Cash account、Sweep accountと資産保護の関係


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.101]米国の景気後退入りはまだ先なのか(配信日: 2019/12/03)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

Cash account、Sweep accountと資産保護の関係

初回公開日:2016/04/08
最終更新日:2017/05/23

 

 今回は米国証券口座の開設時によく訊かれる「Cash accountとSweep accountの選択」について、万が一の場合の資産保護の観点から話していきます。

 

 実はCash accountとSweep accountの選択は、万が一のことが起きたときの資産保護と深い関係があり、非常に重要な選択なのです。

 

 まずは証券口座に対する資産保護の仕組みを簡単に話した上で、Cash accountとSweep accountのどちらを選択するのが安心かについて話していきましょう。

 

 ※本記事は客観的な情報をもとにした合理的な説明に努めていますが、本記事を参考にして万が一損失を被られた場合にも一切責任は負えません。ご了承ください。あくまで一つの意思決定のための道具としてご利用ください。

 

【追記:2017/05/23】
 現在FirstradeではSweepのサービスは行われておりません。2016年(のおそらく秋あたり)からFirstradeに預けられた現金はすべてCash accountに預けられることとなりました(Firstradeに問い合わせて確認)。

 

スポンサーリンク

 

証券会社が破産(Liquidation)したときの資産保護

 私たちが証券口座を開設して資産運用するときに頭の片隅に置いておきたいのは、万が一利用している証券会社が清算(Liquidation)したときです(破産と似たようなもの)。

 

 幸運なことを、万が一利用している証券会社がLiquidationしても、定められた上限額までであれば資産の保護を受けることができます。

 

 通常は証券会社の財政状況が悪化した場合でも、Liquidationする前に他の証券会社の口座に資産を移管することで資産を守ることができます。

 

 しかし稀にLiquidation前に資産が盗まれるなどして移管手続きが出来ないままLiquidationが開始してしまう場合があります。Liquidationが開始されると口座にあるすべての資産を失うことにつながるわけですが、こうした場合の資産の損失時に定められた上限額までの保護を受けることができるのです。
 →The Investor's Guide to Brokerage Firm Liquidations

 

 証券口座に預けている資産を保護してくれる団体は2つあります。SIPCとFDICです。証券口座に預けられている資産の種類によって、SIPCによる保護とFDICによる保護のいずれかを受けることができます。

 

 SIPCとFDICによって受けられる保護の対象と保護額の上限は大体次のようになります:

 

  SIPC FDIC
保護対象資産

・証券投資家保護法(Securities Investor Protection Act)で定義された"証券"。株式、債券、投資信託など
・Cash accountに預けられている余剰資金
・Sweep accountに預けられている現金のうち、銀行のSavings accountへの預け入れ以外によって運用されている部分

・Sweep accountに預けられている現金のうち、銀行預金(通常の利息がつく預金や市場金利連動型普通預金)によって運用されている部分
※市場連動型投資信託などで運用されている分はSIPCによる保護の対象となる

保護対象外資産

・通貨(Currency)
・商品(Commodity)
・先物(Futures contract) など

 
保護上限額 50万ドル(このうち現金は25万ドルが上限) 25万ドル

 

 証券口座の資産保護を考える上では「現金」と「現金以外」とを分けて考えることが大切です。本記事ではCash accountとSweep accountの選択に関する話をしたいので、それに関わる「現金」部分の話をメインにします。

 

 ※「現金以外」の資産保護に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

 「現金」についてはCash accountとSweep accountのどちらを利用しているかで、保護してくれる機関が変わります。Cash accountとSweep accountは口座開設手続き時に訊かれる項目ですが、実は証券会社のLiquidationという万が一の場合に受けられる資産保護に大きく関わってくるのです。

 

 Cash account利用の場合は、現金はSIPCによる保護を受けることになります。上限は25万ドルで、SIPCの保護上限額50万ドルに含まれます。
 →What SIPC Protects

 

 一方Sweep account利用の場合は、Sweep accountに預けている現金のうち銀行預金として運用されている現金はFDICの保護対象となります。市場連動型投資信託といった別の元本保証資産として運用されている分についてはSIPCの保護対象となります。FDICの保護上限額は25万ドルです。
 →My brokerage firm sweeps my cash. Is that cash protected by SIPC?

 

 Sweep accountの現金については運用されている資産の種類によって保護機関が異なるのがややこしいですね。以下は説明をシンプルにするため、Sweep accountの現金はすべて「銀行預金として運用される」(つまり全額FDICが保護)として話を進めます。資産保護を考える上でも、このように考えるのがリスク管理上一番合理的です。

 

 Cash account利用時は「現金込みで最大50万ドル保護」、Sweep account利用時は「現金はFDICにより最大25万ドル保護」、「現金以外の証券はSIPCにより最大50万ドルの保護」、計75万ドルまでの保護を受けられることになります。

 

 こうしてみると「FDICによる保護が受けられるSweep accountを利用した方が、証券口座のLiquidationという万が一の場合にお得」なように見えます。

 

 果たしてそうでしょうか?

 

本当にSweep accountを利用した方がお得なのか?

 保護を受けられる総額だけを見れば、FDICによる保護も受けられるSweep accountの利用がお得なように見えます。しかもSweep accountを利用すれば利息も得られるので一石二鳥です。

 

 しかし複数の証券会社の口座を利用しており、万が一これら複数の証券会社が同時期にLiquidationしてしまった場合には景色が変わってきます。

 

 SIPCによる保護は「証券会社ごと」に受けることができます。例えば皆さんがFirstradeとSogoTradeに同じ名義で口座を開設していたとしましょう。そして大規模な金融危機が起こるなどして、FirstradeとSogoTradeの両方が経営破綻したとしましょう。

 

 この場合、皆さんはFirstradeとSogoTrade、それぞれに対して保護を受けることができます。つまり最大100万ドルまでの保護を受けることができるのです。
 →Rule 201

 

 FDICによる現金の保護も異なる銀行ごとに25万ドルの保護を受けることが出来るのですが、ここで問題です。FirstradeとSogoTradeのSweep accountの資金はそれぞれどの銀行に預けられるのでしょうか?

 

 もし預入される銀行が異なれば別々に保護を受けられるかもしれませんが、同じ銀行に預入されたらアウトです。

 

 例えばFirstradeとSogoTradeのSweep accountにそれぞれ20万ドル、計40万ドルの現金を預けており、同じアメリカ銀行という一つの銀行(説明のための架空の銀行です)に預けられて運用されていれば、保護されるのは25万ドルで残りの15万ドルは失うこととなるでしょう。

 

 一体Sweep accountに預けられた資金はどの銀行の口座に預けられるのでしょうか?ここがまさにクリティカルな部分ですね。

 

 調査してみたところ、現在のところ上のような心配は単なる杞憂のようです。

 

 FirstradeのSweep accountの運用方法を調査したところ、Sweep accountの資金はすべてReich & Tang Insured Deposits Programの運用に使われることがわかりました(→ソース)。Firstradeのクリアリングハウス(Clearing house)であるApex Clearing Corporationを通じてプログラムが適用されます。

 

 プログラムの内容は複数行の口座に分散して資金が預けられ、FDICの保護上限である25万ドル以下になるよう調整してくれるとのこと。そしてこのプログラムで保護される資金の上限は250万ドルとのことです。上限が250万ドルであればほぼ十分ではないですか?

 

 SogoTradeについてもクリアリングハウスが同じApexであり、Apexを通じてSweep programが適用されると明示していることから(→ソース。「Sweep」と検索)、おそらく同一のプログラムが適用されると思います。保護上限額はFirstradeと通算されると思います(これは推測です)。

 

 というわけで、このプログラム通りしっかり運用してくれるのであれば、Sweep accountの現金の資産保護は十分そうですね。

 

Cash accountとSweep accountのどちらを利用するべきか?

 最後に万が一のときの資産保護という観点から、Cash accountとSweep accountのどちらを利用した方がよいかを考えてみましょう。

 

 調査からわかったのは、Sweep accountの運用プログラムの資産保護さえ十分であれば、保護上限が引き上げられやすく利息も得られる分Sweep accountの方がお得だということです。

 

 ただしSweep accountはいくら資産保護額が十分であっても、証券会社の破綻以外にも預けている銀行の破綻などによって一時的に現金の利用が出来なくなるリスクもないとは言えないので、その点は気を付けたほうが良さそうですね。

 

 このリスクを考えると、もし一つの証券口座だけを利用するのであればCash accountの利用が無難にも思えます。複数の証券会社を利用するのであれば、最低一つはCash accountに設定して残りをSweep accountにしておけば安心なように思えます。

 

 Sweepの運用プログラムに信頼がおけない方や、証券口座にある現金を勝手に運用されるのが気に障るのであれば、次のような戦略をとるのが資産保護の観点から一番確実だと思います。

 

【追記:2017/05/23】
 Cash Accountでも現金は運用されているようです。少なくともFirstradeでは2016年11月以降からCash accountに利息がつくようになったので、間違いなく運用されています。

 

 それは一つの証券会社の資産総額がSIPCによる保護を受けられる上限の50万ドル以下に抑えておき、複数の証券会社を利用して資産を分散させておくことです。もちろんすべてCash accountで。

 

 そうすれば上に書いたように、複数の証券会社に万が一のことが起こっても、各証券会社の口座ごとに50万ドルの保護を受けられます(3つの証券会社を利用すれば最大150万ドルまで保護されるはず)。

 

 現金は各証券会社ごとに25万ドルが保護上限額なので、この点を気を付けて複数の証券会社の口座に上手く資金を分散すればほとんど問題ないでしょう。

 

 最終的にCash accountを利用するかSweep accountを利用するかは皆さん次第です。投資資金や投資目的、投資に対する考え、万が一への対処、こうしたことを総合的に考慮して選択してもらえればと思います。

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲