aaa MbSの大ばくち?

MbSの大ばくち?


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

MbSの大ばくち?

2019/09/11

 

 小記事です。本日は9.11同時多発テロ事件から丸18年ですね。

 

 ということでサウジアラビアについて緩めの記事を書きました。9.11テロとは関係ありません。

 

 

 サウジアラビアにおけるエネルギー分野をめぐる人事がすごいですね。

 

 以下、日経の記事からです。
[2019/09/08 日本経済新聞]サウジ、エネルギー相を解任 後任はアブドルアジズ王子

 

  • サウジアラビア国営放送は8日、ファリハ・エネルギー相が解任され、後任にサルマン国王の息子であるアブドルアジズ・ビン・サルマン王子が起用されると報じた
  • ファリハ氏は今月、国営石油会社サウジアラムコの会長職から解任されたばかり
  • 石油テクノクラートが務めてきたエネルギー相のポストに王族が就くのは建国以来初めて
  • アブドルアジズ王子は実力者ムハンマド皇太子の異母兄弟にあたる。
  • サウジは8月、エネルギー産業鉱物資源省をエネルギー省と産業鉱物資源省に分離した
  • アラムコ会長後任にはムハンマド皇太子の信頼が厚い政府系ファンド総裁のルマイヤン氏が起用された

 

 これらから直ちに次のことがわかります。

 

  • ムハンマド皇太子(MbS)がエネルギー相とアラムコCEOという、サウジ経済にとって根幹をなす人物を身内や親しい人物で固めたこと
  • 事実上のファリハ氏の追放であること

 

 エネルギー相のポストに建国以来初めて王族が就くことに加え、伝統的に同一人物が兼務してきたアラムコ会長とエネルギー相のポストが分断されたという、異例ずくめの人事でした。

 

 アラムコ会長とエネルギー相が分断され、MbSの身内や親しい人物で固められたことにより、エネルギー分野の権限をMbSが一手に握ることになります。

 

 MbSは国防大臣を兼務しているため、今回の人事でMbSは軍とエネルギー(経済)を事実上掌握することとなりました。

 

 MbSを事実上のトップとする専制国家体制がいよいよ本格化するのでしょう。

 

 

 以下、事実上追放されたファリハ氏について少し述べておきます。

 

 ファリハ氏は1979年にサウジアラムコに入社し、以来今回サウジアラムコ会長職を解任されるまでの40年間、サウジアラムコに籍を置き続けてきた人物でした。途中CEOも務めています。

 

 ファリハ氏はサウジアラムコの最重鎮であり、アラムコの内部を隅々まで熟知している人物だったわけです。

 

 ファリハ氏は2016年5月にサウジアラビアのエネルギー産業鉱物資源大臣に就任しました。このとき、以前の「石油省」が「エネルギー産業鉱物資源省」へと名称変更しています。

 

 (今回のサウジ政府改革により、エネルギー産業鉱物資源省は「エネルギー省」と「産業鉱物資源省」に分離しましたから、ファリハ氏は唯一のエネルギー産業鉱物資源大臣ということになります。)

 

 ファリハ氏は大臣就任後からわずか7ヵ月で、OPEC加盟国と非加盟国が協調減産で合意し、その後の原油価格の上昇を下支えすることになりました。

 

 協調減産で各国が合意に至った背景には、OPEC最大の産油国であるサウジアラビアが、それまでのシェア維持から価格安定へと戦略転換したことの影響が大きかったと言われています。

 

 石油投資家目線でみれば、ファリハ氏は低迷していた原油価格を上昇に導いた功労者とみなせます。

 

 ファリハ氏は、MBSが推し進めたいサウジアラムコのIPOに反対の立場だったとされています。
[2019/09/04 Teller Report]Aramco and the silent battle in Saudi Arabia .. Why bin Salman abandoned Khalid al-Falih?

 

 これが事実であれば、アラムコのIPOを成功させ世界からの注目を集めるとともに、IPOで調達した資金を脱石油依存経済構築のために利用し、「ビジョン2030」を成功に導きたいMbSにとって、ファリハ氏は邪魔な存在となります。

 

 昨年10月以降、原油価格が趨勢的な下落を続け、ファリハ氏の功績が色あせてきため、このタイミングでMbSはファリハ氏を解任したのでしょう。

 

 

 ファリハ氏は協調減産の合意を導いた重要人物なのは間違いないですから、彼がポストを解任されたことで、原油市場にとってマイナス要因となる可能性があります。

 

 さらに今回の人事でMbSはアラムコへ介入しやすくなりましたから、アラムコのガバナンスに対する海外投資家の不安が増幅することは間違いありません。

 

 今回の人事の結果、サウジの財政赤字が悪化することはもちろん、アラムコIPOにも影を落とすこととなり、脱石油依存社会の構築計画が水泡と化す可能性があります。

 

 そうなれば、サウジアラビアが財政的に生き残る道はほとんどすべてなくなってしまいます。あるとすれば戦争を利用して原油価格を吊り上げることくらいでしょうか?

 

 今回のMbS主導の人事は、サウジアラビアの未来を占ううえでの大きな転換点であり、大ばくちとなりそうです。

 

 

 サウジアラビアの生き残りをかけたギャンブル、MbSは果たして勝てるのでしょうか?

 

 量的金融引き締めを8月1日に終わらせたFedですが、現在もMBS(住宅ローン担保証券)の保有残高を減らし続けています。

 

画像ソース: WOLF STREET

メルマガのご登録

不確実性が覆う時代、私と一緒に経済サバイバルされたい方はご登録ください。ご登録は無料です。



→メルマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

MbSの大ばくち?
10年後、世界地図から消えているかもしれない国
トランプが「本当にやろうとしていること」を考える_2
トランプが「本当にやろうとしていること」を考える_1
フランス革命前後期との比較でわかる、「AIによる人間支配」のシナリオ
AIネットワーク化と智連社会
貿易戦争と中東情勢緊迫化をつなぐものとは??
米国のシェールオイル増産停滞のスキを見て原油増産を企てるサウジアラビア
[2018/04/12]安全保障分野でも「国境なき組織」の弱体化が本格化している?
[2018/04/10]WTOを頭越しにすでに始まっている米中二国間交渉
[2018/03/29]データ中心時代の秩序形成には「世界的カオス」が欠かせない?
[2018/03/21]中国政府の規制強化とブラックストーンとの関係
[2019/01/14]プーチン「金正恩氏、朝鮮半島でゲームに勝利」(敗者:日本)
[2017/12/14]現金バラマキ政策を決定したサウジはバッドシナリオ進行中?
[2017/11/09]サウジは戦争を「回避」するために「戦争行為」発言をした?
[2017/11/07]ヒラリー・クリントン、もう闇を隠し通すのは無理そうだ
[2017/10/31]ギュレン運動を巡る対立が背景にある?ドイツ・EUがトルコへの資金提供カットへ
[2017/10/09]中東でますます本格化する米国・米ドル離れ
[2017/08/14]「中国は北朝鮮問題を外交的に解決するしかない」という弱み
[2017/08/11]どこか阿吽の呼吸を感じさせる米国と北朝鮮の緊迫状況
[2017/08/05]人工知能向け個人情報取得に邁進するモディ首相
[2017/07/25]米国単独覇権終了へ―世界大激動の過渡期突入は確定―
[2017/07/15]トランプ政権にしてやられたサウジアラビア
[2017/06/27]いよいよトランプの逆襲が本格的にはじまる...?
[2017/06/24]シリア情勢の回復進展の陰で動きの慌しいサウジ・イスラエル
[2017/06/12]カタール断交がテロ関連情報暴露の流れを生んでいる
[2017/06/08]カタール断交の陰にイスラエルあり
[2017/05/16][世界あるある探検隊]北朝鮮による核・ミサイル実験の前にはよく情報(諜報)関連の重大な事実が明るみに出るあるある(特にNSA関連)
[2017/05/11]フランスがソフトランディングする道筋は見えない
[2017/04/14]中国も米国も本心では対北朝鮮の全面戦争を行うつもりはなさそう
[2017/04/09]米国のシリア攻撃は戦後秩序解体の狼煙?
[2017/03/28]オバマケア代替法案の成立断念。米国が崩壊する道はもはや避けられなさそう
[2017/03/21]近々北朝鮮有事が勃発するかもしれない~世界大動乱時代の幕開け~
[2017/03/13]生き残りに必死なサウジアラビア...国際的地位は確実に衰退してきている
[2017/02/22]世界情勢振り返り。北朝鮮、フランス、トルコ
[2017/02/01]世界の動向メモ。為替問題、ドイツの動き、移民入国制限措置の隠された意味
[2017/01/13]トランプ政権はNATOの自滅を狙っているのかもしれない
[2017/01/06]鏡よ、鏡、鏡さん… ウィキリークスの本気。2017年は現代版グラスノスチが加速するかも
[2016/11/17]大きなうねりが進行中:ブレグジット、トランプの次は欧州
[2016/11/04]米国単独覇権の終焉:世界の情勢が目に見える形で変化している

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲