aaa すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由

すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由

   海外投資に興味はあっても「いますぐ始めなくても良いや」と思っている方も多いのではないでしょうか。


   しかし海外投資をいますぐに始めない方でも、海外投資の準備だけはいまのうちに行っておくことが望ましいです。 今回はその最も大切な理由について話していきたいと思います。


   海外投資に興味のある人がいまのうちに準備を済ますことをお勧めするのは、決してマーケティング的事情から来るものではありません。 そこには正当な理由があり、切実な理由も含んでいます。


   いま行動するかしないか、それは皆さんの将来を大きく決定づけるかもしれないのです。


スポンサーリンク

海外投資の準備だけでも早くから行うことがおすすめの本質的理由

   何故いまのうちに海外投資の準備だけでも済ませておくことが望ましいのでしょうか。 理由は様々ありますが、とりわけ重要で本質的なのは次の3つの理由からです。


  • 海外投資を本格的に始めたいときにスムーズに始められる
  • 海外投資を始めたくても始められない状況を回避し後悔しなくなる
  • 金融のスキルアップ、サバイバル力アップのきっかけになる

海外投資を本格的に始めたいときにスムーズに始められる

   まずは一番直接的な理由からです。 海外投資の準備を早いうちからしておけば、海外投資を始めたいときに即座に始めることが出来ます。 これは非常に大きなメリットです。


   本サイトでは皆さんが出来るだけスムーズに海外投資の準備を行い、優れた投資環境で資産運用を行ってもらえるよう記事を書いていますが、海外投資を始めるための準備にどうしても物理的な時間が掛かってしまうことは避けられません。


   人にも依りますが、普段働いているサラリーマンの方が主に休日に準備を行うとなると、必要な口座開設の準備に3~4週間程度、海外送金の準備に2週間程度、計1ヶ月~1ヶ月半程度の期間は見ておく必要があります。 しかも口座開設や海外送金の準備は慣れないと多少面倒であることは確かです。


   こうした現実から、「準備は後でいいや」と長い間後回しにしておくと、いざ海外投資を急いで始めたいときに1ヶ月以上の長い期間や面倒さという壁にぶち当たるでしょう。


   せっかく海外投資を始める動機が生まれたにも関わらず、人によっては想像以上の面倒さに海外投資を諦めてしまうことにつながるかもしれないのです。 非常にもったいない。


   海外投資を始めたいという動機を活かして新しい道に挑戦して未来の扉を開くためにも、ぜひとも海外投資の準備だけは早いうちに済ませておいてほしいのです。


   海外投資の準備さえ最初に済ませておけば、実際に海外投資を始めるための作業は非常にシンプルで時間も掛かりません。 投資資金を両替して、両替した資金を海外送金すれば良いだけですから。


   人によっては10クリックちょっとのオンライン上の操作だけで両替から海外送金までは出来てしまいます。 両替から海外の口座に着金するまでに要する期間は大体1週間程度、開設した口座によっては1日ちょっとですべてが完了します。


   つまり海外投資を本格的に始める前に海外投資の準備をしていたかどうかで、実際に海外投資を始められるまでの期間に1ヶ月以上の差が出来てしまうのです! 差は歴然ですよね。


   また早くから海外投資の準備だけでもしておけば、準備後に「いくら送金するか?」「どのような銘柄を購入していくか?」といった計画も余裕を持って立てられますよね。


   準備だけでも余裕のあるうちから行っていたかどうか、こんな些細な違いが皆さんの今後の将来を大きく変えるかもしれないのです!


   海外投資という新たな挑戦を行って不労所得といった夢を叶えたい方は、余裕のあるいまのうちから準備をしておくと後になって「早くから準備しておいてよかったぁ!」と思えますよ。

海外投資を始めたくても始められない状況を回避し後悔しなくなる

   海外投資を始めたいときにすぐに始められるようになるだけでも海外投資の準備を早くから行うことには大きな意味があるのですが、続いての理由はもっと大切で切実です。


   実は海外投資を始めたくても始められない状況というのが今後訪れないと言える保障はどこにもありません。 将来口座が開設できなくなる可能性、海外送金が思い通りにできなくなる可能性がゼロではないからです。


   例えば本サイトで紹介しているFirstradeでは以前日本人の新規口座開設ができない状況が1年程度あり、私も一時Firstradeの口座を開設したくても開設できない状況に悩まされた苦い経験があります(→詳しくはこちら)。


   それだけではありません。 国家の財政危機といった有事によって海外送金が制限されてしまい、既に海外への送金を済ませた人でない限り海外投資自体が出来なくなる可能性だって否定できないのです。


   例えば21世紀になっても財政・金融危機が起こった国では資本規制によって、預金の引き出しや国内通貨の外貨への交換の制限を行う中、海外送金についても送金額の制限や送金自体の禁止する政策を課してきた事実があるのです(→キプロス→ギリシャ→アルゼンチン(英語)→アイスランド(英語))。


   海外送金が完全に不可能になるとは限りませんが、金融当局による厳しい目が向けられて両替の制限、送金額の制限、送金額や送金目的の報告義務など、海外送金に対するハードルが高まり、結果的に海外投資を断念せざるを得ない状況に陥ることは容易に想像できます。


   海外送金を今後永遠に自由に行える保障はどこにもありません。 財政状況が悪化の一途を辿る国にとって、いつか海外送金が自由に行えなくなる日が一時的にでも訪れることのほうがむしろ現実的ではないでしょうか。


   何事もそうですが、お金に関しても自由なうちに立てられる対策をすべて実行しないといけないのです。 有事の後になってお金のことを対処しようと思っても遅いのです。


   ですから海外投資の準備を行えるいまのうちに、ぜひとも皆さんに準備だけでもして欲しいのです。 準備さえしておけば海外送金自体は上にも書いたように1週間足らずで出来ますから。


   いまのうちに準備だけでも済ませておけば、いざ何か大きな問題が起こりそうな状況でもパニックにならず冷静に、必要な対策を迅速に講じられることでしょう。


   備えあれば憂いなしです。 海外投資を自由に行えるうちに必要な準備だけでも整えておけば、いざというときにも後悔することなく資産運用を続けられるのではないでしょうか。


   →日本でも将来海外投資が自由にできない日はやってくるのだろうか...

金融のスキルアップ、サバイバル力アップのきっかけになる

   最後に海外投資の準備をぜひとも皆さんに早いうちからしてほしい、一番大切な理由についてです。


   それは海外投資の準備に挑戦することによって、金融のスキルアップにつながり、サバイバル力アップにつながるかもしれないことです。


   残念ながら現在は資本主義社会であり、お金についての基本的な知識や経験を持ち、自分の資産を自分で守れる力がないと万が一の危機を回避することが難しい時代です(自給自足で生活できる、通貨を必要としない独自のローカルネットワークのメンバーである等の場合でない限り)。


   お金のことをもっと真面目に考えて資産を自分の力で守るための入り口として、海外投資の準備というのは中々有効かと思うのです。


   というのは実際に口座を開設したり投資を行ってみたりする経験によって初めて金融に関する実態や感覚を掴めるようになり、お金に関する何よりの勉強になるからです。


   たかが海外投資の準備と思われるかもしれませんが、 「どの口座を開けばよいのか?」「開き方は?」「海外送金の方法は?」「両替はどのようにして行うの?」「手数料は?」「リスクは?」といった様々な問題に対処することが求められます。


   これを聞いただけでもお金についてあまり知識がない人にとっては意外な難しさを感じませんか。


   口座開設や海外送金のちょっとした経験を積み、意外な難しさを実感することだけでもそれなりのスキルアップにつながるのです。 少なくとも今後別の海外の口座を開く必要性が求められても、自分で情報収集して自分の力で開けるようになるでしょう。


   それだけでなくたかが口座開設や海外送金の経験がきっかけとなって、お金についてもう少し真面目に勉強してさらなるスキルアップにつなげる動機になるかもしれませんよ。


   実は私もお金に関して真面目に勉強する大きなきっかけが海外投資の準備でした。 その前から多少本などで勉強はしていたものの、海外投資の準備をして海外投資をすぐに行える状況になってからです、より真面目にお金のことを勉強するようになったのは。


   おかげでいまでは時間があるときに企業業績を見て投資判断を考えたり、日々の市場や経済の動向を積極的にチェックして重要な情報をメモしておいたり、経済や金融に関する書籍を読んだりすることがルーティンのようになってきました。


   お金に関するスキルアップも兼ねて、一度海外投資の準備を早速やってみてはいかがでしょうか。 たかが海外投資の準備というちょっとした経験だけでも、一生モノのスキルを身につけるきっかけになるかもしれませんよ。

関連リンク

・海外投資を始めるために必要な準備を知りたい方はこちら

→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧


最終更新日:2016年2月24日

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲