aaa System2からSystem1にもっていく

当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

System2からSystem1にもっていく

   以前の記事でも書いたように、各物事に対してSystem2を使えば使うほど、System2を使うためのエネルギーは少なくて済むようになります。 いわばエコに使えるようになるのです。


   しかしSystem2を使って意識的に物事を考えるメリットは、System2をエコに使えることだけではありません。 System2を使って得られた考えや知識が頭に刷り込まれれば、それら考えや知識をSystem1によってアクセスできるようになるのです。


   つまり自分の頭に新しく蓄えられた考えや知識を、無意識のうちに瞬間的に引き出すことができるようになるのです。


   例えば英語の学習を考えてみましょう。 最初は単語も何も分からず、聞くことも読むこともできません。 ましてや話したり書いたりすることはもうお手上げです。


   しかし単語をノートに書いて暗記したりフレーズを声に出して文章を読んでみたり、いろいろなことをしていくうちに頭の中に英語の知識が蓄えられたり英語の雰囲気を理解することができるようになります。


   するとどうでしょうか。 しっかりと頭に刷り込まれた単語やフレーズが空で言えたり書けるようになりますよね。 頭を全く使っていなくても、無意識のうちに瞬間的に単語やフレーズが出てくるようになります。


   このようにSystem2を使って意識的に物事を行っていき、新しい知識や考えを頭の中に刷り込ませていくとだんだんと頭が慣れていき、System1を使って無意識のうちに、瞬間的に引き出せるようになるのです。 これは人間が満足の行く人生を送る上でとても重要な性質だと考えています。


   私たちは特に意識的に考えなくても、人間らしい行動を取ることは出来ます。


   例えば相手の表情から相手の感情を読み取ることができます。 相手から何かものを受け取ると、嬉しいと感じ相手にお返ししたい気持ちが芽生えます。 何をやれば良いのか自分ではわからない状況でも、他の多くの人がやっていることを真似て何となくやり過ごすことができます。


   しかし人間にあらかじめ備わった考えやそれに基づく行動は、必ずしも合理的とは限りません。 前にも話しましたが、System1によって導かれる考えや行動はときによっては自分に不利益となる結果をもたらすことがあるのです。


   とても雰囲気のいい人がおいしい話があると言ってくれて、良い人だからと誘いに乗っかったら実は詐欺だったであるというのは典型例です。 また多数の人が絶賛株価上昇中のIT関連の株を買っているので、自分も乗り遅れないようにとその株を大量に買ったら、途端に株価が急落して大損をすることもあります。


   私たちが判断を行う際の判断材料は、System1によって簡単にアクセスできるものに限定されがちなのです。


   上の二つの不利益を被る例も「雰囲気が良い→良い人→騙すはずがない」、「みんなが買っている→良いに違いない」、「絶賛株価上昇中→これからも株価は上昇し続ける」という連想によってもたらされます。 このような連想もまたSystem1によって無意識のうちに行われているのです。


   こういうときに大事なのは常に疑う癖をつけることです。


   疑うのは意識的に行う必要があるのでSystem2を使う必要があります。 しかし疑うことも英語の勉強と同じように、疑う癖をつけていくとだんだんと意識しなくても勝手に疑うようになってきます。 つまりだんだんとSystem1によって自然と疑うようになるのです。


   例え最初から詐欺だとわからなくても、無意識のうちに「疑うモード」になれれば、その後はSystem2を使ってしっかりと詐欺かどうか見極めればよいのです。 System1によって自然と頭の中を「疑うモード」になれることが大切です。


   System1によって合理的な考えを無意識のうちに引き出せるようにするが大切な理由は、何も不利益を防ぐためだけではありません。 新しいアイデアを生み出すといった、自分にとってプラスに働くものをつくりだすためにも大切となってきます。


   新しいアイデアは、何も努力しないである日突然ひらめくようなものではありません。 考え、行動し、試行錯誤を繰り返すうちにだんだんと形成されるものなのです。


   つまりSystem2を繰り返し繰り返し使って自分の世界をちょっとずつ広げていった先に、先見的なアイデアといったものは存在するのです。 このような努力をした人にのみ、System1によって直感的に素晴らしいアイデアがひらめくための権利が与えられるのです。


   System2を使って努力をして、合理的でオリジナリティのある考えをSystem1によって直感的に引き出せるようにする。 そしてこの行動を滞りなく続けていくことが、満足のいく人生を送るためにとても大切だと思っています。

メルマガのご登録

不確実性が覆う時代、私と一緒に経済サバイバルされたい方はご登録ください。ご登録は無料です。



→メルマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

System1、System2とは-人間心理の最も基本的な分類-
System2はSystem1の審査人-考えてみようスイッチでSystem2が動き出す-
System2の2つの弱点-System1のシグナルをSystem2に変換できるか-
Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-
Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-
System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-
複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-
時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-
人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-
不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-
プライミング効果とは何か-賢くなる上でとても大切な連想能力-
プライミング効果を英語学習に生かす
3分で理解する財務諸表-賢くなるためのプライミング効果活用例-
人間が連想能力を持つ理由-進化の過程で身につけた人類繁栄のための知恵-
プライミング効果による、言葉や表情と気持ちや行動意欲との結びつき
確証バイアス(Confirmation Bias)とは-自己肯定や社会肯定の根幹-
社会の末期では確証バイアスは我々を地獄に落とす
人間の行動は信じることから始まる?-自ら信じられることを能動的に探すことが大切-
人間の行動は信じることから始まる?-教養は人間社会で豊かに暮らすための道標-
確証バイアスと医者-誤診の裏に自信あり-
アンカリング効果とは-プロにも働く強大な力-
アンカリング効果と洗脳-信頼できる情報を積極的に取得せよ-
アンカリング効果の認知心理的プロセス
アンカリング効果に潜む二つの要因-不確かさはアンカリングを助長する-
ランダムなアンカーの魔力-どんなものにも人は意味を見出す-
「安く買って高く売る」の解釈とアンカリング効果
後知恵バイアス(Hindsight Bias)とは-不当な評価の温床はここにあり-
後知恵バイアス×権威とモラルの問題
Cognitive Easeとは-System1が生み出す安らぎとリスク-
単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-
単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-
単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-
株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-
実力を運と勘違いする-慢心を防ぎ自らを成長させるための心構え-
Domain Specificityとは-人間は何と非合理なのか!-
人間の本質を満たすために、人間は本質を考えるのが苦手である
No skin in the gameの許容-Domain Specificityの無視が引き起こす問題-
Skin in the gameとは-信頼度を測る最適な指標-
Planning Fallacyとは-何故残念な計画が沢山存在するのか-
改善されないPlanning Fallacy-計画の目的はプロジェクトをスタートさせること-
Norm理論とは何か
英語学習のちょっとしたアドバイス-背景を知ることが大切-
因果関係を知りたがる気持ちは生まれつき備わっている
人間は可能性をリアルさで捉えてしまう
想像するリスクと実際のリスクとの間には大きな隔たりがある
リスクに対するリアルさを形成する要因-Availability heuristicと好き嫌い-
人はリアルさでリスクを評価する-地震保険加入比率で見るリスク管理の傾向-
人間の重大な欠陥-時が経つにつれて可能性とリアルさとのギャップが広がる-
平均回帰の無視-客観的事実を無視して直近を将来に当てはめる-
歯のケアと想定外-日常的なものからリスク管理を見直す-
帰納とリスク-不確かな分野で歴史を未来に当てはめてはいけない-
少数の法則とは何か-人は大数の法則を無視する-
少数の法則が私たちに与える影響-コイントスと投資ファンド-
仮定がおかしな結果は無意味-統計結果に対する最低限の心構え-
リスクとDomain Specificity-リスクを考える分野、考えない分野-
心理学の知識を詰め込んでも、投資心理をコントロールできるわけではない
疑う気持ちが情報に対処するための一番の基本
終わりよければすべてよし
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその1
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその2
System2からSystem1にもっていく

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲