土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



  1. 2018/07/07「金のメルマガ」開始

土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-

   Antifragileはランダムや不確かなものを味方につけて大きな利益を得るという考え方です。 世の中は不確かさに満ち溢れていて、思いもよらない結果も突然訪れるものです。


   私たちはよく「成功を掴む」という言葉を使いますが、思いもよらない良い結果が突然起こるということを考えると、この言葉はあまり的を得ていないように思えます。


   何故なら不確かなものはこちらから掴むことが出来ないからです。


   それもそのはず、不確かなものなので事前に予測することなどできませんから。 目に見えないしどこにあるのかもわからない、もしかしたら存在しないかもしれない。 それが不確かなものです。 そんなものを自分から掴みにいくことなんてできるはずはありません。


   大切なことは土壌を広げることです。 事前にしっかり準備をして自分のテリトリーを広げ、そこに不確かさが思いもよらない効果を発揮してくれるのを待つ、これが成功するための正しいイメージなような気がして仕方ありません。

試行回数を稼いで土壌を広げる

   不確かなものを味方につけるには試行回数を稼ぐことがとても重要になってきます。 つまり積極的にチャレンジするということです。


   例えばアフィリエイトの成功率は10%とか言われます。 成功率が10%と言われたら少ないと思われるかもしれませんが、もし10%だとすると10回チャレンジしたときに1回でも成功する確率は65%に跳ね上がります。 20回行えば88%の確率で1回以上は成功することになります。


   つまり10個、20個と土壌を広げていけば、そこのどこかに不確かさという魔法が掛かって大きく花開くのです。 いつ、どこで魔法が掛かるのかはわかりませんが、意外なところで花開くかもしれないのです。


   私だって本サイトを立ち上げたときはほとんど訪問者数は少なかったです。 しかし地道に記事を書いてアップするという試行を繰り返すことによって、確実に訪問者数は伸びています(閲覧しに来てくれる人、毎度ありがとうございます!)。


   よくビジネスなんかで「打率は3割でいい」とか言われます。 10回チャレンジしてそのうち3回成功すれば十分ということです。


   だけど正直いって打率なんてどうでもいいです。 成功の割合が高い低いって、人生で成功するうえで対して重要ではありません。


   大切なのはいかに大きな利益を得られるか、ここにあります。


   打率は別に1割に満たなくてもいいのです。 たった一回だけ成功して、安定して月収100万とか稼げるようになればそれだけで人生大成功です。


   100打数1安打で打率がたった.010でも、その1安打が月収100万を生み出せればもうあなたは勝ち組なのです。

古来の人はAntifragileの活かし方を知っている

   昔の人は既に不確かなものを味方につけてAntifragile的に大きな利益を得る考えを理解しているように思えます。 実際、次のようなことわざがあるじゃないですか。


  • 人事を尽くして天命を待つ
  • 果報は寝て待て

   この二つのことわざの意味はともに、自分のやるべきことをやったあとは運に任せてひたすら待つというものです。 つまり成功は自分で掴むものではなく、しっかりと土壌を広げて準備をし、そこにランダムが味方してくれるのを待って得られるものだということです。


   現代の日本は成功、失敗に非常に敏感で、納期というタイムリミットが課されているので人事を尽くしても天命を待ってる余裕なんてありません。 そういう時間に支配されたことで、上のようなことわざはほとんど無視されているように思えます。


   しかし情報技術の発達によって、納期といった時間を考えずに好きなように仕事をできるようになっています。 ネットビジネスや投資、トレードなんかが典型です。


   何故かアフィリエイトや投資でも3ヶ月で月収50万とか1年で300万のリターンを得るとか、そういう短期的な成功を望む人が多いです。


   だけどこうした自由が効くビジネスは好きなだけ時間を掛けられるというところに本当のメリットがあるような気がします。


   アフィリエイトだったら時間を掛けて紹介したい商品を、高クオリティな内容や文章で多数のページに渡って紹介することができます。 そうすることでサイト訪問者に紹介したい商品の良さをさらにアピールすることにつながり、それが購入につながりますから。


   投資だったら何年も株を保有することで短期的な変動要因を排除して、配当を含めた安定したリターンを得られる確率を高めることができます。


   しっかりとクオリティの高い行動を時間を掛けて多く行うことで、不確かさに好感を持ってもらって大成功する確率を地道に増やすことが一番の戦略ではないでしょうか。

金のメルマガ

 あなたが知らない、ゴールド、世界、日本の真実をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。


金のメルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲