ECBが欧州の銀行に対する不良債権処理への取り組みを強化


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.98]反転近い?石油市場と今後のリスク(配信日: 2019/11/12)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

ECBが欧州の銀行に対する不良債権処理への取り組みを強化

2016/09/13
【ブルームバーグ】ECB、銀行不良債権処理で指針-先送り姿勢の決別

 

 欧州の中央銀行であるECBが12日に不良債権処理に関する指針案を公表しました。欧州の銀行が不良債権問題にしっかりと取り組むようにECBが相談にのってあげたり協力してあげると言っているわけですね。

 

 別の表現をすれば、ECBが欧州の各銀行に対し、薄気味悪い笑みを浮かべながら「不良債権問題、何とかしてね。」と最後通牒を投げかけている、そんな風に言えるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 欧州の銀行は現在、不良債権問題という爆弾を抱えています。ブルームバーグの記事によると、ユーロ圏で合計1.1兆ユーロ程度もの不良債権の存在が疑われているとのこと。これはユーロ圏のGDPの約6.8%にも上ります。

 

 GDPの6.8%もある不良債権問題に対し、ECBが欧州の各銀行にに何とかしろと言っているわけですから、インパクトは物凄く大きいと考えられるわけです。しかも不良債権問題に着手することで新たな不良債権が見つかることも十分考えられるわけですから。

 

 こちらからECBによる指針案の原文を読むことができます。

 

 原文を読んだ印象として、"timely manner", "stronger focus on the timeliness of provisions and write-offs"といった「タイムリー」という言葉が目立ちます。不良債権から生じる損失の会計上の先送りや会計トリックの使用はもはや許されないという気持ちの表れでしょうか?

 

 EU諸国の中で特に現在わかっている不良債権が多い国はイタリアです。8月20日号のThe Economist誌の記事によると、イタリアの不良債権総額は3,600億ユーロにも達するとのことです。これはユーロ圏の不良債権の約1/3に達します。またイタリアのGDPの20%に相当します。

 

 下図は欧州主要国+米国の不良債権総額の推移を表していますが、イタリアの不良債権の増加が著しいですね...

 

欧州主要国の不良債権額の推移

画像ソース:ドイツ銀行

 

 またイタリアの金融機関が抱える、ユーロ圏の金融機関からの資金借入額が3,270億ユーロと近年で最高水準を超えてきました。

 

 ユーロ圏の金融機関同士の資金のやりとりのアンバランス性は金融危機の前兆を示す重要な指標なようで、こちらを見ると2015年以降、再びアンバランス性がどんどん顕在化してきていることが伺えます。リンク先のグラフを見る限り、その主役はドイツ、スペイン、そしてイタリアですね。

 

 主役の一人であるイタリアが、ここ最近さらにアンバランスの度合いを大きくしてきたというわけです。

 

 あとそうそう、イタリアは不良債権問題で一躍脚光を浴びた、現存する世界最古の銀行であるモンテ・パスキのCEOが不正会計に関与したとの疑惑で、現在当局からの調査を受けているんでしたっけ...

 

 他にもEU離脱を支持する反体制派の五つ星運動の飛躍や、憲法改正の是非を問う、事実上の大統領の信任投票である国民投票が今年に行われる予定など、政治的にもイタリアはすごいことになっていますからね。いやいやまったく困ったものだ...

 

 イタリアが間違いなく現在欧州の中で最も「いつ爆発してもおかしくない爆弾」が顕在化している国ですが、他にもドイツ銀行の破綻の噂など、EU全体が不透明感に満ちています。そこに今回のECB主導の不良債権問題の取り組み強化ですから、またどこかしらの導火線に火がついてしまいましたね。

 

 率直に言えば、近々欧州では金融業界のメルトダウンが起こってもおかしくないのでないでしょうか。

 

 欧州で金融業界のメルトダウンが始まった後に待ち構えるのは、ベイルイン。ベイルインとは金融危機が起こり銀行の破綻リスクが顕在化したときに、いままでのように税金を投入して救済するのではなく、まずは銀行の"投資家たち"(株式保有者、債券保有者、さらには預金保護の上限を上回る額を預金している預金者まで!)の資金を銀行救済資金に充てなさい、そんな金融措置のことです(→参考)。今年の1月から欧州で正式に導入され、欧州は新世界に突入したのです。

 

 銀行の救済のために、預金者(特に金融知識に疎い中間層・富裕層)の預金が使われてしまうかもしれない。こんな状況、考えただけでもゾッとしてしまいますが、そんなことが現実味を帯びてきているのです。

 

 実はイタリア政府は今夏にモンテ・パスキの不良債権問題が明るみに出たときに、EUが定めたベイルインに反対するスタンスをとりましたが、EU側はイタリアに対しあくまでベイルインを順守するように釘を刺した経緯があります(→ソース)。

 

 この点を踏まえると、今回のECBの決定はEUに楯突いたイタリアへの報復措置という側面ももしかしたらあるのかもしれません。

 

 いずれにしても、欧州の現実やこれから近々起こりそうな出来事を考えると、とてもじゃないですが少なくとも通貨ユーロを保有しておくのは賢明ではなさそう....

 

 今後の欧州には注目せざるを得ません。

 

→[PR]The Economistで一週間の世界の経済・金融・ビジネスニュースをじっくりまとめ読み。管理人アボカドまつりも購読5年目突入!

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

しぶとい米国
新興国通貨は下がる余地あり
米中貿易戦争本格化「前」にすでに悲鳴をあげる世界経済
土俵際の米中経済
最近危険性がやけに報じられるようになった「レバレッジドローン」
米国長期金利のこれまで・これから_2
米国長期金利のこれまで・これから
新興国相場崩壊本格化へ、ドル離れも進む
トルコ・ショックは欧州危機を誘発する?
中国金融の酷い状況は中国人民銀行のバランスシートを見るとよくわかる
中国政府は究極の二択に迫られる(ただし本質的結末は同じ)
中国高インフレ化のスイッチが押された
[2018/05/31]EUは新たな「シャドーバンキングスキーム」を通じて不良債権削減を目指す2
[2018/05/29]EUは新たな「シャドーバンキングスキーム」を通じて不良債権削減を目指す
[2018/05/18]中国鉄鋼過剰生産とシャドーバンキング崩壊阻止
[2018/04/18]Fed副議長の後任クラリダ氏「ポール・ボルカーは私の英雄の一人だ」
[2018/04/06]中国の「大豆」カード切りは「覚悟を決めた」ということ
[2018/02/22]まだまだ過小評価気味の利上げ加速規模
[2018/01/25]中国、資本流出規制を強化したら不動産バブル過熱を華麗にアシスト
[2018/01/19]ビットコイン価格だけでなく、金属価格のカギも握る中国
[2017/12/22]市場は低インフレと緩やかな金融引き締め政策の継続を見込んでいるが
[2017/12/12]中国金融状況をIMFの報告書から確認してみた
[2017/10/25]IMFの国際金融安定性報告書(GFSR)を読んでみた
[2017/10/18]デリバティブ市場に影響必至なハード・ブレグジット、英米のLIBOR離脱への動き
[2017/09/19]銀行業界の労働量は今後5年で3割機械に置き換わる。しかしそれでは終わらない
[2017/09/07]北朝鮮問題を軸に経済再構築中の米国・北朝鮮・中国
[2017/09/04]米国生命保険会社が抱える爆弾:もし金利が長期的に上昇すれば...
[2017/08/09]米国の対ロ制裁強化法は米ドル離れの流れを決定付けるだろう
[2017/07/31]電気自動車普及の流れ。原油需要はまだ伸びるが産油国にとっては絶望
[2017/07/27]欧州系アルファベット組織の発言にはご用心
[2017/07/21]湾岸金融クライシス勃発懸念...カタール、UAE
[2017/07/18]30年以上続けてきた金融政策維持に暗雲立ち込めるサウジアラビア
[2017/05/31]米国経済発展を阻害する学生ローンと自動車ローンの現状
[2017/05/25]米国の救いのない未来を暗示する予算教書の中身
[2017/04/17]トランプの「中国は為替操作国ではない」発言はただの芝居
[2017/04/06]調べてみた_中国の中央銀行によるデジタル法定通貨発行への動きなど
[2017/04/01]円高ドル安フラグ。短期国債市場の動きとトランプ政権の為替操作認定新方式づくりの動きから
[2017/03/11]ビットコインの中核技術は人類の歴史を変える比類なきポテンシャルを持つ
[2017/03/02]中央銀行国際金融システムに対立する言動が表立ってきている
[2017/02/12]人民元国際化の進展。中国は不動産バブルを壊して市場をクリーンにする必要がある
[2017/01/17]金融危機勃発懸念のあるトルコの経済・金融指標を調べてみた
[2016/12/29]2017年以降、欧州銀行の不良債権処理が本格化しそう
[2016/12/27]米国の財布事情から見る、トランプ政権がやらなければならないこと
[2016/12/19]Fedは利上げ。トランプ政権の経済政策はどうなるのだろう...
[2016/12/13]ロシアが原油をコアとした経済基盤の構築を着々と進めている
[2016/11/24]12月のFOMCによる利上げ判断をFedが被る責任の大きさの観点から考えてみた
[2016/10/08]欧州・日本の銀行セクターの絶望的な未来
[2016/09/28]ドイツ銀行の破たん懸念増幅・時間の問題となった欧州危機の再来
[2016/09/13]ECBが欧州の銀行に対する不良債権処理への取り組みを強化

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲