aaa ユニオンバンク口座開設後にするべきこと

ユニオンバンク口座開設後にするべきこと


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

ユニオンバンク口座開設後にするべきこと

初回公開日:2015/04/01
最終更新日:2018/03/25

 

 今回はユニオンバンクの口座開設後にするべきこと、しておくとお得なことについて話していきます。

 

 ※もし皆さんの中で海外投資にちょっとでも興味のある方がいれば、こちらで海外投資を行うための必要な準備全体を説明しているので合わせてご覧下さい。
本記事はこちらの記事の「EXTRA STEP」に該当します。
 (→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧)

 

目次

 

ユニオンバンクカスタマーサービスに電話する

 まず皆さんにしてほしいこと、それはユニオンバンクのカスタマーサービスに電話をしてもらうことです。電話をしたら次の2つのことをオペレーターのお姉さんにお願いしてください:

 

  • オンラインバンキングの初期設定
  • ATMカードにデビットカード機能を追加

 

 まず初めに皆さんに朗報を。ユニオンバンクのカスタマーサービスは日本語対応ですので安心してください。日本人のお姉さんが出てくれるので、日本の銀行と同じ感覚で相談できます。

 

 電話はフリーダイアルと有料ダイアルの二つがあります。もちろんフリーダイアルの方で良いのですが、フリーダイアルは携帯からだと通じないので注意してください。フリーダイアルにどうしてもつなげない場合は、有料ダイアルを利用してください。
 →ユニオンバンク 日本語カスタマーサービス

 

【追記:2016/04/12】

 

 実際に口座を開設された方から、オンラインバンキングの初期設定は電話せずとも自力で出来るとのことでした。ユニオンバンクのトップページにある「Enroll In Online Banking」から設定できるそうです。

 

 まずは皆さん自身でトライしてみて、どうもうまく行かない場合にカスタマーサービスに電話されてみてください。

 

オンラインバンキングの初期設定

 それではカスタマーサービスに電話して処理してほしいことについての説明です。

 

 まずはオンラインバンキングの初期設定です。

 

 ユニオンバンクも、当然ながら日本の銀行と同じようにオンラインバンキング(インターネット上の銀行サービスの個人ページ)があります。口座の入出金履歴の確認や明細書の確認・取得等が出来ます。使えるに越したことはないので、ぜひ設定してください。

 

 多くの人はオンラインバンキングの初期設定を行うために、わざわざカスタマーサービスに電話をすることに違和感があるかもしれません。実は普通の銀行とは違って、ユニオンバンクでオンラインバンキングを利用可能にするためには電話しないとダメみたいなのです。

 

 実際私は最初にカスタマーサービスに電話をせずに、何度も自分でオンラインバンキングの設定をしようとしたのですが、途中から手続きを進めることは出来ませんでした。

 

 そのため、ユニオンバンクに電話してオペレーターのお姉さんにオンラインバンキングの設定をしたいと伝えてください。具体的な設定方法を手とり足とり教えてくれますので、お姉さんの指示通りに設定してください。

 

 設定を行う上で気を付けてほしいことがあります。途中でパスワードや秘密の質問を登録したりしますが、パスワードや秘密の質問を忘れないように電話を掛けている最中にパスワードや秘密の質問の答えをどこかにメモしておいてください。

 

 カスタマーサービスに電話をしながらの作業になるので、人によってはオペレーターを待たせてはいけないと思って急いで登録を済ませようとするかもしれません。それで焦ってパスワードや秘密の質問を忘れてしまっては元も子もありません。

 

 ですのでオペレーターを多少待たせてもしょうがないと思って、ちゃんとパスワードなどをメモっておくことをお勧めします。

 

 無事オンラインバンキングの設定が終わったら、初回送金した額のお金がちゃんと口座に振り込まれていることをしっかり確認してくださいね。

 

ATMカードにデビット機能をつける

 カスタマーサービスに電話を掛けてオンラインバンキングの設定が無事終わったら、もう一つオペレーターの方にこう要望してください。

 

 「ATMカードにデビット機能をつけてください!」と。

 

 実は登録時に送られてくるATMカードには、キャッシュカードとしての機能しかありません。デビットの機能はついてないのです。

 

 デビットカード機能をつけることで、米ドルでお買い物ができるようになってとても便利になります。私もよく米Amazonでの買い物に利用しています。手数料も特別な制約もないので、ぜひデビット機能を付けてください。

 

【追記:2016/04/12】
 ※デビット機能を付けられるのはChecking accountのみです。Savings accountには付けられないのでご注意ください。

 

 追記日までこの事実を知りませんでした。Savingsのみを開設してデビット機能を付けられなかった方は情報不足でご迷惑おかけし申し訳ございませんでした。

 

 デビットカードの手続きを行うと、2~3週間ほどでデビット機能付きのカードが手元に送られてきます。

 

 以上で電話で行ってほしい手続きについては完了です。

 

デビットカードをATMで利用&有効化

 デビットカードが届いたら、まずはATMでカードを使ってみてください。お手元のPINを入力して、ちゃんとお金の引き出し機能等が使えるのか確かめてください(実際に引き出す必要はありません)。

 

 そしてもう一つ重要なことですが、カードの有効化(Activate)を忘れないようにしてください!有効化しないとデビット機能が使えず、お買い物することができませんので(私も有効化のし忘れに気づかず、中々Amazonで購入できませんでした...)。

 

【有効化の方法】
 ユニオンバンクオンラインにアクセスし、「Servicesタブ」を選択します。

 

ユニオンバンクでデビットカード有効化1

 

 続いて「Debit/ATM Services」にある「Activate ATM/Debit Card」を選択します。するとカードの有効化設定のページへ移ります。(場合によってはその前に秘密の質問への回答ページが出てきます)

 

ユニオンバンクでデビットカード有効化2

 

 ページが表示されたら、デビットカードのカード番号を選択し、有効期限とカード裏面にある3桁の数字を入力します。入力が完了したら「Activate Card」ボタンを押してください。

 

ユニオンバンクでデビットカード有効化3

 

 ※場合によってはこの後に秘密の質問への回答要求ページが出てきます。

 

 これでデビットカードの有効化は完了です。

 

【有効化はカードの更新のたびに必要】
 上のデビットカード有効化の作業は、カード更新のたびに必要となります。

 

 カードの有効期限間近になると、ユニオンバンクから新しいデビットカードが郵送されます。

 

 カードが郵送されたら、再びデビットカード有効化作業を忘れずに行って下さい。

 

明細書の設定

 オンラインバンキングでもう一つ、推奨設定項目があります。それは「明細書の受け取りをオンラインにする」ことです。

 

 デフォルトでは毎月の明細書が郵送で届きますが、人によっては郵送よりもオンラインで見れた方が便利だという方もいるでしょう。また口座維持手数料が掛かる状態だと、オンラインよりも郵送の方がコストが高くついてしまいます。

 

 よって特に理由がなければ明細書をオンラインで届くように設定しておくことをお勧めします。

 

 設定方法はとても簡単です。ユニオンバンクのオンラインバンキングにログインして、「Statementsタブ」を選択します。次の画面で「Change statement delivery method」を選択します。

 

 移動した画面で各口座ごとのDelevery methodを「Online statement only」に変更します。最後に「Confirm~」ボタンを押して完了です。

 

Statementsへの行き方(ユニオンバンク)

 

 これで明細書をオンライン上で受け取る設定が完了しました。

 

オンラインバンキング利用時の注意

 ブラウザ上でAdBlock等の広告ブロックの設定を有効にしていると、上手く画面が表示されなかったりボタンを押下しても画面が遷移しない場合があります。

 

 ユニオンバンクのオンラインバンキング利用時は、AdBlock等の広告ブロックの設定を解除されることをおすすめします。

 

「ユニオンバンク→日本」への送金選択肢を増やす

 最後に、「トランスファーワイズ」という海外送金サービスを使えるようにしておくことを提案したいと思います。

 

 実は「ユニオンバンク→日本」への海外送金は結構面倒なのです。ユニオンバンクに電話を掛けて手続きを進める必要があります。こちらから電話を掛けるだけでなく、その後ユニオンバンクから掛かってくる送金の最終確認のための電話にも出る必要があります。

 

 そのため、「ユニオンバンク→日本」への送金手続きには1-2時間程度の空き時間を確保する必要があるのです。

 

 「トランスファーワイズ」という海外送金サービスを使うと、オンラインで数分で「ユニオンバンク→日本」への送金が可能となります。

 

 ※「日本→ユニオンバンク」への送金も可能です。

 

 私の経験上、「ユニオンバンク→日本」への送金の利便性は、圧倒的にトランスファーワイズの方が上です。比べ物になりません。

 

 さらに手数料も、8000ドル程度までの送金であればトランスファーワイズの方が安く済みやすいです。

 

 個人的には、ユニオンバンクの口座をお持ちの方はトランスファーワイズの口座を持っておいて、損はないと思います。

 

 トランスファーワイズについて興味のある方はこちらの記事をご覧ください。
トランスファーワイズ(TransferWise)口座開設・入金方法とその注意点
→トランスファーワイズ: 「日本⇔海外」双方向送金の一つの選択肢

 

関連リンク

・ユニオンバンクの口座開設がまだの方はこちら
 →ユニオンバンクの口座開設(事前準備)

 

・ユニオンバンクの新カードに関するトラブルと対処法
 →Q:ユニオンバンク新カードでATM引き出しができません

 

・この機会に海外投資も始めてより賢い資産運用を行ってみる
 →何故海外投資なのか
→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧

 

・FirstradeまたはSogoTradeを開設済みの方はACHを設定しておくとお金の移動がもっと便利になります
 →ACHの設定方法(Firstrade)
 →ACHの設定方法(SogoTrade)

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲