海外送金用銀行口座は何が良い?


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

海外送金用銀行口座は何が良い?

初回公開日:2015/04/01
最終更新日:2018/12/18

 

 今回は海外への仕向送金(日本から海外への送金のこと)を行うための、おすすめ海外送金用銀行を紹介します。

 

 ※逆に「アメリカ→日本」にドル建て送金するときのおすすめの受取先金融機関についてはこちらで説明しています。

 

 日本から海外に送金を行うためには海外送金用の銀行口座を開設する必要があります。本サイトではアメリカの証券口座を利用した海外投資の準備を説明していますが、投資資金を海外に送金するためには銀行口座の開設が必須です。

 

 しかし銀行によって海外送金サービスは重要項目も含めて結構異なるため、何も知らないまま直感やフィーリングだけで口座を開設をすると、知らぬ間に高額の手数料を取られていたり、後で「こっちの銀行を開設すればよかった!」と後悔するハメに...

 

 そこで今回はまとまった額(大体20-50万円相当額以上)の海外送金を行いたい人向けに、海外送金サービスが優れている銀行を厳選してご紹介します。本記事ではまず厳選した銀行の選出理由を紹介し、次の記事で厳選した銀行の利便性、手数料の違いを比較していきます。

 

 各サービスの違いを比較された上で、皆さんにとって一番使いやすそうな銀行を選択してもらえればと思います。

 

 ※海外投資を行うための必要な準備全体を確認したい方はこちらの記事もご覧下さい。本記事はこちらの記事の「STEP1」に該当します。

 

 (→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧)

 

[極めて重要: 2018/12/18]

 現在、米国証券口座に送金するためには米国銀行口座の開設がほぼ必須となっているようです。


 海外送金が以前よりもやや厳しくなっているためです。米国証券口座のように、送金先が法人である海外送金を受け付けない日本の銀行が増えています。海外送金ができなかったとの報告を私は複数件受け取ってきました。


 原因は「マネーロンダリングおよびテロ資金供与防止対策の強化」のため、金融庁が各金融機関に行政指導してきた可能性が濃厚です。


 金融庁が公表している報告書の中身や、私がお問い合わせされた方々から受け取ってきた、海外送金を受け付けない銀行の言い分を突き合せると、金融庁の行政指導くらいしか原因が考えられません。


 2019年秋にIMFによる金融審査「第4次FATF相互審査」が実施され、この審査が無事通過するまではやや厳しい海外送金環境が続くものと思われます。要は少なくとも2019年末までは海外送金しにくい環境が続きそうであるというわけです。


 ※邦銀による国際送金処理の国際的な信用回復・維持が目的であり、日本国民に対する直接的な海外送金制限が目的ではないと思われます。この点は早とちりしないでください。


 ただし「米国の銀行口座への送金」は可能なようです。「送金先口座の口座名義人が自分自身」など、マネーロンダリングやテロ資金供与目的ではないと明確にわかる海外送金であれば受け付けているようです。


 米国の「証券口座には送金できなかった」が、「銀行口座には送金できた」という事例を私は受け取っています。


 詳細はこちらの記事をご覧ください。


 米国証券口座の開設を検討されている方はこちらの「EXTRA STEP:アメリカの銀行口座を開設する」も同時に行われることを強くおすすめします。


 

スポンサーリンク

 

海外仕向送金サービスが優れている銀行

 海外仕向送金サービスが優れている銀行として、本サイトでは次の銀行を紹介します。

 

  • ソニー銀行
  • 新生銀行
  • SMBC信託銀行プレスティア

 

 ※総合口座です。Goレミットではありませんので気を付けてください。

 

 他にも海外送金を行える銀行は沢山ありますが、その中でも上記銀行が特におすすめできる理由は次の通りです(赤字は特に重要だと考えるもの):

 

  • 総合的な送金手数料を安く抑えられるポテンシャルをもつ
  • 送金限度額が他行と比較して高く、海外送金の自由度が高い

 

総合的な送金手数料を安く抑えられるポテンシャルをもつ

 まず一つ目は総合的な送金手数料を安く抑えられるポテンシャルをもつことです。

 

 海外送金を行うためには送金手数料や為替手数料など、様々な手数料が掛かってしまいます。しかも総合的な手数料は送金額が増えれば増えるほど大きくなる特徴があるので、投資資金などまとまった額の送金を行う場合には銀行ごとの手数料の違いを把握することは極めて重要になります。

 

 どのくらいの手数料の差が生じるのかというと、送金額によっては選択した銀行の違いだけで数万円もの手数料の差がつくことも決して珍しくはないのです。

 

 数万円という巨額のコストはぜひとも抑えたいものですよね。ですから総合的な送金手数料を安く抑えることは銀行選びでとても大切となります。

 

 そこで手数料を抑えられるポテンシャルをもつ銀行はどこかと調べると、ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアが候補に挙がってくるのです。

 

 このうちソニー銀行と新生銀行は、海外送金に必要な操作である「両替」「送金」をすべてこれら銀行内で行う場合に最も総合的な手数料を抑えやすい銀行です。なかでもソニー銀行が最も安いです(米ドル送金時。その他外貨を送金する場合は新生銀行の方がお得になる場合あり)。

 

 よって手っ取り早く海外送金に必要な口座を用意したい場合は、ソニー銀行または新生銀行を利用するのが良いでしょう。

 

 もう一つはSMBC信託銀行プレスティアです。こちらは両替から海外送金まですべてを行おうとすると、総合的な手数料はかなり掛かってしまいます。

 

 しかしSMBC信託銀行プレスティアでは送金のみを行い、送金する外貨を取得するための両替を別のFX口座を利用して行えば、総合的な手数料を安く抑えるポテンシャルを持つのです。

 

 ちなみにFX口座を利用して両替を行う場合も、現在は実はソニー銀行が最も安くなりやすいです。最終的には手数料以外のサービス面も考慮しつつ、最適な銀行を選択してください。

 

送金限度額が他行と比較して高く、海外送金の自由度が高い

 ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアはいずれも送金限度額が他行と比較して高く設定されているため、海外送金の自由度が高い特徴があります。これは一見大したことがないように思えますが、個人的にかなり重要だと思っています。

 

 実はほとんどの銀行では海外送金額に限度額が定められています。銀行によっては1回100万円相当額まで、年500万円相当額までといった結構厳しい限度額が定められている場合があり、投資資金の送金や海外生活資金の送金などまとまった額の海外送金を行う場合に、規制により十分な送金ができないリスクがあります。

 

 ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアは下の表のように海外送金の送金限度額が高い、あるいは限度額なしなので、規制により十分な額の送金が出来ないリスクを減らし、自由に海外送金しやすいのです。

 

銀行 送金限度額
ソニー銀行

1回500万円相当額
→公式ページ

新生銀行

なし
→公式ページ

SMBC信託銀行プレスティア

1回300万円相当額
1日600万円相当額
→公式ページ

 

 送金限度額に関する海外送金の自由度の高さは、急いで海外送金したいときに規制により送金できないというトラブルを回避することにつながりますので、快適な海外送金を行い続ける上で非常に重要な要素だと考えています。

 

 送金上限額の高いソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアは、いずれも海外送金のトラブルを未然に防止するための重要な要件を満たしていると言えるでしょう。

 

 ※ただし現在、外為法により一度に3,000万円相当額以上の海外送金を行う際は「支払又は支払の受領に関する報告書」を提出する必要があります。面倒な事務手続きを行いたくない人は3,000万円相当額以下の送金を行うようにしましょう。

 

 →支払又は支払の受領に関する報告書
 →外為法第55条

 

**********

 

 このようにある程度まとまった額の海外送金を行う際に、ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのいずれかを選択されるのがベターかなと思います。

 

 それでは続いての記事でソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアとのサービスを比較していきましょう。利便性、手数料の両面で話していきます。

 

 →紹介した銀行ののサービス比較

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲