【Firstradeの使い方】企業の決算データを見る方法と便利な使い方

投資メルマガ「アボマガ」
金投資と世界株の配当再投資による複利運用を組み合わせ、インフレに負けない「じぶん年金」をつくるための情報をお届けしています。
アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)
→アボマガの詳細はこちら

【Firstradeの使い方】企業の決算データを見る方法と便利な使い方

   今回はFirstradeで企業の決算データのサマリーを見る方法と便利な使い方について説明します。


   Firstradeでは過去10年間の企業の決算データのサマリーを見ることができます。 わざわざ企業ごとの決算書を開かずとも企業のファンダメンタルズを確認できるため、いわゆるバリュー投資家が企業の調査をする際に非常に便利で役立つツールとなっています。


   ぜひ皆さんも上手く使って投資に活かしてみてください。


スポンサーリンク

Firstradeで企業の決算データを見る方法

   Firstradeで企業の決算データを見る方法です。 上部の検索ボックスに知りたい企業(Symbolまたは企業名)を入力して、右隣にある「Go」を押します。 こうすると各種企業データを見られるページに移ります。

Firstradeで銘柄の検索


   企業データを見られるページを開いたら、現れたタブから「Financials」を選択してください。 すると企業の決算データを見ることができます。


   青で囲った「Inc Statement(Income Statement)」「Balance Sheet」「Cash Flow」がそれぞれ「損益計算書」「バランスシート」「キャッシュフロー計算書」を表します。


Firstrade_Financials


   例えば「Inc Statement」を開きましょう。 すると過去5年分の損益計算書が現れます。 さらに「Period」を選択して「10 Years」にすると過去10年間の企業データを見ることができます。


Firstrade_10年分の損益計算書


   上の画像を見る限り、何だか決算データが詳細に記載されていて何だか企業分析が捗りそうですよね!


   実はこのデータはMorningstarが提供しているものですが、Morningstarだと無料で見られるのは過去5年分だけです。 過去10年分のデータを見るためには有料会員登録しないといけません。


   しかしFirstradeでは口座を開設しておくとそれだけで上のように10年間の企業データを見られるのです。 口座開設するだけで無料で有料のデータを見られるなんて、これはとってもお得!


   有料レベルのサービスですし、何より使い勝手は良いのでぜひご活用して企業分析に活かしてみてください。

決算データの使い方:エクスポートが便利

   ただ決算データを眺めるだけでも良いのですが、いろいろな項目を比較できるグラフを見られるともっと企業分析が捗りそうですよね。


   そこで便利な機能なのがエクスポート機能。 Exportボタンを押すと、表示されている決算データをExcelなどの表計算ソフトで見られるCSVファイル形式でダウンロードされます。


Firstrade_決算書のエクスポート


   各企業ごとに損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書をすべてエクスポートしてみてください。 エクスポートした3つのファイルを1つのファイルにまとめて保存しましょう。


   保存したら決算データをグラフ化してみましょう。 すると企業の業績を視覚的に確認できてとっても役に立ちます。


   例えば私は下のようにフリーキャッシュフローと配当、自社株買いのグラフをつくっています(他にもいろいろとつくっています)。 長期投資家にとっては長く安定したキャッシュや配当を生み出す企業の選択が資産形成の近道になります。 こうしたグラフで推移を確認しておけば、長期投資に見合った銘柄かどうかの判断がしやすくなってとても便利ですよね。


Firstrade_エクスポートデータをグラフ化


   初めは若干手間が掛かりますが、慣れれば手間に見合った恩恵が得られます。 企業研さんをより捗らせて投資を成功させるためにも、ぜひエクスポートを活用して自分用のグラフをつくるなどして活用してみてください。

注意

   決算データを利用するときの一つの注意です。 それは企業によってはデータが不十分であることです。 特にアメリカ以外の企業ではこの傾向が強いようです。


   例えばヨーロッパの企業でシャンプーなどでお馴染みのユニリーバの決算データを見ると、データが不十分であることが一目でわかります。


   不足していても何とかごまかして正しい数値が入れられていることもあるのですが、中には数字が完全に間違っている場合もあります。


   ユニリーバの場合は最新の設備投資費(Cap Expenditure)が記載されていません。 これによってフリーキャッシュフローの値が完全に間違っていてしまっているのです(ユニリーバの決算書を見ると間違いに気づけます)。 フリーキャッシュフローは配当支払い能力や企業価値を表す著しく重要な指標ですので、これはいかんです。


Firstrade_決算データが不十分


   ですので決算データを利用する際は、間違ったデータによって間違った判断を下さないように十分気を付けてください。

Firstradeの口座開設はこちらから!

   →Firstradeの口座開設方法

   →Firstradeで投資するために必要な準備をすべて解説


▲Firstradeの使い方Top▲


最終更新日:2015年12月1日

投資メルマガ「アボマガ」
少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。


【アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)】

→アボマガの詳細はこちら

当サイトの関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
【Firstradeの使い方】売買する方法-売買画面の表示-
【Firstradeの使い方】売買する方法-売買画面の操作-
【Firstradeの使い方】Limit orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Market orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Stop orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Stop Limit orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】Trailing Stop orderの仕組みとその用途、リスク
【Firstradeの使い方】ポートフォリオポジション確認
【Firstradeの使い方】ウォッチリストを作成する方法
【Firstradeの使い方】ポジション確認/ウォッチリストのViewカスタマイズ方法
【Firstradeの使い方】ポジション確認/ウォッチリストで使用される英語の説明
【Firstradeの使い方】明細書、税金に関する書類を見られる場所
【Firstradeの使い方】アメリカ証券口座の明細書(Statement)の項目説明
【Firstradeの使い方】企業の決算データを見る方法と便利な使い方
【Firstradeの使い方】購入不可のOTC銘柄について
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲