ランダムだから人生が楽しくなる


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



  1. 2018/07/07「金のメルマガ」開始

ランダムだから人生が楽しくなる

   私たちはとにかく安定を求めます。 仕事、給料、人生、あらゆる場面で安定を求めてしまいます。 一方で私たちは何かと不確かなこと、ランダムなことを毛嫌いします。


   その考え、考え直しましょう。


   私たちが本当に人生を楽しんでいる瞬間を考えると、安定で確実なところにはほとんど存在しません。 むしろランダム、不確かであることが私たちの人生を輝かせ、生きる楽しさ、モチベーションを与えているのです。

ハプニングと楽しみ

   本当に人生が楽しい瞬間って、ハプニングとか何か予想外のことが起こった時です。


   例えば旅だってそうでしょう。 あらかじめ旅行前にネットで調べた、山の上からの絶景ポイント。 絶景見たさに旅行に行くも、あいにくの雨。 雨はもちろん、ぬかるんだ斜面、ウザったい湿気。 頂上を上る前になんとか雨は止んで、やっとの思いで頂上に達したらなんと空に虹がかかっている!


   旅の思い出を振り返ってみても、虹の景色といった予想外の出来事に対する感動が強いように感じます。


   テレビ番組だってそうです。 バラエティを見ていたって、本当に面白いのはハプニングといった何か予想できないことが起こった時ではないですか。


   ドラマや映画だって、予想外の結末を迎えるから楽しいのです。


   このように私たちが普段の生活でいつ楽しんでいるのかといったら、予測不能な意外なことが起こった時なのです。

私がバイブルを手にした方法

   あなたは自分にとってのバイブルとなるような運命的な本をどのようにして手にしたでしょうか? 私にとってのバイブルはすべて偶然によって自分の手に渡ったと言っても過言ではありません。


   私にとってタレブの「Antifragile」は一つのバイブルですが、この本を見つけたきっかけはハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」という本です。


   当時投資についての勉強をしようと思い、本屋の投資本コーナーで何かいい本がないかなぁと探していた時にマークスの本に出会いました。 文章の一つ一つに重みがあり、しかも伝説の投資家であるウォーレン・バフェットが推奨していたことが購入の決め手です。


   マークスの本を読み終えて、さらに投資の勉強を行うために何か読みたいと思って「そうだ、マークスが序文にあげていた、マークス推奨の本を読めばいいじゃん」と考えました。 マークス推奨の本のうちの一冊がナシーム・タレブの「まぐれ」という本だったのです。


   タレブの「まぐれ」を手に取って読んでみたら、すっかりタレブの虜になって、せっかくだしタレブの最新作が読みたいと思ったのです。 それが「Antifragile」でした。


   しかもここにはもう一つの偶然があります。 それは私が英語を勉強していたことです。


   当時はAntifragileは日本語訳が出ておらず、英語で読むしかありませんでした。 しかしちょうど私は英語を2年半勉強していたので何とか読むことができたのです。 もしこのとき英語をちゃんとやっていなかったら、もちろんAntifragileを読むことはなかったしこうしていま、このサイトでAntifragileについて書いてなかったでしょう!


   努力は何かしらの形で報われると私は思っていますが、ここでも英語の勉強をしてきたことが意外な形で報われたのです。


   私がバイブルを手にできたのも、意図的ではなくこうした偶然が重なりに重なった結果なのです。


   * * * * * *


   こうやって自分にとっての大きな思い出や現在の自分の軌跡を振り返ってみると、そこにはランダム性が関わっているのです。 皆さんが気づかない間にランダム性によって人生が彩られているのです。


   しかし規範に縛られた社会に住んでしまっているがために、ランダム性のすばらしさを忘れてしまいがちです。 規範、ルールと言うのはランダム性や不安定なものを排除して、安定化させることが目的ですから。


   ランダムで不確かなものはそれ自体が問題であるというよりは、ランダムで不確かなものをどう解釈し実行に移すかという人間自身の問題なのです。


   私たちがこれらをどう捉えるかによって、ランダムで不確かなものは楽しみを与えてくれたり牙をむいたりする。 そこを理解しなければなりません。


   何も計画を立てずに知らないところに行く、自分の興味のあることを直近の必要性とは関係なく楽しむ。 全然それでもいいじゃないですか。


   一番大切なのはとにかく行動して、試行回数を稼ぐこと。 例えまだ未来が見定まっていなくても、こうすることでランダムで不確かなものを友達にして、思いもよらない道が切り開けるのだと思います。

金のメルマガ

 あなたが知らない、ゴールド、世界、日本の真実をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。


金のメルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲