス」
悪材料まみれになってきたテンセント_2
悪材料まみれになってきたテンセント_1
知ると知らずで大違い、配当再投資の隠れた特徴
配当再投資:雪だるま式に資産を殖やし残りの人生を謳歌する投資手法
人民元がゴールドにペッグしている??
「金価格の歴史的上昇トレンド」が新興国から始まる
米中貿易戦争勃発で米国株も怪しくなってきた。笑うのはロシア?
SECメンバーが「米国株式相場のクラッシュ」を厭わない規制導入を提唱した
米国政府の税収の1/4、1/3が利払いで消える日
金価格の伸び悩みはレパトリ減税の影響?
[2018/05/23]フラッシュクラッシュ時代、逆指値売り注文は自殺行為
[2018/05/16]新興国市場に赤信号点灯、世界金融危機の幕開け?
[2018/04/24]トランプが税制改革法案に埋め込んだ「マルウェア」
[2018/04/02]米国の自国優先主義は海外の金持ちを惹きつける
[2018/03/31]トランプは円安ドル高を許さない
[2018/03/24]リーマン・ショックから始まった金融市場の「真の終わり」の規模
[2018/03/17]新時代に向けて世界構造の破壊に本格的に着手し始めた米中
[2018/03/07]トランプの鉄鋼・アルミニウム輸入関税の真のターゲットはどこだ!?
[2018/02/28]物流、トランプ、中東、日銀...物価上昇・通貨減価懸念材料ズラリ
[2018/02/07]2018年2月5日-6日、世界同時株安だと?
[2018/02/03]144A for life -米国ハイイールド債市場を席巻する破滅的闇証券-
[2018/02/01]金利上昇が止まらないー草
[2018/01/24]米国経済が良くなると米国株相場はダメになる
[2018/01/10]配当再投資のリスク低減効果:私のポートフォリオの結果を材料に
[2017/12/29]2018年に向けて、金市場の動向をみる
[2017/12/06]ビットコインバブル→電力消費・発電問題発生→バブル崩壊
[2017/12/04]『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か?』を読んでみた
[2017/11/27]トランプによる世界金融市場の大粛清がいよいよ始まりそうだ
[2017/11/23]トランプ税制改革は借り入れ依存企業への死刑宣告
[2017/11/18]ボラティリティ・ターゲット戦略は株式・債券市場を一瞬で破壊する
[2017/11/13]債券市場崩壊の初期段階がすでに現在進行中?
[2017/11/01]IMFは世界の中央銀行として世界を支配したいのか?
[2017/10/15]トータル・リターン・スワップの出現は第2のAIGショックの発生を暗示する
[2017/10/03]MiFID2は世界金融危機を拡大させ、大陸欧州を自滅に導く破壊ツール
[2017/08/26]世界金融市場クラッシュの予兆が見えた
[2017/09/21]暗号通貨に国債市場、日本円が抱える内憂外患
[2017/09/13]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す:その2
[2017/09/12]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す
[2017/08/24]日銀のETF買いは「貯蓄から投資へ」移行する家計を罠に陥れる
[2017/08/20]中国のシャドーバンキングスキームの崩壊はすでに始まっている
[2017/08/16]つみたてNISAのみの利用での長期資産形成は難しい
[2017/08/02]「金融の神様」がグローバル金融の崩壊を警告し続けている
[2017/07/13]「世界金融市場大揺れへのカウントダウン」は、すでに始まっている
[2017/07/09]相変わらず「自身の出口戦略」にしか興味のない日銀・黒田総裁
[2017/07/04]「悪徳」銘柄への投資こそ、年金運用には向いている...!?
[2017/06/29]短期の変動に目を奪われすぎず、本当のリスクに焦点を合わせよう
[2017/06/18]イエレンさん、本当にバランスシート正常化なんてできるの?
[2017/05/18]備えはお早めに:ゴールドへの備えに適した期間は着実に減っている
[2017/05/05]中国金融市況の悪化が米国株式市場の熱狂を生んでいる
[2017/04/29]中国金融当局のレバレッジ是正勧告は世界市場を溶かすかもしれない
[2017/03/07]FRBが3月利上げしそうですね。米国経済が回復していないなかで。
[2017/02/25]インサイダーたちによる爆売りブーム...米国株式市場のバブルの宴のフィナーレが迫っている
[2017/02/17]米国債しか頼れない日本、アジア国際金市場を着実に発展させている中国
[2017/01/24]トランプ政権は米ドル・米国債に対する大胆な政策を画策しているかもしれない
[2016/11/15]トランプの当選が市場に与える影響
[2016/11/05]今後世界の株価が大きく下がることは時間の問題
[2016/10/18]官製相場にかなり近づいた国債市場:日銀の八方美人的な振る舞いに潜む「テーパリング」への道

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲