当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら

   海外投資に興味があるあなた。 資産を海外にも分散して少しでも有事の際のリスクを軽減したいあなた。


   そう考えているあなたは、いますぐにでも海外投資をするための行動を起こさなければなりません。 具体的にはいますぐ海外証券口座を開設する必要があります。 モタモタしていたら手遅れになってしまうかもしれませんよ!


   ※1. 「海外投資=米国証券口座を利用した株式投資」の意味で使用しています。


   ※2. 海外投資を行うための必要な準備全体を確認したい方はこちらの記事もご覧下さい。 本記事はこちらの記事の「STEP0」に該当します。

   (→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧)


スポンサーリンク

何故いますぐ米国証券口座開設をしないといけないのか

   何故今すぐアメリカの証券口座を作らなければならないのか。 それは「突然口座が開設できなくなるリスク」があるからです。


   まず海外投資に興味がある皆さんに記憶して欲しいのは、アメリカの証券会社の多くは日本人の開設を受け付けていません(現地居住者を除く)。 よってそもそも私たち日本人が選択できる証券会社は数に限りがあるのです。


   こうした制限がある中で、さらにアメリカの証券口座は突然日本人が開設できなくなる可能性があるのです。 具体的には下のような歴史があります:


出来事
2005 TD Ameritradeが日本居住者の新規口座開設を停止
2013 Firstradeが日本居住者の新規口座開設を停止
2014 Firstradeが日本居住者の新規口座開設を再開

   このような歴史から、アメリカの証券口座をいつ開設できなくなってもおかしくはないのです。


   実は私もアメリカ証券口座の新規開設停止の被害を受けた日本人の一人です。 私は2014年に海外投資を始めましたが、Firstradeによる新規口座開設停止の煽りをモロに喰らってしまいました。


   このとき相当絶望した気分になったことを今でも覚えています。 何故なら日本語のWebサイトを見ても、Firstrade以外の証券会社の情報がかなり不足していたからです。 そのためFirstradeがダメになったいま、海外投資は現状不可能だと思っていました。


   その後必至で英語のサイトをくまなく探して、何とかSogoTradeという別のアメリカの証券会社を見つけました。 SogoTradeの口座開設に関するまともな情報がない中で、途中トラブルに巻き込まれながらも何とか開設できてホッとした覚えがあります。


   しかしそれでもかなり苦労した末だったので、「もう少し早く海外投資をしていれば、難なくFirstradeの口座を開設できていたのに!」というちょっとした後悔は残ったままでした。


   私は皆さんに、私のように苦労せずにアメリカの証券口座をすんなりと開いてほしいと思っているので、出来るだけすぐに行動してほしいのです。


   モタモタしているうちに法改正、その他何かしらの理由により口座が開設できなくなって、アメリカの口座で海外投資をしたくても出来ないという最悪の状況に陥るリスクだけは避けてほしいと思っています。


   今すぐ海外投資は...という方もいずれは海外投資したくなる可能性もあるでしょうし、資産を海外にも分散して少しでも有事の際のリスクを減らしたい人もいるでしょう。 そういうことを考えると、いま開設できるチャンスをぜひ活かして欲しいのです。


   私の場合は運よくSogoTradeという別の日本人開設OKの証券口座を苦労の末見つけられたので何とかなりましたが、皆さんがどうなるかはわかりません。 今後はあらゆる口座が開設できなくなる可能性だって決してゼロではありません。


   こうした最悪の状況を防ぐために、いますぐ行動することをお勧めします。

まとめ

   いろいろ話しましたが、まとめると「いまのうちにアメリカ証券口座を開設しとくのが一番お得」だということです。 様々な可能性を考えてもそれが一番なのです。


   口座を開設しても別にお金を取られるわけではなく大きなデメリットはありません。 ちょっと手間が掛かるだけです。


   口座開設後しばらくは放置しても大丈夫なので、とりあえず口座を開設して、その後いくら送金しよう、どういった銘柄を購入しようか考えても十分間に合います。


   ちょっとでも海外投資や資産分散に興味があれば、口座を開ける今のうちに開設だけでもしておけば後悔することはありませんよ。

関連リンク

・海外投資を行う前に知っておくべきリスクとは

→米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク


・海外投資を始めるのに必要な準備を一から理解したい方はこちら

→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧


・海外投資の準備だけでも早く済ませてほしい、もっと本質的で重要な理由についてはこちら

→すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由


・とりあえずアメリカ証券口座だけでもまずは開設するという方(Firstradeの方が初心者向けです)

→Firstradeの口座開設方法1

→Sogotradeの口座開設方法1


最終更新日:2015年11月7日

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲