単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-

   こちらの記事単純接触効果を活かした学習がどういったものかを、私の経験を例にあげて紹介しました。 作戦は非常に単純で、「繰り返しによって学習に対してポジティブなイメージを持ってから質や効率を求めていく」というものでした。


   一方で世の中は効率化、最適化というものに主眼を置いています。 そう考えると単純接触効果を活かす学習というのは、効率化や最適化には背いたものとなっています。


   しかし私たちが今でもしっかりと覚えていることを思い出すと、実は繰り返しによって覚えていったものばかりです。 しかも効率的に学習するよりも、繰り返し量をこなして学習した方が楽な気持ちで臨めるのです。

小学校の頃の勉強を思い出す

   単純接触効果を学習に活かすことが効果的なのは実は誰でも知っていることなのです。 何故なら私たちが小学生の頃に散々経験させられたからです。


   小学生時代の勉強、特に毎日出された宿題のことを思い出してみてください。 とにかく問題を繰り返し繰り返し解かされていましたよね。


   計算ドリルにある二ケタ同士の掛け算や分数の足し算引き算などをひたすら解いたり、新しく習った漢字をノートに何十回も書いたり。 九九の暗記なんかは、何十回も何百回も暗唱しましたよね(特に7の段)。


   よくよく考えてみると、小学生のころはひたすら反復練習によってスキルを習得してきたことに気づきます。 しかも反復練習によって覚えた小学生のころの内容は大人になっても忘れないもの。


   一方で小学生時代ほどの反復練習を行わなくなってしまう高校生のときに習った内容は、大人になると忘れてしまうもの。 教科書を読み直しても内容を覚えていなかったり、解き方がまったく思い出せなかったり。


   そう考えると、どれだけ繰り返し学習するかが学習の本質のように思えてきます。


   小学生の頃に学習した内容を忘れないのは、学ぶ内容が簡単なのとこの頃は一番頭が柔らかくてすぐに知識を吸収しやすいからだと思う人もいるかもしれません。


   しかし私は大人になって本格的に勉強した英語を忘れていません。 大学の数学科に入り、真っ先に何回もやらされた学生が最初に苦しむ関門「イプシロンーデルタ論法」という証明方法を今でも忘れていません。


   これらに共通するのは、ともに繰り返し繰り返し行ってきたから。 嫌と言うほど繰り返し行ってきたことにより、忘れようと思っても忘れられないのです。


   英語や難しい数学などは確かに慣れるまでは時間が掛かります。 小学校の頃の問題ほど単純ではないですから。


   しかしそれでも時間を掛けて繰り返し行うことによってだんだんと慣れていくもの。 結局基本はまったく同じなのです。


   私たちは体を使うものは何回も繰り返し練習することによってスキルを習得できることを知っています。 自転車の乗り方、サッカーのリフティング、縄跳び、料理、それにゲーム(特に格闘ゲーム)だってそうです。


   これは頭を使う知的な物事にだって共通して当てはまるのです。 「習うより慣れろ」はあらゆる場面で垣根を越えた原則だということを認識することが大切です。

効率を求めることと楽を求めることはオフセットの関係

   私はこれまでに受験勉強や英語、読書、本サイトの記事作成などいろいろなことを経験してきました。 その中で思ったのは、「効率を求めることと楽を求めることはオフセットの関係である」ということです。


   私たちは効率と聞くと何となく「楽そう」というイメージを持ってしまいがちです。 しかし効率を求めることはイメージと真逆で、いつも以上に意識的に頭を使う必要があります。


   効率を求めることは時間をギュッと凝縮することです。 大きい容器と小さい容器にそれぞれ同じ量の塩を入れた後に、容器がいっぱいになるまで水を入れましょう。 そうすると大きい容器の塩水は薄いですが、小さい容器の塩水は濃いですよね。


   塩を必要な仕事、容器の大きさを時間と考えれば、効率を求めることはより小さい容器で作業を行うことです。 つまりより濃度の大きいタスクをこなす必要があるわけです。


   こうしたイメージを持てば、最初から効率を求めることがいかにハードルが高いかどうか何となくイメージできるのではないでしょうか。


   逆に繰り返し学習して量をこなすという方法はイメージ的にはものすごく大変なように思えます。 それは「量をこなす=100%の力でたくさんの量をこなす」とイメージしているからです。


   これは大きな勘違いです。 私は量をこなすことは大切だと言っていますが、質や効率は最初から求める必要はないと言っています。 正直最初は60%くらいの力でいけばいいと思っています。 60%でも大変だったらもっと力を抜いても構いません。


   量をこなす意義は、単純接触効果によって学習対象に親近感や好意を感じることです。 だから無理して質を追い求めようとしなくて良いですし、自分のペースで雑にこなせば良いのです。


   質をある程度妥協してさらに時間を分散すれば(つまり一度にすべてをやろうとしない)、自然と量をこなせるようになります。 するとそのうちだんだんと慣れて来て、少しずつ質を追い求めたいという気持ちが生まれてきます。 その段階で初めて質というのを考えれば十分です。


   最後に重要な2点をまとめておきます。 一見直感に反するようですが、これが人間の性質なのです:


  • 大きな負担になるのは量をこなすことではなく、質や効率をいきなり求めることである
  • 少々雑でも量をこなすことで単純接触効果が働き、学習に対する前向きな気持ちが生まれる

プロセスなんてどうでもいい

   単純接触効果を活かして学習するのは、一見泥臭くてガキ臭く感じられるかもしれません。 大人なら誰しも、知的にスマートに物事を行いたいもの。 その方がなんか"大人流のやり方"みたいに感じてしまいます。


   しかし私たちが学習する目的は新しい知識を取り入れることです。 そして知識を取り入れることで仕事に活かしたり、自分の世界観を広げたいからです。


   学習の目的を考えれば、学習のプロセスなんて正直どうでもいいことなのです。


   人は他人を評価するときはプロセスなんて目もくれず、結果だけで判断してしまいがちです。 にも関わらず、自分が何か行うときにはなぜかプロセスにめちゃくちゃ翻弄されてしまっています。


   むしろ私は逆の方が一理あると思っています。 つまり「他人を真に評価するためにはプロセスを見る必要があるが、自分が行動を起こす際はプロセスを気にしすぎてはいけない


   私が高校を中退しても独学で東工大に合格できたのも、ニュースレベルの英語を理解できるようになったのも、すべて繰り返し学習したから。 圧倒的な量をこなして繰り返し地道に行ってきたからです。 そこに最初から明確なプロセスがあったわけではなく、やっていく中で自然と自分流のプロセスが出来上がっていったのです。


   世に溢れる効率的な方法論をひたすら調べて頭を悩ますよりも、とっとと何かを始めてひたすら量をこなす方がよっぽど時間効率も良いし、精神衛生上も最も良いのです。

関連リンク

   ・単純接触効果とは何か

   →単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-


   ・単純接触効果を学習に応用して自らのレベルアップに活かす

   →単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-


▲System1、System2関連記事一覧に戻る▲

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

System1、System2とは-人間心理の最も基本的な分類-
System2はSystem1の審査人-考えてみようスイッチでSystem2が動き出す-
System2の2つの弱点-System1のシグナルをSystem2に変換できるか-
Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-
Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-
System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-
複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-
時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-
人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-
不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-
プライミング効果とは何か-賢くなる上でとても大切な連想能力-
プライミング効果を英語学習に生かす
3分で理解する財務諸表-賢くなるためのプライミング効果活用例-
人間が連想能力を持つ理由-進化の過程で身につけた人類繁栄のための知恵-
プライミング効果による、言葉や表情と気持ちや行動意欲との結びつき
確証バイアス(Confirmation Bias)とは-自己肯定や社会肯定の根幹-
社会の末期では確証バイアスは我々を地獄に落とす
人間の行動は信じることから始まる?-自ら信じられることを能動的に探すことが大切-
人間の行動は信じることから始まる?-教養は人間社会で豊かに暮らすための道標-
確証バイアスと医者-誤診の裏に自信あり-
アンカリング効果とは-プロにも働く強大な力-
アンカリング効果と洗脳-信頼できる情報を積極的に取得せよ-
アンカリング効果の認知心理的プロセス
アンカリング効果に潜む二つの要因-不確かさはアンカリングを助長する-
ランダムなアンカーの魔力-どんなものにも人は意味を見出す-
「安く買って高く売る」の解釈とアンカリング効果
後知恵バイアス(Hindsight Bias)とは-不当な評価の温床はここにあり-
後知恵バイアス×権威とモラルの問題
Cognitive Easeとは-System1が生み出す安らぎとリスク-
単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-
単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-
単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-
株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-
実力を運と勘違いする-慢心を防ぎ自らを成長させるための心構え-
Domain Specificityとは-人間は何と非合理なのか!-
人間の本質を満たすために、人間は本質を考えるのが苦手である
No skin in the gameの許容-Domain Specificityの無視が引き起こす問題-
Skin in the gameとは-信頼度を測る最適な指標-
Planning Fallacyとは-何故残念な計画が沢山存在するのか-
改善されないPlanning Fallacy-計画の目的はプロジェクトをスタートさせること-
Norm理論とは何か
英語学習のちょっとしたアドバイス-背景を知ることが大切-
因果関係を知りたがる気持ちは生まれつき備わっている
人間は可能性をリアルさで捉えてしまう
想像するリスクと実際のリスクとの間には大きな隔たりがある
リスクに対するリアルさを形成する要因-Availability heuristicと好き嫌い-
人はリアルさでリスクを評価する-地震保険加入比率で見るリスク管理の傾向-
人間の重大な欠陥-時が経つにつれて可能性とリアルさとのギャップが広がる-
平均回帰の無視-客観的事実を無視して直近を将来に当てはめる-
歯のケアと想定外-日常的なものからリスク管理を見直す-
帰納とリスク-不確かな分野で歴史を未来に当てはめてはいけない-
少数の法則とは何か-人は大数の法則を無視する-
少数の法則が私たちに与える影響-コイントスと投資ファンド-
仮定がおかしな結果は無意味-統計結果に対する最低限の心構え-
リスクとDomain Specificity-リスクを考える分野、考えない分野-
心理学の知識を詰め込んでも、投資心理をコントロールできるわけではない
疑う気持ちが情報に対処するための一番の基本
終わりよければすべてよし
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその1
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその2
System2からSystem1にもっていく

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲