【Firstradeの使い方】Stop Limit orderの仕組みとその用途、リスク


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

【Firstradeの使い方】Stop Limit orderの仕組みとその用途、リスク

   今回は注文の一つであるStop Limit orderについてです。


   Stop Limit orderも長期投資家よりは投機家やトレーダーが主に利用する取引方法となるでしょう。 長期投資家は知らなくても良いかもしれません。


   Stop Limit orderもStop orderと同様に損切りに利用するのが主になるでしょうが、Stop orderと違いStop Limit orderでは一時的な下落に反応しなくメリットがあります。


   しかしStop Limit orderに頼ってしまうと長期的な下落によって大きな損失を被るリスクが増えます。 Stop Limit orderもStop orderと同様、使い方によっては皆さんに銃口を突きつけることになるので利用にはかなり気を付ける必要があるでしょう。


スポンサーリンク

Stop Limit orderの仕組みとその用途

   Stop Limit orderには次のような用途があります。


  • 自分で決めた売値付近で売り抜けや損切りをしたいが、急激な価格下落時にはある程度価格が回復するまで売りたくないとき
  • 上昇トレンドに乗り遅れたくないが、急激な価格上昇時には価格が落ち着くまで購入したくないとき

   基本的にはStop orderと似ていますが、大きな違いは急激な価格変動が起こった時には注文が執行されないことです。 これによりStop Limit orderでは短期的な株価の急変動には反応せず、価格が落ち着くまで売却や購入を待つことが出来るのです。


   上の用途を理解するために、Stop Limit orderの仕組みをStop orderと比較しながら見ていくことにしましょう。 まずはSell時です。


   Stop orderでは「Stop price」を設定することで、市場価格がStop priceを下回った時に売りが行われるのでしたね。


   例えば「エクソンモービルの株を1株70ドルで掴んで現在80ドルを超えているが、79ドル以下になったら売り抜けたいなぁ」という場合には、Stop orderでStop priceを「79」に設定すれば良かったのでした。


   しかし今回はさらに次のような願いがあったとしましょう。 「79ドルになったら売り抜けたいけど、78.5ドルを下回ったら下がり過ぎだから回復するまで売りたくないな...」


   このような願いがあるときにはStop Limit orderがあなたの願いをより叶えてくれます。


   Stop Limit orderでは「Stop price」に加えて「Limit price」も設定する必要があります。 Limit priceはStop price以下の数値を設定してください。


   上のような願いがあるときにはStop Limit orderでStop priceを「79」、Limit priceを「78.5」と設定しましょう。 そうすることであなたの願いが注文に反映されます。


   Stop orderの仕組みは次の通りです。 株価がStop price以下、ここでは79ドル以下になった瞬間にLimit orderに変わるのです。 Limit orderではLimit priceが必要ですが、これが上の例でいうところの「78.5」となるわけです。


Stop Limit orderによるSell注文の仕組み


   Sell時のLimit orderの仕組みはLimit price以上のときだけ取引が行われて、絶対にLimit price以下で注文が執行されるわけではなかったですよね。 このためStop Limit orderの注文が執行されるときは、上の例だと必ず1株あたり78.5ドル以上で取引が行われるのです。


   こうした仕組みによって、Stop Limit orderはStop orderと比べて、短期的な急落の後に回復するV字型のチャートに強いです。


   例えば下図のようなチャートのときに、Stop priceを8000に設定したStop Orderでは最底値の7000以下で売却されてしまい、損が膨らむ可能性があります。 しかしStop Limit orderにしてLimit priceを7500とすれば、最底値では売却されずに価格が7500を上回ってから売れるので、損は膨らまずに済みます。


Stop Limit orderはV字型チャートに強い


   このような違いがStop Limit orderとStop orderの一番の違いです。 短期的な価格変動は無視して、自分の定めた価格以上で確実に売り抜けや損切りをしたいときはStop Limit orderの方が役に立つでしょう。


   Buy時のStop Limit orderはSell時と考え方がひっくり返っただけです。


   例えば「いまAmazon株が1株560ドルだけれども、570ドル超えたら上昇トレンドに乗れそうだから購入しよう。だけど600ドル以上だと高すぎるから嫌だな」というときに使えます。 Stop priceを「570」、Limit priceを「600」と設定すればよいのです。


Stop Limit orderによるBuy注文の仕組み


   Stop Limit orderによるBuy注文もStop orderと同様に上昇トレンドに乗りそうな銘柄を購入する際に利用しますが、Stop orderと違って短期的な急激の価格上昇によって想像以上の高値掴みを防ぐ効果があります。


   なお長期投資家や逆張り投資家の方はStop Limit orderによるBuyを使用する意義は皆無でしょう。 株価のトレンドではなく、ファンダメンタルズが優良な銘柄を安値で仕込むのが彼らの仕事ですから。

Stop Limit orderの注意点、リスク

   Stop Limit orderの注意点、リスクについてです。 ここではSell時のStop Limit orderについてのみ説明します。


   Stop Limit orderのリスク、それは株価が急落後に反転上昇することを望んだけれども、結局反転せず大きな損を被るリスクです。


   Stop Limit orderは株価の一時的な下落を無視できるので、ちゃんと上のようにV字型に回復してくれたときは大きな力を発揮します。


   しかし株価が予想通りV字型になる保証はもちろんありません。 一時的だと思っていた株価の急落が一時的ではなく、その後も値動きが硬直したり下落し続ける場合だってもちろんあります。


   このような場合にはStop Limit orderは執行されないままであり、注文の期限を超えて注文はキャンセルされてしまい、売却できずに終わることになります。 こうなると株価の下がった銘柄を売り損ねて保有することになり、結局大損を出してしまうのです。


   特に下図のようにまずLimit priceを下回る急落が起こり注文を執行できなかった後に大暴落が起こってしまうと、大惨事を被ってしまいます。


Stop Limit orderによる大損リスク


   このような大惨事を防ぐために、Limit priceとStop priceとの差を広くすれば防御力は高まります。 しかし差を広げると今度は短期の下落に敏感になりやすく、V字型のチャートになるときに底値で売却をしてしまうリスクが増えることになります。


   このようにStop Limit orderはリスクコントロールが非常に難しい注文方法と言えます。 もしご利用になる際はくれぐれもこうした大惨事のリスクを考慮に入れて、慎重に利用してください。


   長期投資家の方はSell時もBuy時も、特別な理由がない限りはStop Limit orderを利用する必要はないでしょう。

各種注文タイプについて

   →Limit order

   →Market order

   →Stop order

   →Trailing Stop order

Firstradeの口座開設はこちらから!

   →Firstradeの口座開設方法

   →Firstradeで投資するために必要な準備をすべて解説


▲Firstradeの使い方Top▲


最終更新日:2015年12月1日

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲