株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-

   繰り返し何かを行ったり何かに触れたりするなど、様々なことでCognitive Easeという心理的作用が働いて頭の中が安らぎに満たされます。


   しかしCognitive Easeが働き続けると、だんだん頭の中がCognitive Ease祭りになって判断が直感的になっていきます。 人間の直感はしばしば間違いを生み出すもの。 これにより油断が生まれて知らず知らずのうちに失敗に晒されるリスクが高まっていきます。


   Cognitive Ease祭りによってリスクを増やしてしまう典型的な領域は投資の分野です。 株価や為替といった変動チャートを繰り返し見ることで、知らず知らずのうちに株価や為替を見たくて見たくてたまらなくなります。


   すると心理的にも直感的で感受性豊かになり、損に対する心構えが脆弱になります。 そのためいざというときにあたふたしてしまって、間違った愚かな判断をしてしまい兼ねないのです。

株価を見続けるとCognitive Ease祭りが起こる

   私たちが株式投資を行うときに一番気になってしまうのが株価です。 理由はもちろん、株価の変動によって私たちの資産が決まってしまうからです。


   ITが発達してから、株価の変動をリアルタイムにいつでも確認できるようになりました。 空いている時間があればいつでも株価を確認できるというのは利便性の向上という観点では素晴らしいことです。


   しかし一方で株価を確認しやすくなったことは精神衛生上の観点からは最悪です。 何故なら株価に晒されすぎることによって、頭の中がCognitive Ease祭りになって中毒症状に掛かってしまうからです。


   私たちが考えなければならないことは単に株価を見続けるだけでも、単純接触効果によってCognitive Easeが働いてしまうことです。 これによってただ何回も株価を見ているだけで、株価を見ることが癖になってしまいます。


   人間、長い間変化の少ないものを見ているとだんだん飽きてくるものです。 しかし残念ながら株価は常に変動しています。 時に5%、10%、それに20%以上の増減だってあるもので、こうしたダイナミックな変化は私たちの興奮を刺激します。


   つまり飽きる要素がないのです。 だから株価を見続けても飽きは来ず、むしろ単純接触効果によるCognitive Easeが働きまくって見れば見るほどやめられなくなっていってしまいます。


   さらにもしも購入した銘柄の株価が上昇すれば、Cognitive Ease祭りはさらにヒートアップします。 場合によっては「自分天才なんじゃない?」なんていう自信を生み出し、これもCognitive Ease祭りに拍車をかけます。


   単純接触効果、株価の上昇、自信、これらが複雑に絡み合って知らず知らずのうちにCognitive Ease祭りが大盛況を迎えてしまうのです。 そして一歩引いて冷静に考えるのが苦手になり、直感的に考えるモードになり、感受性豊かになっていくのです。


   こうして気分が高揚しているときに株価が暴落したらどうでしょうか。 感受性豊かになっているので損に対する心構えができておらず、暴落に対するショックをまともに受けてしまいます。 しかも人間は損に対しては得以上に過剰に反応する生き物です。


   つまりCognitive Ease祭りによって感受性が豊かになり過ぎている状態だと、暴落したときの心理的ダメージは想像以上に凄まじいのです。 場合によっては精神崩壊レベルにまで達するのです。 バブルの歴史を見ても、Cognitive Ease祭りに陥った愚か者の中には暴落によって精神が崩壊したり自殺したりする人は普通にいます。


   長期投資をしている人にとっては常識ですが、短期的な値動きはほとんどが"ノイズ"です。 ノイズとは考えるだけ無駄な情報のことです。 単なるうわさ、大統領や総理の経済見通しに対する発言、こういったものはほぼノイズです。


   つまり短期的にはノイズによって価格が上下しますが、長期的に見ればこうしたノイズは株価に織り込まれなくなるのです。 要は短期的な株価の変動に一喜一憂してもほとんど意味がないのです。


   しかし株価に目をずっと晒してしまうと、株価の変動に物凄く敏感になってしまいます。 そうすることによって長期的に重要な情報とノイズとを区別できなくなって、あらゆる変動をすべて真に受けてしまうのです。


   ほとんどの人は多くの情報を知ることは良いことだと思っていますが、この考えは場合によっては危険です。 上のように多くの情報を知れば知るほど、ノイズに晒される率が高くなって心理的に悪影響を及ぼす可能性が高くなるのです。


   こうしたことを知らずに、株価やそれに付随する多くの情報に惑わされてCognitive Ease祭りの宴によった愚か者が、やがて駆逐されるのです。

為替相場に翻弄された私

   株価ではありませんが、私は為替相場を見過ぎて頭の中が為替でいっぱいになった経験があります。


   私は海外投資をしているのですが、海外投資を始めた頃に投資資金を円からドルに交換する必要がありました。 このときに出来るだけお得に変えようとずっと為替相場を見ていたのです。


   円からドルに交換するときはできるだけ円高のときに換金するのがお得になります。 当時は1ドル102円前後で揺れ動いていたので、100円を切ったら円をドルに交換しようと思っていました。 このとき、もし1ドル100円を切らずに円安が進行したときの対策を全く行っていませんでした。


   毎日毎日、時間があれば為替相場を見ていました。 朝、昼休み、夜と時間があるごとにちょこちょこ見ていました。 1ドル100円を切る、その瞬間を逃したくなかったのです。


   最初は一日3回程度しか見ていなかったのですが、知らず知らずの間にだんだんと為替を見ないと落ち着かない状態になってしまいました。 その結果、多い日は一日20回以上見るほどに。


   為替を見ることが、日課というよりかはだんだんと中毒症状に発展してしまったのです。 為替を見ることで働くCognitive Easeが次第に麻薬のように働いてしまったのです。 しかも当時自分が中毒に陥っていることを知らずに。


   そんな中毒症状に陥りながら、1ドル100円を切ってくれ切ってくれと切に願っていました。 しかし100円台までにはなってもあとちょっとのところで100円を切ってくれず、しびれを切らして待っていました。


   するとあるとき突然円安に動き出して、1ドル103円、104円、そして105円とトントン拍子に上がっていってしまいました。


   正直私はめちゃくちゃ焦りました。 どうしよう、100円切るまで待つべきか、それともこれから上がり続けるとまずいから105円で我慢するかと...そんな葛藤が心の中で渦を巻いていたのです。


   このとき私は為替を見続けたことによって、為替に対する感受性が知らず知らずのうちに高まっていました。 しかも事前に「もしも円安が進行したらこう対処する」という予防線を張っていなかったので、全く心の拠り所がなかったのです。


   その後、1ドルの値段によって換金したドルの価値がどれくらい変化するかを急いで計算しました。 このまま1ドル105円でドルに交換しても良いものかどうか判断したかったのです。 本当はこういうのは事前にやるべきものです。


   結局私はかなりの悔しさを感じながらも、何とか悔しさを振りきって1ドル105円で換金することを決心しました。 計算結果を客観的に見て、さらに人間は損がかさむと好転するのを願って待つことでさらなる損を生み出しやすいという人間の性質を思い出した上で決めました。


   ちなみにこの判断は結果的に正解でした。 その後1ドル105円を切ることはなく、どんどん円安方向に進んで1ドル120円まで円安が進みました。

教訓

   上の私の例は結果的には正解でしたが、あくまで結果論です。 投資に対する心構えとしては最悪です。


   何が最悪かと言えば、事前に「いくらまで円安が進んだらドルに交換しよう」という"ストッパー"を決めていなかったことです。 このストッパーを事前に決めていなかったため、急に円安方向に振れたときにあたふたしてしまって精神的に危険な状況に陥ったのです。


   投資を行う際は絶対にこうしたストッパー、心の拠り所を事前に決めておく必要があります。 ストッパーさえ決めておけば、どんなに株価や為替などの変動にセンシティブなっていても、ストッパーを思い出すだけである程度気持ちを和らげられます。


   逆にストッパーを事前に決めていないと、いざというときにあたふたして自分に対して銃の引き金を引いてしまう恐れがあります。 何か問題が起こってから対処すれば良いと思っても、いざ問題が起こると人間はそう簡単に冷静な判断ができずにとんでもない悪手を打つのです。


   「私は大丈夫」と思っている、そう思っているあなたこそ一番危険です。 何故ならこうした自信過剰はCognitive Easeを生み出すので、より直感的で感受性豊かで損に対して脆弱になってしまいます。 そんな状態で株価の暴落などが起きたら...考えただけでも恐ろしい。


   ストッパーは何も「いくらまで安くなったら売ろう」という損切りだけではないです。 例えば株価に比べて企業の真の価値(本源的価値)が十分高いという自らの意思もストッパーです。 こうしたストッパーがあれば、いくら株価が下落しても売らないという強気の姿勢で凛としていられます。


   私のように精神を翻弄されないためにも、投資を行うときに事前のストッパーの構築は必須です。


▲System1、System2関連記事一覧に戻る▲

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

System1、System2とは-人間心理の最も基本的な分類-
System2はSystem1の審査人-考えてみようスイッチでSystem2が動き出す-
System2の2つの弱点-System1のシグナルをSystem2に変換できるか-
Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-
Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-
System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-
複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-
時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-
人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-
不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-
プライミング効果とは何か-賢くなる上でとても大切な連想能力-
プライミング効果を英語学習に生かす
3分で理解する財務諸表-賢くなるためのプライミング効果活用例-
人間が連想能力を持つ理由-進化の過程で身につけた人類繁栄のための知恵-
プライミング効果による、言葉や表情と気持ちや行動意欲との結びつき
確証バイアス(Confirmation Bias)とは-自己肯定や社会肯定の根幹-
社会の末期では確証バイアスは我々を地獄に落とす
人間の行動は信じることから始まる?-自ら信じられることを能動的に探すことが大切-
人間の行動は信じることから始まる?-教養は人間社会で豊かに暮らすための道標-
確証バイアスと医者-誤診の裏に自信あり-
アンカリング効果とは-プロにも働く強大な力-
アンカリング効果と洗脳-信頼できる情報を積極的に取得せよ-
アンカリング効果の認知心理的プロセス
アンカリング効果に潜む二つの要因-不確かさはアンカリングを助長する-
ランダムなアンカーの魔力-どんなものにも人は意味を見出す-
「安く買って高く売る」の解釈とアンカリング効果
後知恵バイアス(Hindsight Bias)とは-不当な評価の温床はここにあり-
後知恵バイアス×権威とモラルの問題
Cognitive Easeとは-System1が生み出す安らぎとリスク-
単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-
単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-
単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-
株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-
実力を運と勘違いする-慢心を防ぎ自らを成長させるための心構え-
Domain Specificityとは-人間は何と非合理なのか!-
人間の本質を満たすために、人間は本質を考えるのが苦手である
No skin in the gameの許容-Domain Specificityの無視が引き起こす問題-
Skin in the gameとは-信頼度を測る最適な指標-
Planning Fallacyとは-何故残念な計画が沢山存在するのか-
改善されないPlanning Fallacy-計画の目的はプロジェクトをスタートさせること-
Norm理論とは何か
英語学習のちょっとしたアドバイス-背景を知ることが大切-
因果関係を知りたがる気持ちは生まれつき備わっている
人間は可能性をリアルさで捉えてしまう
想像するリスクと実際のリスクとの間には大きな隔たりがある
リスクに対するリアルさを形成する要因-Availability heuristicと好き嫌い-
人はリアルさでリスクを評価する-地震保険加入比率で見るリスク管理の傾向-
人間の重大な欠陥-時が経つにつれて可能性とリアルさとのギャップが広がる-
平均回帰の無視-客観的事実を無視して直近を将来に当てはめる-
歯のケアと想定外-日常的なものからリスク管理を見直す-
帰納とリスク-不確かな分野で歴史を未来に当てはめてはいけない-
少数の法則とは何か-人は大数の法則を無視する-
少数の法則が私たちに与える影響-コイントスと投資ファンド-
仮定がおかしな結果は無意味-統計結果に対する最低限の心構え-
リスクとDomain Specificity-リスクを考える分野、考えない分野-
心理学の知識を詰め込んでも、投資心理をコントロールできるわけではない
疑う気持ちが情報に対処するための一番の基本
終わりよければすべてよし
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその1
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその2
System2からSystem1にもっていく

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲