フランス革命前後期との比較でわかる、「AIによる人間支配」のシナリオ


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



  1. 2018/10/22[遅めの夏季休暇]2018年10月31日(水)~11月5日(月)は遅めの夏季休暇をとりますので、ブログの運営はストップします。お問い合わせは10月29日(月)までにお願いします。30日(火)以降のお問い合わせは11月6日(火)以降に返信致します。
  2. 2018/09/20[重要]2018年のある時点から、日本の海外送金環境がやや厳しくなっている可能性
  3. 2018/09/05(特にiPhone利用者向け)記事一覧ページに記事一覧が表示されない問題について
メルマガ最新号
  • [アボマガ No.24]日中のお金の取り扱いは滅茶苦茶だ(配信日: 2018/10/23)
  • [金のメルマガ No.8]消えかかるドル高材料、近づく金購入「ラストチャンス」(配信日: 2018/09/20)

→登録はこちらから

フランス革命前後期との比較でわかる、「AIによる人間支配」のシナリオ

2018/08/08

 

 AI革命とフランス革命の前後の期間を比較すると様々な分野で「大転換」が起こりそうだという点で共通している。「大転換」は、必ずしも喜ばしいものだけではない。科学革命、啓蒙時代を経て生まれた「科学万能主義」。これをほんの少し現代流にアレンジすると「AI万能主義」という化け物のような思想が簡単に生まれてしまう。啓蒙時代を生きたヴォルテールの警告を、深刻に受け止めなければならないだろう。

 

【アボマガ No.3】フランス革命前後期との比較でわかる、「AIによる人間支配」のシナリオの記事(一部)です。

 

記事全文をご覧になりたい方は「アボマガ」にご登録下さい。当記事のブログ公開日から早めにアボマガにご登録されると、期間限定サービスとして全文がメール配信されます。

 

スポンサーリンク

現在(AI革命前後)とフランス革命前後の類似点

 前回、啓蒙主義と智連社会の類似性について話しました。
[2018/08/04]AIネットワーク化と智連社会

 

 AIネットワーク化に向けた智連社会という社会像が、17-18世紀に広まった啓蒙主義を現代版に焼き直したように見えることを説明しました。

 

 しかし類似点はこれだけではありません。

 

 現在の世界は、様々な分野でフランス革命前後と似ているように思います。

 

 キーワードは「大転換」。

 

 

 簡単な例が経済分野。フランス革命前後にイギリスから産業革命が始まり、工業化が進んで農耕社会から産業社会に大転換しました。

 

 現在はAI革命により、産業革命に続く歴史的な経済革命(第4次産業革命、第5次産業革命)起こりそうな状況です。

 

 産業化で生まれた、いままで人間が従事してきた繰り返しを伴う機械的プロセスが、AIによるビッグデータの分析を通じて自動化されていきます。

 

 産業革命と同じように世界的な職の大転換が起こるとともに、「言われた作業をきっちりこなせる人材」→「AIを活用して創造的な作業を自主的にこなせる人材」へと、必要な人材もシフトしていくのでしょう。

 

 

 科学分野も転換が進んでいるようです。

 

 17世紀科学革命以降、天文学、物理学、化学、生物学といった各専門分野が発展し、フランス革命後も電子、光子といった素粒子の発見などで同じ分野でも研究対象がますます微細化したり、各分野の分化がますます進んでいきました。

 

 しかし20世紀以降は各専門分野の垣根を越えた科学の統合を目指す動きも出始めており、これまでの専門分野の分化とは真逆の動きが強まっているようです。

 

 通信工学と制御工学を融合し、生理学、機械工学、システム工学を統一的に扱うことを意図して作られたサイバネティックス(人工頭脳学)は一つの例です。

 

 また人間と機械の融合についても研究開発が進んでいます。

 

 例えば「電子タトゥー」。皮膚上に作られた小さな電子回路(バイオウェアラブル)を通じて、心拍数や体温などの生体情報とスマホ等のデバイスが繋がるようになります。

 

 電子タトゥーを通じて生体情報を医師に伝送して治療や治療後の容態管理、病気の予防に活かすという医療分野での応用だけではありません。

 

 各個人固有の生体情報をIDとして活用することで車のロック解除や決済等への応用も考えられているようです。

 

 電子タトゥーは「人間→機械」方向への生体情報の伝送手段として使われるようですが、「スマートダスト」を使って「人間⇔機械」という双方向で情報やりとりし、体内の情報を制御することも考えられているようです。

 

 例えば、神経を伝わる電気信号を読み取り(人間→機械)、電気信号を変更するようなプログラムをスマートダストに送って(機械→人間)、神経疾患を緩和させるといったことが考えられています。
【2017/12/01 ダッソー・システムズ】【スマートダスト】将来大きな影響力を持つイノベーションのサイズが微小である理由とは

 

 また米国防省傘下のDARPAは2015年に、全身マヒの55歳の女性がF35戦闘機の操縦法を習得したという研究結果を発表しました。

 

 この女性の大脳にはチップが埋め込まれ、チップを通じて女性の思考がF35戦闘機の制御機構に伝わり、思考だけでF35戦闘機の操縦が出来たようです。
[参考書籍]ペンタゴンの頭脳 世界を動かす軍事科学機関DARPA

 

 このように「体内埋め込み技術」の進展という形で、人間と機械の融合が進んでいます。

 

 科学分野において「分化→融合」へと大転換しているのが現在といえます。

理想は逸脱するためにある...AIが「神」となる日

 最後に、AI革命が進んだときに智連社会の理想どおりに人間中心社会が実現するのか、ちょっと考えてみましょう。

 

 啓蒙時代、フランス革命を経て、ヨーロッパのみならず世界中に民主主義が広まりました。

 

 しかし一方で、科学の進歩や知識・理性の活用の重要性が訴えられた結果、科学万能主義が生まれました。

 

 世界を完全に知ることは可能であり、世界を人間の目的に応じて変えることができ、さらには人生の目的自体が世界についての知識から導き出されるという思想です。

 

 一言で言えば「科学に基づく真が善を生み出す」という考え方です。

 

 科学万能主義の言葉をちょっと変えるだけで「AI万能主義」が生まれます。

 

  • 科学→AI
  • 世界→物理空間・サイバー空間が調和した世界
  • 知る→技術を使いこなす
  • 知識→データ・情報・知識

 

 こうすることで、「AI万能主義」は次のようになります。

 

 物理空間・サイバー空間が調和した世界を完全に技術的に使いこなすことは可能であり、

 

 物理空間・サイバー空間が調和した世界を人間の目的に応じて変えることができ

 

 さらには人生の目的自体が物理空間・サイバー空間が調和した世界についてのデータ・情報・知識から導き出される...

 

 「AIに基づく真が善を生み出す

 

 

 物理空間・サイバー空間が調和した世界についてのデータには何が含まれますか?

 

 我々の個人情報ですよね。

 

 つまり「物理空間・サイバー空間が調和した世界」には「我々の個人情報に基づく世界」が含まれているのです。

 

 「我々の個人情報に基づく世界」とは...

 

 それは「我々自身」ですよね。より正確に言えば「データを通じた、他人目線での我々自身」です。

 

 つまり、AI万能主義とは「AIが我々人間をコントロールする」思想となります。

 

 人間がAIを使いこなすどころか、AIが人間にとっての「神」となるのです。

 

 智連社会の大元のコンセプトである「人間中心の社会像」とは真逆の概念が、啓蒙時代後に生まれた科学万能主義の言葉をちょっと現代流にアレンジするだけで生まれてしまうのです。

 

 

 穏健派の啓蒙主義者の一人、ヴォルテールは次のような見方をしていました。

 

  • 理性は大きく進歩した。
  • しかしそれはごくわずかなエリート、「一握りの賢者たち」、
    現実の物事を理解することに熱心な少数者だけに限ったことである。
  • たいていの人間は愚かなままだ。
  • 何故なら、たいていの人間は自分自身で考えることよりも、
    何らかの権威を持つ者に指示されるほうを好むためだ。
  • こうした人間は人類の9割を占めている。
  • こうした人間は啓蒙されるに値しない連中である。

[参考書籍]精神の革命――急進的啓蒙と近代民主主義の知的起源

 

 ヴォルテールの見方が正しく、人類も当時から大して進化していないのであれば、人類の9割はAIの奴隷と化すことになります。

 

 もしAIの奴隷になりたくなければ、「自分自身で考えろ」ということです。

 

 それが、ウォルテールが現代の我々に与える警告です。

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、ゴールド、経済、世界、日本の真実をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

トランプが「本当にやろうとしていること」を考える_2
トランプが「本当にやろうとしていること」を考える_1
フランス革命前後期との比較でわかる、「AIによる人間支配」のシナリオ
AIネットワーク化と智連社会
貿易戦争と中東情勢緊迫化をつなぐものとは??
米国のシェールオイル増産停滞のスキを見て原油増産を企てるサウジアラビア
[2018/04/12]安全保障分野でも「国境なき組織」の弱体化が本格化している?
[2018/04/10]WTOを頭越しにすでに始まっている米中二国間交渉
[2018/03/29]データ中心時代の秩序形成には「世界的カオス」が欠かせない?
[2018/03/21]中国政府の規制強化とブラックストーンとの関係
[2019/01/14]プーチン「金正恩氏、朝鮮半島でゲームに勝利」(敗者:日本)
[2017/12/14]現金バラマキ政策を決定したサウジはバッドシナリオ進行中?
[2017/11/09]サウジは戦争を「回避」するために「戦争行為」発言をした?
[2017/11/07]ヒラリー・クリントン、もう闇を隠し通すのは無理そうだ
[2017/10/31]ギュレン運動を巡る対立が背景にある?ドイツ・EUがトルコへの資金提供カットへ
[2017/10/09]中東でますます本格化する米国・米ドル離れ
[2017/08/14]「中国は北朝鮮問題を外交的に解決するしかない」という弱み
[2017/08/11]どこか阿吽の呼吸を感じさせる米国と北朝鮮の緊迫状況
[2017/08/05]人工知能向け個人情報取得に邁進するモディ首相
[2017/07/25]米国単独覇権終了へ―世界大激動の過渡期突入は確定―
[2017/07/15]トランプ政権にしてやられたサウジアラビア
[2017/06/27]いよいよトランプの逆襲が本格的にはじまる...?
[2017/06/24]シリア情勢の回復進展の陰で動きの慌しいサウジ・イスラエル
[2017/06/12]カタール断交がテロ関連情報暴露の流れを生んでいる
[2017/06/08]カタール断交の陰にイスラエルあり
[2017/05/16][世界あるある探検隊]北朝鮮による核・ミサイル実験の前にはよく情報(諜報)関連の重大な事実が明るみに出るあるある(特にNSA関連)
[2017/05/11]フランスがソフトランディングする道筋は見えない
[2017/04/14]中国も米国も本心では対北朝鮮の全面戦争を行うつもりはなさそう
[2017/04/09]米国のシリア攻撃は戦後秩序解体の狼煙?
[2017/03/28]オバマケア代替法案の成立断念。米国が崩壊する道はもはや避けられなさそう
[2017/03/21]近々北朝鮮有事が勃発するかもしれない~世界大動乱時代の幕開け~
[2017/03/13]生き残りに必死なサウジアラビア...国際的地位は確実に衰退してきている
[2017/02/22]世界情勢振り返り。北朝鮮、フランス、トルコ
[2017/02/01]世界の動向メモ。為替問題、ドイツの動き、移民入国制限措置の隠された意味
[2017/01/13]トランプ政権はNATOの自滅を狙っているのかもしれない
[2017/01/06]鏡よ、鏡、鏡さん… ウィキリークスの本気。2017年は現代版グラスノスチが加速するかも
[2016/11/17]大きなうねりが進行中:ブレグジット、トランプの次は欧州
[2016/11/04]米国単独覇権の終焉:世界の情勢が目に見える形で変化している

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲