旧:Sogotradeの口座開設方法2


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

旧:Sogotradeの口座開設方法2

   【重要】本記事は過去のSogoTradeの口座開設方法に関する古い記事です。参考資料として公開していますが、現在のSogoTradeの口座開設方法とは異なるのでご注意ください。


   最新の口座開設方法に関する記事はこちらをご覧下さい。


   **********


   今回はSogoTradeの口座開設方法の説明の続きです。 オンライン上での入力が終わった後にダウンロードされるPDF(申込書)の書き方について説明します。

申込用紙(PDF)に記載

   PDFをダウンロードして開いてみると、中に次のような2種類の申込用紙があります:


  • New Account Application(2枚)
  • W-8BEN

   最終的にはこれらの書類と他に必要な提出物をSogoTradeに郵送することになります。 (必要な提出物一覧は同じPDFの先頭のページに載っていると思います)


   それではこれら申込用紙の書き方について説明しましょう。 まずはNew Account Applicationの方からです。

New Account Applicationの書き方

   New Account Applicationは次のように2枚存在します。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙


   1枚目には先ほどオンライン上で入力した情報の一部が反映されているはずです。 しかし1枚目、2枚目ともにさらに入力が必要な箇所があるため、これらの箇所をこれから埋めていきます。

New Account Application(1枚目)

   まずは1枚目です。 先ほどオンライン上で入力した内容が大体反映されていることを確認してください。


   確認が終わったら一部修正した方がよい箇所があるので修正します。 今から説明する修正方法は、私が実際に行った方法です。


   まず最初に住所の修正です。 申込用紙には都道府県名が書かれていないので、都道府県名を付け足してあげます。


   具体的には下図の赤で囲った部分を、図のように修正してもらえればよいです。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙に都道府県名記載


   もう一つ、1枚目で修正した方が良いのは"Suitability Information"のチェックです。 下図の部分ですね。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙(Suitability Information)


   これはオンライン上で入力したはずですが、何故かPDFには反映されていません。 ということで、先ほどオンライン上で入力したものと同じところにチェックを入れてあげてください。 (余談:SogoTradeはWebシステムが他の証券会社に比べてクソなのが特徴です。だから許してあげてください。)


   これでNew Account Applicationの1枚目は終わりです。 続いて2枚目に移ります。

New Account Application(2枚目)

   2枚目は様々なオプションの設定がメインとなります。 実は私は2枚目の内容は全部が全部理解していたわけではないので、いくつかは適当につけてしまいました。


   というわけで、まずは説明をする前に実際に私が申し込んだときにどんなチェックを入れたかをお見せします。 とりあえずこうチェックを入れたらちゃんと口座開設できましたよ!という意味合いで載せておきます。


   ちなみに細かいことを気にしない方は、下図の赤と青で囲った部分にだけチェックを入れて残りは無視してもらえればOKです。


   青の部分は図の通りにチェックを入れてください。 赤はDRIP(配当再投資制度)を設定される方は上を、必要ない方は下を設定します。 長期投資目的の方は上を選択するとよいでしょう。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙2枚目


   以下、私がわかる範囲で解説します。 上図のようにチェックを入れれば十分と言う方は下にスクロールして、次のW-8BENの説明に移ってください。


   まずは"Free Householding Service"です。 これは重要度は低いです。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙2枚目(Householding Service)


   SogoTradeの口座を開設すると、税金関係の書類などが自宅に郵送されてくる場合があります。 もし住所が同じ複数の口座を持っているときに、こうした書類が各口座ごとにバラバラに郵送されるよりも、住所が同じすべての口座分の書類をまとめて一括で郵送された方が楽ですよね。


   このように一括で郵送されるようにしますか?と訊いているのです。 ただしここを見ている人は初めてSogoTradeの口座を開設する人ばかりだと思うので、無視するか"I do not"にチェックを入れるで良いでしょう。 私は上図のように"I do not"にチェックを入れました。


   続いて"Free Reinvestment Plan"です。 これはめちゃくちゃ重要です。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙2枚目(DRIP)


   DRIPを行う場合は図のようにチェックを入れるとDRIPが行われます。


   DRIPとは配当再投資制度のことです。 DRIPを行うことで、得られた配当金を手数料無料で自動で株式購入に充てられます。


   複利効果を利用して長期的に資産を殖やしていきたい方はぜひDRIPを行ってください。


   続いて"Service Instructions"です。 口座開設に当たってはそこまで大切ではありませんが、理解しておくことは大切です。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙2枚目(Sweep)


   これは"SWEEP"と呼ばれるものの設定で、口座に預けてある余剰資金やマージン(借りたお金)を日本の銀行の普通預金みたいに運用できますがどうしますか?ということを訊いています。 このときもちろん運用利息がつきます。


   Sweepは資産保護とも密接に関連する話ですので、納得した方を選択すると良いです。

   →Sweep accountの仕組みについて

   →Cash account、Sweep accountと資産保護との関係


   もしあなたがSWEEPを行うつもりがなければ"Service Instructions"の欄にはまったくチェックを入れなくて大丈夫です。 次に進んでください。


   もしあなたがSWEEPを行いたければ"Cash"にチェックを入れます。 マージンに対してもSWEEPしたければ"Margin"にもチェックを入れます。


   続いて"SPECIFY"にある"FDIC"にチェックを入れてください。 FDICはキャッシュやマージンの運用先です。


   さらに隣に"WHEN SECURITIES ARE SOLD"と"DIVIDENDS"がありますが、それぞれ「株式などを売却で得た資金」と「受取った配当金」もまたSWEEPさせて運用させますか?ということを訊いています。


   "Hold"を選択すると「運用しない」、"Send"を選択すると「運用する」になります。 こちらも皆さんの好みで選択してください。


   続いて"Direct Communication Rule 14b-1"です。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙2枚目(Direct Communication)


   これは証券発行者にあなたの個人情報(名前など)を必要に応じて公開することがありますがよろしいですか?と訊いています。 もちろん業務目的での使用でしょうが、あなたがプライバシーにかなり気を遣っていて第三者に個人情報が知られるのが絶対嫌だ!であれば、チェックを入れてください。


   続いて"Additional Account Information"です。


SogoTradeの口座開設申し込み用紙2枚目(AAI)


   ここは開設している口座が政治家や銀行員など、インサイダー的な人によって運用されるかどうかを尋ねている欄です。 なのでここは基本的にすべて"No"を選択してください。


   最後に真ん中やや下に"W-9 Certification"とありますが、これは私もよくわかりません! 書かなくても口座開設には何の影響もなかったです。


   これでNew Account Applicationの入力は終わりです。

W-8BENの書き方

   もう一つの書類、W-8BENについてです。 W-8BENとは源泉徴収に関するアメリカと日本との取り決めに関する書類のことです。 アメリカの金融機関に口座を開設するときに、必ず提出するものです。


   ここではW-8BENの詳しい説明はせずに、手直しにだけ神経を注ぎましょう。 もう既にほとんどの欄が埋まっていると思います。


W-8BEN


   上図のように埋まっていればほとんど大丈夫です。 空白の部分は完全に無視してもらって構いません。


   ただし次の2箇所に関して以下のように修正してください。 まずは3番目にある住所の欄で、郵便番号の手前に都道府県名を追記してください。 上でやったことと同じですね。


W-8BEN


   もう一つ、一番下に"Print Name of Signer"という欄があります。 この文字の真上にあなたの名前(もちろんローマ字)で打ってください。 例えば「Taro Isogo」のような具合にです。


   これでW-8BENの修正は完了です。


   * * * * * * 


   以上でPDFの修正はすべて完了です。 心置きなくプリントアウトしてください(白黒でOKです)。 お疲れ様でした。

残りはあとわずかです

   ・残りの力を振り絞ってSogoTradeの口座開設を一気に片づける

   →旧:Sogotradeの口座開設方法3


   ・フリダシへ戻る

   →旧:Sogotradeの口座開設方法1


最終更新日:2016年4月8日

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
【Firstradeの使い方】ACHの登録方法
【Firstradeの使い方】ACHによる送金方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
【Firstradeの使い方】DRIPの設定方法
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
Firstradeから日本に直接出金する方法
SogoTradeから日本に直接出金する方法
W-8BENの更新方法+少し税金についても
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲