Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-

   以前の記事に書いたように、意識的にSystem2を使っていくとどんどんSystem2を使うライフが奪われていきます。 そうするとSystem2を使って意識的に考えることができなくなり、よりSystem1に頼った本能的な行動が増えていってしまいます。


   今回はそんなSystem2のライフが奪われていく現象の一つであるEgo Depletionについてです。

Ego Depletionとは何か

   Ego Depletionとは、自分の感情をグッと我慢するといった自分の本心を押し殺す行動を行えば行うほど、System2を使うためのライフが削れていく性質を指します。


   例えば上司からの命令に嫌々応じる、やりたくない宿題を我慢してやるといったことです。 こういった自分の本心とは異なる行為をすればするほど、私たちはその後にSystem2を要する行動を起こしにくくなります。


   上司からの命令に嫌々応じて心身ともに疲れてしまう日があれば、やけ酒したくなる気分になりますよね。 やりたくない宿題を頑張って行ったあとはもうゲーム三昧、ネット三昧。


   Ego DepletionによってSystem2のライフが減ってしまっているので、System1による欲望に赴くままの行動をしてしまいがちになるのです。


   System2は私たちの理性を司るパートでもあります。 つまりずっと理性を保つ、ただそれだけでも私たちは疲れてしまうのです。


   "堪忍袋の緒が切れる"というのは、まさにEgo Depletionによって引き起こされるものであると考えられるでしょう。


   相手から何か嫌なことを言われてもなんとかグッと堪えて大人の対応をしたとしても、どうしてもEgo DepletionによってSystem2を使うためのライフが削れていきます。


   一方で相手から何度も何度も嫌なことを言われた経験は、私たちの頭の中の記憶に残ります。 いくら忘れようとしても、また何か嫌なことを一度でも言われるといままでの嫌な記憶が蘇るもの。


   こうしてどんどんとSystem2が弱まっていったら、どんどん理性を失いやすくなってしまうのは当然のこと。 理性を保つ代償に感情をコントロールする力がどんどん弱まる中で、嫌な思い出が頭の中に積もり積もったら、いつしかドカーンと感情が爆発してもおかしくありません。

Ego Depletionと人を叱るリスク

   Ego Depletionという性質から見えてくるのは、相手をむやみに叱るのは逆効果だということです。


   相手に行動意欲を沸かせたり行為の改善を促すためにたまに叱ることは良いことかもしれません。 人間、思いもよらない外部からの新鮮なショックは、意識をシャキッとしたり頭を回転させる効果がありますから。


   (突然自転車にぶつかりそうになって一瞬で頭が切り替わった時や、いままで読んだことのないジャンルの本を読んで知的好奇心が刺激された時のことを思い出してみて下さい。)


   しかし変に相手を叱りまくってマンネリ化すると、Ego DepletionによってどんどんSystem2のライフが下がってしまう可能性があります。


   本質とズレた方向に相手を叱ると、相手のためを思うというよりはむしろ自分の願望を相手に押し付けることになります。 そうすると相手は感情をグッと堪えるよう理性を保つので、Ego Depletionが働いてしまいます。


   Ego Depletionが働くとSystem2のライフが減ります。 仕事ではSystem2の常時使用が求められるので、System2のライフが減ることは仕事のパフォーマンスが下がる可能性を示唆します。


   そしてより集中できなくなってミスが増えてまた叱って、System2のライフが減ってさらに仕事のミスが増え...という悪循環を引き起こしてしまうかもしれないのです。


   人によっては、相手を叱った翌日はちゃんと仕事をやっているから叱ることは良いことだと思う人もいるかもしれません。 しかしこれは叱った効果が現れたのではなく、叱った日がたまたま相手の調子が悪かっただけの可能性が高いです。


   人はその日の体調によってパフォーマンスが変わるものです。 野球選手でも、前日は4タコ(4回の打席ですべてヒットなしのこと)だったのに翌日に2本ホームランを打つとか普通にありますよね。


   よっていつもより仕事ができないからと言って、ただそれだけで叱るのはちょっと安易です。 むしろパフォーマンスが良くない日は普通寝不足や気分の落ち込みなど、System2が元々働きにくい状況にあるので、そこに叱責を加えるとさらにSystem2が働きにくくなる可能性があります。


   叱る側は、叱ることでEgo Depletionが働いて相手のSystem2にダメージを与えるリスクをしっかり認識する必要があります。

関連リンク

   ・複数の作業をこなすとSystem2が疲弊してしまいます

   →複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-


   ・不安になるとSystem2が中々働かなくなってしまいます

   →Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-


   ・System2を使えば使うほど楽に使えるようになっていきます

   →System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-


▲System1、System2関連記事一覧に戻る▲

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

System1、System2とは-人間心理の最も基本的な分類-
System2はSystem1の審査人-考えてみようスイッチでSystem2が動き出す-
System2の2つの弱点-System1のシグナルをSystem2に変換できるか-
Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-
Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-
System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-
複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-
時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-
人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-
不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-
プライミング効果とは何か-賢くなる上でとても大切な連想能力-
プライミング効果を英語学習に生かす
3分で理解する財務諸表-賢くなるためのプライミング効果活用例-
人間が連想能力を持つ理由-進化の過程で身につけた人類繁栄のための知恵-
プライミング効果による、言葉や表情と気持ちや行動意欲との結びつき
確証バイアス(Confirmation Bias)とは-自己肯定や社会肯定の根幹-
社会の末期では確証バイアスは我々を地獄に落とす
人間の行動は信じることから始まる?-自ら信じられることを能動的に探すことが大切-
人間の行動は信じることから始まる?-教養は人間社会で豊かに暮らすための道標-
確証バイアスと医者-誤診の裏に自信あり-
アンカリング効果とは-プロにも働く強大な力-
アンカリング効果と洗脳-信頼できる情報を積極的に取得せよ-
アンカリング効果の認知心理的プロセス
アンカリング効果に潜む二つの要因-不確かさはアンカリングを助長する-
ランダムなアンカーの魔力-どんなものにも人は意味を見出す-
「安く買って高く売る」の解釈とアンカリング効果
後知恵バイアス(Hindsight Bias)とは-不当な評価の温床はここにあり-
後知恵バイアス×権威とモラルの問題
Cognitive Easeとは-System1が生み出す安らぎとリスク-
単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-
単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-
単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-
株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-
実力を運と勘違いする-慢心を防ぎ自らを成長させるための心構え-
Domain Specificityとは-人間は何と非合理なのか!-
人間の本質を満たすために、人間は本質を考えるのが苦手である
No skin in the gameの許容-Domain Specificityの無視が引き起こす問題-
Skin in the gameとは-信頼度を測る最適な指標-
Planning Fallacyとは-何故残念な計画が沢山存在するのか-
改善されないPlanning Fallacy-計画の目的はプロジェクトをスタートさせること-
Norm理論とは何か
英語学習のちょっとしたアドバイス-背景を知ることが大切-
因果関係を知りたがる気持ちは生まれつき備わっている
人間は可能性をリアルさで捉えてしまう
想像するリスクと実際のリスクとの間には大きな隔たりがある
リスクに対するリアルさを形成する要因-Availability heuristicと好き嫌い-
人はリアルさでリスクを評価する-地震保険加入比率で見るリスク管理の傾向-
人間の重大な欠陥-時が経つにつれて可能性とリアルさとのギャップが広がる-
平均回帰の無視-客観的事実を無視して直近を将来に当てはめる-
歯のケアと想定外-日常的なものからリスク管理を見直す-
帰納とリスク-不確かな分野で歴史を未来に当てはめてはいけない-
少数の法則とは何か-人は大数の法則を無視する-
少数の法則が私たちに与える影響-コイントスと投資ファンド-
仮定がおかしな結果は無意味-統計結果に対する最低限の心構え-
リスクとDomain Specificity-リスクを考える分野、考えない分野-
心理学の知識を詰め込んでも、投資心理をコントロールできるわけではない
疑う気持ちが情報に対処するための一番の基本
終わりよければすべてよし
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその1
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその2
System2からSystem1にもっていく

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲