aaa 何故海外送金にFX口座が役立つのか

何故海外送金にFX口座が役立つのか


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

何故海外送金にFX口座が役立つのか

   今回は米国証券口座を利用した海外投資を行うなど、海外にある程度まとまった外貨を送金する際のFX口座の重要性について説明します。


   様々な送金方法の選択肢がある中で、何故わざわざ手間を掛けてでもFX口座を利用することがお得なのか。 この点をしっかりと理解してもらい、皆さんが納得のいく海外送金の仕組み作りの参考にしてもらえればと思います。


   ※海外投資を行うための必要な準備全体を確認したい方はこちらの記事もご覧下さい。 本記事はこちらの記事の「STEP1」に該当します。

   (→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧)


スポンサーリンク

何故海外送金にFX口座が役立つのか

   何故米国証券口座を利用した海外投資などを目的とした海外送金のために、わざわざFX口座を開設することが重要で役立つのでしょうか。


   それは為替手数料を大きく抑えて円を外貨に交換できるからです!


   為替手数料とは円と外貨を交換するときに掛かる(見えない)手数料のことで、両替枚数に比例して手数料が増えていくという特徴があります。 つまりFX口座を利用した海外送金を行うことで特に高額の送金を行う場合に掛かる手数料の総額を大きく節約できるのです!


   海外送金を行うための方法は大きく次の2パターンあります。 一つが銀行口座単独で行う方法(パターン1)、もう一つがFX口座と銀行口座を併用する方法(パターン2)です(→詳しくはこちら)。


   下図はそれぞれのパターンでの送金の仕組みと、手数料が発生する箇所を表しています。


外貨両替+海外送金時にかかる手数料


   このうち両替「以外」(1-B、2-B以外)は一般的に送金額によらず費用は固定ですが、両替(1-B、2-B)は送金予定の両替額に比例して大きくなります。


   よって高額の外貨を海外送金するときには、いかに両替部分である1-Bまたは2-Bに掛かる手数料を抑えられるかが総手数料をお得にするための肝となるのです。


   パターン1のように銀行口座で両替を行うときに掛かる為替手数料は一般的に大きく、両替額に比例して予想を遥かに凌駕した手数料を取られる可能性もあるのが特徴です(新生銀行といった一部の優秀な銀行を除く)。


   しかしパターン2のようにFX口座で両替を行うと、銀行で両替する場合と比較して両替に掛かる手数料を大きく減らせるのです。 両替枚数が多い場合には、手数料の削減幅は何と諭吉単位(1万円単位)になるんです! 数万円程度のコストを抑えられるというのはかなりおいしいですよね?


   だから私は海外投資用資金といったある程度まとまった額を海外送金する際には、2番目のようにFX口座で両替を行うことをお勧めするのです。

為替手数料のちょっとした違いが生み出す負担額の莫大な違い

   両替時の為替手数料のちょっとした違いが生み出す負担額の莫大な違いをよりリアルに感じてもらうために、ちょっとシミュレーションしてみましょう。


   下図はある日の大体同じ時間の(円→ドル交換時に利用される)為替レートです。 それぞれの画像を取った時間にちょっとズレがありますが、それでもFX(YJFX!)の為替レートは銀行やレミットの為替レートに比べて1円程度少ない、つまり為替手数料がお得になっているのです。


為替レートの違い


   この為替レートの差がどの程度の為替手数料の差を生み出すかを示したグラフが下です。 下のグラフは海外送金額(横軸)に応じた、海外送金用口座で両替したときにFX口座で両替したときと比べて余分に掛かる手数料(縦軸)を表しています。


   ドル円の為替レートによって手数料が変わるため、レートごとに色分けしています(送金額を為替レートで割った値が余分に掛かる手数料と思って大丈夫です)。


為替手数料の違い


   例えば1ドル120円(青色)を見ると、60万円送金するときに海外送金用口座で両替すると、手数料が5,000円ほど余分に取られてしまうのです。 これでも手数料は多いですよね。


   送金額が増えると手数料はもっと悲惨になります。 100万円送金すると為替手数料は8,000円程度余分に取られますし、300万円送金なら25,000円程度、500万円送金なら40,000円以上の為替手数料の差が生じてしまうのです!


為替手数料の違い2


   FX口座と銀行口座の1円程度の為替レートの違い、このちょっとの差が両替時にバカにならない手数料を生むのです。 ある程度のまとまった資金を両替するときにはFX口座で両替する方がずっとずーっと賢いのです。

FX口座を利用した海外送金の注意点

   FX口座を利用した海外送金について一つ注意があります。 それはFX口座を利用した海外送金はある程度まとまった額(大体50~100万円以上)を送金する際にはお得ですが、それ以下になると手数料が大きくなってしまう場合があることです。


   具体的な銀行名を挙げれば、このようなケースではFX口座を利用せず新生銀行で「両替→海外送金」をすべて行うほうが手数料的にお得になる場合があります。

   ※新生銀行総合口座パワーフレックスを利用した場合です。Goレミットではありません。


   理由は上でグラフ化して説明した為替手数料の影響が小さくなり、その他に掛かる送金手数料や出金手数料といった固定額の手数料の影響が大きくなるためです。


   よって人によってはFX口座の利用が必ずしも最善ではなく、新生銀行利用の方が良くなる可能性があることに気をつけてください。


   しかしこの場合の手数料の差は最大で数千円程度です。 送金金額が増えれば増えるほど、手数料の差はどんどん縮まっていきます。 上のグラフのように数万の手数料の差が生じるということはありえないです。


   よってFX口座を利用した送金に慣れてしまって少額の送金でも利用してしまった...という場合でも被害は少ないのでご安心ください。

まとめ

   ある程度まとまった金額を海外送金する際は、FX口座を利用すると手数料を圧倒的に抑えられてお得ですよ!


   まとめるとまさにこの一言に尽きます。


   FXと聞くとなんとなくギャンブル的な怖いイメージがある人もいるかもしれませんが、大丈夫です。 単に両替するだけなら全く危険ではありませんのでご安心を。


   送金、投資といったお金に関することは直感ではなく、一つ一つ頭を使って丁寧に考えることが大切です。 細かい合理的な行動の積み重ねが、結果的にコストの削減や資産の増加にじわじわ効いてくるのです。


   合理的な海外送金を行いたい方はぜひFX口座を利用した海外送金もご検討されてはいかがでしょうか。


   **********


   さて、それではどのFX口座を開設すれば良いでしょうか?

   →海外送金のための外貨両替に適したFX会社はどこ!?


最終更新日:2016年2月17日

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲