WTOを頭越しにすでに始まっている米中二国間交渉


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.99]一度破産した銘柄、破産寸前に見える銘柄(配信日: 2019/11/19)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

WTOを頭越しにすでに始まっている米中二国間交渉

【2018/04/10 ブルームバーグ】中国は「開放の新たな段階」と習主席、米中摩擦の中で演説

 

中国の習近平国家主席は10日、銀行から自動車製造まで多岐にわたるセクターを開放すると明言した。トランプ米大統領との貿易摩擦が強まる中、中国海南省で開催中の博鰲(ボアオ)アジアフォーラムで演説した習主席は、「冷戦思考」に回帰すべきではないと警告した。

 

習主席はアジアなどの政財界の要人が参加した同フォーラムでの基調演説で、中国が「開放の新たな段階」に入るとし、輸入拡大や製造業の外資保有制限緩和、知的財産権保護の強化を表明した。

 

習主席は、「人間社会は現在、開放か閉鎖か、前進か後退かという大きな選択を迫られている。今日の世界では、平和と協調のトレンドが前進しており、冷戦とゼロサムゲームの思考は時代遅れだ」と語った。

 今回、習近平国家主席は世界にむかって「さらなる開放路線」をアピールしていますが、知的財産権保護は強化する方針のようです。

 

 一方、現在米中で繰り広げられている輸入関税導入合戦。トランプ大統領は中国による米国の知的財産権侵害を最も憎んでいます。

 

 つまり、米中ともに「知的財産権の保護強化」で一致しているのです。知的財産に関しては両者保護主義的なのです。

 

 中国はこれまで、外国企業に対し、対中投資の条件として外国企業の技術を中国企業に移転するよう強制してきました。これはWTOルールで認められていました。

 

 中国はこれまで、WTOルールの範疇で、トランプが言う「知的財産権侵害」を働いていたのです。

 

 しかし中国が先に公表した、米国に対する500億ドル規模の報復関税は、米国との事前協議なしに発表されたためWTO違反であると言えます。
【2018/04/05 日経ビジネス】中国の報復関税はWTO違反だ

 

 それから時間が経たないうちに、習近平国家主席は国際フォーラムの演説で知的財産権の保護強化方針を述べたわけです。

 

 よって中国は、WTOの傘のなかで先進国企業から知的財産を獲得していく有利な立場を自ら放棄しようとしているというわけです。

 

 それと同時にトランプの輸入関税導入という「保護主義的」「反WTO的」行動に正当性を与えているのです。何故ならトランプは「中国による知的財産権侵害」に対して最も怒っているのですから。

 

 習近平国家主席による演説の前日、トランプは「中国との交渉を通じ、知財侵害への対処や対中貿易赤字の削減策で譲歩を引き出せれば、関税発動を見直す構え」を示しています。
【2018/04/09】トランプ氏「中国と知財で取引成立する」 交渉解決に自信

 

 トランプの発言に呼応するかのように、習近平は知的財産権保護強化を打ち出したのです。こうした時系列の流れです。

 

 WTOを頭越しに、米中二国間通商交渉が、すでに始まっているのです。

 

 私には、日経が主張するような「(中国が)WTOを軸にした国際貿易体制の守護者」であるようには見えません。

 

 中国の「開放路線」には騙されないほうが良さそうです。

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

MbSの大ばくち?
10年後、世界地図から消えているかもしれない国
トランプが「本当にやろうとしていること」を考える_2
トランプが「本当にやろうとしていること」を考える_1
フランス革命前後期との比較でわかる、「AIによる人間支配」のシナリオ
AIネットワーク化と智連社会
貿易戦争と中東情勢緊迫化をつなぐものとは??
米国のシェールオイル増産停滞のスキを見て原油増産を企てるサウジアラビア
[2018/04/12]安全保障分野でも「国境なき組織」の弱体化が本格化している?
[2018/04/10]WTOを頭越しにすでに始まっている米中二国間交渉
[2018/03/29]データ中心時代の秩序形成には「世界的カオス」が欠かせない?
[2018/03/21]中国政府の規制強化とブラックストーンとの関係
[2019/01/14]プーチン「金正恩氏、朝鮮半島でゲームに勝利」(敗者:日本)
[2017/12/14]現金バラマキ政策を決定したサウジはバッドシナリオ進行中?
[2017/11/09]サウジは戦争を「回避」するために「戦争行為」発言をした?
[2017/11/07]ヒラリー・クリントン、もう闇を隠し通すのは無理そうだ
[2017/10/31]ギュレン運動を巡る対立が背景にある?ドイツ・EUがトルコへの資金提供カットへ
[2017/10/09]中東でますます本格化する米国・米ドル離れ
[2017/08/14]「中国は北朝鮮問題を外交的に解決するしかない」という弱み
[2017/08/11]どこか阿吽の呼吸を感じさせる米国と北朝鮮の緊迫状況
[2017/08/05]人工知能向け個人情報取得に邁進するモディ首相
[2017/07/25]米国単独覇権終了へ―世界大激動の過渡期突入は確定―
[2017/07/15]トランプ政権にしてやられたサウジアラビア
[2017/06/27]いよいよトランプの逆襲が本格的にはじまる...?
[2017/06/24]シリア情勢の回復進展の陰で動きの慌しいサウジ・イスラエル
[2017/06/12]カタール断交がテロ関連情報暴露の流れを生んでいる
[2017/06/08]カタール断交の陰にイスラエルあり
[2017/05/16][世界あるある探検隊]北朝鮮による核・ミサイル実験の前にはよく情報(諜報)関連の重大な事実が明るみに出るあるある(特にNSA関連)
[2017/05/11]フランスがソフトランディングする道筋は見えない
[2017/04/14]中国も米国も本心では対北朝鮮の全面戦争を行うつもりはなさそう
[2017/04/09]米国のシリア攻撃は戦後秩序解体の狼煙?
[2017/03/28]オバマケア代替法案の成立断念。米国が崩壊する道はもはや避けられなさそう
[2017/03/21]近々北朝鮮有事が勃発するかもしれない~世界大動乱時代の幕開け~
[2017/03/13]生き残りに必死なサウジアラビア...国際的地位は確実に衰退してきている
[2017/02/22]世界情勢振り返り。北朝鮮、フランス、トルコ
[2017/02/01]世界の動向メモ。為替問題、ドイツの動き、移民入国制限措置の隠された意味
[2017/01/13]トランプ政権はNATOの自滅を狙っているのかもしれない
[2017/01/06]鏡よ、鏡、鏡さん… ウィキリークスの本気。2017年は現代版グラスノスチが加速するかも
[2016/11/17]大きなうねりが進行中:ブレグジット、トランプの次は欧州
[2016/11/04]米国単独覇権の終焉:世界の情勢が目に見える形で変化している

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲