世界株のポートフォリオ管理はMorningstar

投資メルマガ「アボマガ」
金投資と世界株の配当再投資による複利運用を組み合わせ、インフレに負けない「じぶん年金」をつくるための情報をお届けしています。
アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)
→アボマガの詳細はこちら

世界株のポートフォリオ管理はMorningstar

初回公開日:2020/07/23
最終更新日:2020/07/23

 

投資をするのであれば、ポートフォリオをきちんと管理する必要があります。

 

一つの証券口座のみを使っていればまだいいですが、複数の証券口座で運用している場合、統合してポートフォリオを管理できた方が絶対に良いです。

 

ポートフォリオの全体像がわからければ、ポートフォリオの現状・問題点を正確に判断できず、パフォーマンスの悪化につながる可能性が高まるためです。

 

ポートフォリオを統合管理するツールとしておすすめなのが、Morningstarです。私も使っています。

 

Morningstarの無料アカウントを開設すれば、ポートフォリオ管理できます。

 

ポートフォリオ内の銘柄の保有割合、年間配当金、バリュエーション、配当利回りなどを簡単に確認できるようになり、ポートフォリオの健康診断ができます。

 

保有銘柄のバランスに問題がないか、自分の投資目標を達成するために何が不足し、どの銘柄を購入するべきか...こうした確認・判断をするために、使ってみてはいかがでしょうか。

 

ポートフォリオ管理画面

 

表示したい指標を自由にカスタマイズすることができます。過去12ヵ月の配当利回り、予想配当利回り、予想P/Eレシオ、配当成長率など、お好きな指標をすぐにみられるように設定すれば、ポートフォリオの状態確認や新たな投資判断に役立てられるでしょう。

 

表示したい指標を自由にカスタマイズすることも可能

 

なお、有料会員になれば、「X-Ray」という優れたポートフォリオ診断ツールが使えるようになります。

 

自分のポートフォリオの分散投資の度合いはどれだけか、収益性や利回りは十分かなどが確認できます。例えば...

 

  • どの国・地域にどれだけの割合を投資しているか
  • どのセクターにどれだけの割合で投資しているか
  • ポートフォリオ全体の収益性や利回りはいくらか
  • 自分のポートフォリオはS&P500等のベンチマークとどれだけの違いがあるのか

 

X-Rayのトップページ。ポートフォリオの「健康診断」をより詳細に可能となる

 

ポートフォリオ管理サービスは他にもありますが、Morningstarのように国・地域、セクターなどで詳細に分散度合いを示してくれるサービスは他にあるのでしょうか?

 

Morningstarの有料サービスのなかには、米国証券会社Firstradeの口座を開設すれば無料で使えるものもあります(細かい点は多少異なりますが)。アナリストによる銘柄の詳しい分析内容の閲覧や、過去10年の財務データの閲覧・エクスポート機能などです。

 

しかしこのX-Rayを使うには、Morningstarの有料会員になるしかありません。

 

ポートフォリオの分散度合いをデータに基づいてきちんと知ることは、市場リスクによるポートフォリオの大きな乱高下を出来る限り減らし、少しでも安心して投資を長く続けるために大切です。

 

いわば保険のようなものです。ポートフォリオ内の銘柄の偏りから大きな損失が生じるリスクを少しでも回避できれば、有料会員料は安いものです。

 

X-Rayをお使いになるかは自由ですが、ポートフォリオを統合的に管理するために、Morningstarのご利用をおすすめします。

 

 

Morningstarの弱点


Morningstarはポートフォリオ管理以外にも、詳細なアナリスト分析、過去10年間の財務データやバリュエーション・配当利回りの確認など、銘柄の分析に役立つサービスが豊富です。

 

ただMorningstarにはいくつか弱点があります。一つはサイトが重いことです。

 

もう一つはチャート機能が貧弱で、銘柄同士の比較分析もしにくいことです。

 

過去の株価はもちろん、EPSやFCFなどの業績、P/Eレシオや配当利回りなどの投資指標をチャートでパッと確認できるととても便利です。

 

自分の気になった銘柄だけでなく、同業他社と業績や指標を数字やチャートで簡単に比較できると、相対的な割安さなどを簡単に判別でき、より広い視点で投資判断を下せるようになります。

 

Morningstarではこうした分析、特に比較分析は厳しいものがあります。

 

Morningstarは気になった銘柄単独の分析には重宝しますが、競合他社と比較したうえでの最終的な売買判断を下すのが難しいです。

 

銘柄単独では割安だと判断したが、購入後に同業他社と比較すると、業界全体のバリュエーションが低いだけでその銘柄が特段割安というわけではなかった...こういったミスが生じたりするかもしれません。

 

より適切な投資判断を下すためには、銘柄同士をチャートや数字で簡単に比較分析できるサービスが必要となります。

 

そのために私が利用しているのが「Stock Rover」です。Morningstarの有料会員よりもリーズナブルな価格で、簡単に比較分析できるようになります。

 

 

投資メルマガ「アボマガ」
少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。


【アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)】

→アボマガの詳細はこちら

当サイトの関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲