【Firstradeの使い方】Limit orderの仕組みとその用途、リスク

投資メルマガ「アボマガ」
金投資と世界株の配当再投資による複利運用を組み合わせ、インフレに負けない「じぶん年金」をつくるための情報をお届けしています。
アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)
→アボマガの詳細はこちら

【Firstradeの使い方】Limit orderの仕組みとその用途、リスク

   今回は注文方法の一つであるLimit orderの仕組みや用途、リスクについて説明します。


   Limit orderは売買する際の基本的な注文方法の一つです。 比較的リスクが小さく投資初心者の方にも扱いやすい注文方法ですので、ぜひとも基本的な仕組みを理解して適切に利用してもらえればと思います。


スポンサーリンク

Limit orderの仕組みとその用途

   Limit orderは皆さんが次のように売買を行いたいときにお世話になるOrder typeです。


  • 希望の価格以下で購入したい、または希望の価格以上で売却したいとき
  • アメリカ市場がクローズしているときにも安定した買い、売りの注文を出したいとき

   何故上のような用途にLimit orderが役立つのかを理解するために、Limit orderの仕組みを図を用いて説明しましょう。


   ※ここでの説明は直感的なわかりやすさを重視しているので、多少の正確さを犠牲にしています。 Limit orderの細かい性質については注意点、リスクの項で後述します。


   まずはLimit orderでBuyする場合です。


   私たちはLimit orderを行う際には必ず「Limit price」というものを設定する必要があります。 そして市場価格(Ask)がLimit price以下になったときにだけ注文が執行されて買いが行われます。 これがLimit orderでBuyする際の仕組みです。


   例えば「P&Gの株を75ドル以下で買いたい!」と思った時はLimit orderを選択してLimit priceを「75」に設定すればよいのです。 すると下図のように、P&Gの株が75ドルを下回る瞬間(青丸)にBuy注文が執行されます。


Limit orderによるBuy注文の仕組み


   ちなみに注文が成立するときの価格は必ず75ドル以下になります。 Limit price以上の値段で取引が行われることはないのでご安心ください。


   Limit priceは必ずしも注文時の市場価格(Ask)以下に設定する必要はありません。 市場価格以上の値をLimit priceに設定することもできます。 これによってアメリカ市場がクローズしているときでも納得した価格でのBuy注文を執行することができます。


   例えば「P&Gの株を76ドル以下で買いたいけど、もう76ドルを下回っているから今すぐ買いたい!」というときにはLimit priceを「76」に設定してください。 すると下図のように、アメリカ市場がオープンした瞬間(青丸)にBuy注文が執行されることでしょう。


Limit orderによるBuy注文の仕組み_確定買い


   アメリカ市場(NYSE、Nasdaq)は日本時間PM11:30~AM6:00、サマータイム時はPM10:30~AM5:00の間にオープンしています。 仕事や健康上の理由等でどうしても上記時間帯に起きていることが難しい人もいるでしょう。


   市場がオープンしているときに注文することが難しい人が、納得いく価格での注文を安定して確定させたいときには、上のような「市場価格を上回るLimit priceを設定する」作戦が有効に働くことでしょう。


   続いてLimit orderでSellする場合です。 このときはBuyする場合と注文の執行条件が逆さまになります。


   つまり市場価格(Bid)がLimit price以上になったときにだけ注文が執行されて売りが行われるのです。


   例えば「アップルの株を119ドル以上で売りたい!」と思った時はLimit orderを選択してLimit priceを「119」に設定すればよいのです。 すると下図のように、アップルの株が119ドルを上回る瞬間(青丸)でSell注文が執行されます。


Limit orderによるSell注文の仕組み


   ちなみに注文が成立するときの価格は必ず119ドル以上になります。 Limit price以下の値段で取引が行われることはないのでご安心ください。


   Sellの場合もBuyと似たように、Limit priceは必ずしも注文時の市場価格(Bid)以下に設定する必要はありません。 市場価格以下の値をLimit priceに設定することもできます。 これによってアメリカ市場がクローズしているときでも確実にSell注文を執行することができます。


   例えば「アップルの株を117ドル以上で売りたいけど、もう117ドルを上回っているから今すぐ売りたい!」というときにはLimit priceを「117」に設定してください。 すると下図のように、アメリカ市場がオープンした瞬間(青丸)にSell注文が執行されることでしょう。


Limit orderによるSell注文の仕組み_確定売り


   このようにLimit orderでは指定した価格以下(以上)で買いたい(売りたい)、またはアメリカ市場がクローズしている間に納得いく価格での買いや売りを行いたいというニーズに応えてくれます。


   多くの人は上のようなニーズをもって投資を行うことでしょう。 それゆえにLimit orderは皆さんにとって基本的な売買方法の一つとなるでしょう。

Limit orderの注意点、リスク

   Limit orderは非常に利便性の高い注文タイプですが、注意点やリスクもあります。


   それはLimit orderが執行されずにキャンセルされてしまい、銘柄の購入や利益確定売りに失敗するリスクです。 特に売りに失敗した後に株価が下がり続けて損が発生する可能性もあるので注意が必要です。


   Limit orderでは次のような場合には注文が執行されません。


  • Buy注文が生きている間に市場価格(Ask)がLimit priceを一度も下回らないとき
  • Sell注文が生きている間に市場価格(Bid)がLimit priceを一度も上回らないとき
  • 市場価格がLimit priceを下回ったり上回っても、その間に売り手や買い手がつかずに取引が行えなかったとき

   例えば下図のように「P&Gの株が74ドル以下になってから購入したい!」という欲張りさんは購入することはできず、注文はキャンセルされてしまいます。


Limit orderによるBuy注文がキャンセルされる


   同じように「アップルの株が120ドルに上がってから売りたい!」という欲張りさんも、下図のような場合には売却することはできず、注文はキャンセルされます。


Limit orderによるSell注文がキャンセルされる


   売りの場合は変にLimit priceを高く設定しすぎて欲張ったしまった結果、一度もLimit priceを上回らないまま株価が下落し続け、絶望的な大損を被る可能性もゼロではないので注意してください。


   さらに下図のようにP&Gの株を75ドルのLimit priceでBuy注文して実際に株価が75ドルを下回っても、この間に別のP&G株の売り手が見つからずに取引が成立しないと注文が執行されない可能性もないとは言えません。 売りの場合も同様です。


   普段はあまり気にする必要はないでしょうが、買いや売りのどちらか一方に取引が殺到している場合や、売買したい銘柄の流動性が低いと取引が行われない可能性が出てくるので注意してください。


Limit orderによるBuy注文がキャンセルされる2


   こういったリスクを認識したうえでLimit orderをご利用ください。 とはいえLimit orderのリスクは他の注文方法に比べれば大きくありませんので、ちゃんとしたやり方で取引すれば投資初心者の方でも安全に取引できると思います。


   最後に、注文のキャンセルを防ぐために、FirstradeではExpirationを「GT90」に設定すれば注文が90日間生き続けます。 90日の間にLimit priceを下回るか上回るかすれば取引が成立するわけです(取引が成立する以前であれば途中で任意に注文をキャンセルすることもできます)。


   注文が毎回キャンセルされて面倒!というときはGT90に設定すると手間が大幅に軽減されるでしょう。


Firstradeで購入する方法_ExpirationをGT90に設定

各種注文タイプについて

   →Market order

   →Stop order

   →Stop Limit order

   →Trailing Stop order

Firstradeの口座開設はこちらから!

   →Firstradeの口座開設方法

   →Firstradeで投資するために必要な準備をすべて解説


▲Firstradeの使い方Top▲


最終更新日:2015年12月1日

投資メルマガ「アボマガ」
少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。


【アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)】

→アボマガの詳細はこちら

当サイトの関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
【Firstradeの使い方】売買する方法-売買画面の表示-
【Firstradeの使い方】売買する方法-売買画面の操作-
【Firstradeの使い方】Limit orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Market orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Stop orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Stop Limit orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Trailing Stop orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】ポートフォリオポジション確認
【Firstradeの使い方】ウォッチリストを作成する方法
【Firstradeの使い方】ポジション確認/ウォッチリストのViewカスタマイズ方法
【Firstradeの使い方】ポジション確認/ウォッチリストで使用される英語の説明
【Firstradeの使い方】明細書、税金に関する書類を見られる場所
【Firstradeの使い方】アメリカ証券口座の明細書(Statement)の項目説明
【Firstradeの使い方】企業の決算データを見る方法と便利な使い方
【Firstradeの使い方】購入不可のOTC銘柄について
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲