トランスファーワイズ: 「日本⇔海外」双方向送金の一つの選択肢


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



  1. 2018/07/17「アボカドまつりのメルマガ」登録開始
  2. 2018/07/07「金のメルマガ」開始

トランスファーワイズ: 「日本⇔海外」双方向送金の一つの選択肢

初回公開日:2018/04/14
最終更新日:2018/05/30

 

 「トランスファーワイズ(TransferWise)」という英国発の海外送金サービスについて書いていきます。海外送金の一つの手段として、人によっては利用価値があると思ったからです。

 

 私も試しに使ってみました。「日本→米国」「米国→日本」双方向に送金可能であることを確認済みです。

トランスファーワイズの簡単な歴史

 トランスファーワイズは次のような歴史を刻んできました。

 

  • 2011年1月: トランスファーワイズが英国・ロンドンで設立
  • 2012年2月: 英国金融当局への承認手続きが完了
  • 2016年9月: トランスファーワイズ・ジャパンが日本国内で本格的なサービスをスタート
  • 2017年8月: トランスファーワイズ・ジャパンが関東財務局に、資金移動業者として登録(→ソース)

 

 私のもとには以前、トランスファーワイズの利用者とされる人から「トランスファーワイズの紹介をして欲しい」とのお問い合わせが届いたことがありました。しかしトランスファーワイズが日本で本格サービスをスタートして日が浅いこともあり、安全性が大丈夫かどうか不明だったので、当サイトでの記事化は控えていました。

 

 現在、日本でのサービス開始から1年半以上経ち大きな問題は出ていないようであり、関東財務局に資金移動業者として登録されたこともあり、米国金融口座の開設方法について取り扱っている当サイトでも記事にすることにしました。

 

 使用感や注意点、ポイントとなる仕様等、淡々と述べていきます。役立ちそうだと思った方は口座開設してみてください。

トランスファーワイズの送金の仕組みと安全性

 トランスファーワイズを介すると、トランスファーワイズの送金方法に慣れるだけで、様々な銀行から海外送金できるので便利です。

 

 従来の送金では「ソニー銀行→米ユニオンバンク」に送金するときは「ソニー銀行の海外送金手続き」に従って送金する必要があります。

 

 「米ユニオンバンク→ソニー銀行」に送金するときは「米ユニオンバンクの海外送金手続き」に従って送金する必要があります。

 

 トランスファーワイズを介して「ソニー銀行→トランスファーワイズ→米ユニオンバンク」「米ユニオンバンク→トランスファーワイズ→ソニー銀行」と海外送金する場合、双方向ともトランスファーワイズの送金手続き」さえ行えば海外送金できてしまうのです。

 

トランスファーワイズで双方向送金

トランスファーワイズで「日本⇔米国」双方向送金の図

 

 トランスファーワイズの海外送金手続きは、銀行の海外送金手続きよりも簡単挫折しにくいです。

 

 トランスファーワイズの海外送金の仕組みは「海外送金初心者でも挫折することなく海外送金できる便利な仕組み」と言えます。

 

 

 続いて安全性の観点から。

 

 トランスファーワイズの海外送金の仕組みは、従来の銀行振り込み、カード決済といった「(少なくとも先進国において)長年利用されてきた既存の決済システムをベース」に開発されたものです。

 

 「時の試練」に耐え抜いた決済仕組みを基盤としているので、トランスファーワイズの送金安全性はそれなりに高いと考えられます。少なくとも仮想通貨を介する送金といった、全くの新しい送金システムよりも現時点において安全であることには間違いありません。

 

トランスファーワイズは従来の送金システムを基盤としている

画像ソース: TransferWise 仕組みを1分で知る

 

 さらにトランスファーワイズの海外送金は、基本的に「国境を跨ぐ送金処理は行われない」ところに特徴があります。

 

 トランスファーワイズは世界中に銀行口座を持っています。私たちは「From A国 to B国」のA国、B国の2カ国で、トランスファーワイズと国内送金※しているだけなのです。

 

 ※送金方法によっては、例外的にSWIFTといった国際送金(Not 国内送金)システムが使われることもあるようです。

 

 例えば私たちが自身が保有する「日本の三菱UFJ銀行の口座→英国のロイズ銀行の口座」に送金する場合、次の2回の国内送金が行われているに過ぎないのです。

 

  1. 日本: 「私たちの三菱UFJ銀行の口座→(日本円)→トランスファーワイズが日本に保有する銀行口座」
  2. 英国: 「トランスファーワイズが英国に保有する銀行口座→(英ポンド)→私たちのロイズ銀行の口座」

 (「P2P送金」と呼ばれる送金手法です)

 

トランスファーワイズのP2P送金システム

画像ソース:TranferWise

 

 我々の眼には海外送金のように見えても、実は内部の仕組み上はあくまで各国の国内送金を利用しているに過ぎない。この点もトランスファーワイズの安全でスムーズかつクリアな送金を担保しています。

 

 さらにトランスファーワイズの海外送金システム(P2P送金)は銀行の海外送金システム(SWIFTを用いた送金)とは根本的に異なりますので、万が一銀行の海外送金システムに障害が出て海外送金できなくなった場合でも、トランスファーワイズを代替送金サービスとしても利用することで障害を回避できることも期待できます。

 

 海外送金のリスク分散化を図るうえでも、トランスファーワイズの利用は有効であると期待できます。

 

 

 少し話が逸れますが、ついでに書いておきます。トランスファーワイズのような新しい海外送金サービスは他にもいくつかあるようですが、現状トランスファーワイズを扱うことにしたのは以下の理由からです。

 

  • 新しい海外送金サービスの中でも比較的有名である
  • 日本語対応している
  • 「日本⇔海外」双方向送金に対応している(サービスによっては「海外→日本」方向の送金に対応していないところがある)

 

 こうした理由から、現状日本の方はトランスファーワイズを利用するのが無難であると思います。

トランスファーワイズの利用に向いている人・向かない人

 トランスファーワイズの利用に向いている人、向かない人について。個人的な意見です。個人名義の口座間の海外送金を想定しています。

 

【向いているかもしれない人】

  • スマホやPCから簡単に海外送金したい人
  • 銀行の海外送金サービスの手続きの煩雑さにうんざりしている人
  • 最大50-100万円程度の、比較的少額の海外送金をしたい人
  • 「海外→日本」への送金の選択肢を増やしたい人(特にユニオンバンクの口座保有者!)

 

【あまり向いていないかも...な人】

 

 トランスファーワイズを何回か使ってきた私の使用感はこちらに書いています。良い点も悪い点も。
トランスファーワイズの個人的使用感: 良いと思った点
トランスファーワイズの個人的使用感: 問題点と対処法

当サイトで紹介している海外金融口座との関連

 最後に、当サイトで紹介している海外金融口座との送金に関する話です。

 

【ユニオンバンク】
 「日本⇔ユニオンバンク」の双方向で、トランスファーワイズを介して送金できることを確認済みです。

 

 従来「ユニオンバンク→日本」への送金は、10万円以下をATMで引き出すか、ユニオンバンクに電話で送金依頼をするかいずれかであり、利便性に難ありでした。

 

 トランスファーワイズを使うことで、「ユニオンバンク→日本」への送金も飛躍的に楽になります

 

 やり方はこちら。「米国→日本」に簡単に送金できることを、皆さんが口座開設される前に確認してください。
ユニオンバンクから日本に送金する方法 via トランスファーワイズ

 

【Firstrade】
 トランスファーワイズを介した送金は出来ないようです。

 

 「Firstrade→日本」への送金が無理な理由は、トランスファーワイズの登録名と送金元の名義人が一致していないからです。

 

 「日本→Firstrade」の場合、次のような赤で囲ったメッセージが表示されるので無理です。

 

トランスファーワイズはFirstradeに送金できない

 

 Firstradeとの海外送金利便性を高めるには、ユニオンバンク等の米国銀行口座を開設してください。

 

 そうすれば次のようなルートで送金できるようになります。

 

 「日本の銀行口座⇔(トランスファーワイズ)⇔米国銀行口座⇔(ACH※)⇔Firstradeの口座

 

 ※ACHとは米国の銀行振込システムのことです。Firstradeの口座にログインし、ACHに関する設定を行えば米国銀行口座との送金ができます。

 

【SogoTrade】
 トランスファーワイズを介した送金は無理です。理由はFirstradeと同じです。

 

【ブリオンボールト】
 試していないのでわかりません。おそらく出来ないと思います...

 

 ブリオンボールトは、ブリオンボールト側が「日本の銀行口座⇔ブリオンボールトの口座」の双方向の送金サービスを提供しているので、そちらをご利用下さい。

 

 

 

 口座開設はこちらから。口座開設前にどんな流れで開設するのかを知っておきたいかたもこちらから。
→トランスファーワイズの口座開設方法

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、ゴールド、経済、世界、日本の真実をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲