日経の不思議な記事


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.68]チャンス到来のディフェンシブ銘柄(配信日: 2019/05/21)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

日経の不思議な記事

2017/06/06

 

【2017/06/02 日本経済新聞】骨太から「デフレ」が消える 総論に登場せず

 

政府が2日夕に示す経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案で、「現下の日本経済の課題と考え方」を示す第1章から「デフレ」の文字が消えることがわかった。安倍政権の発足以来、日本経済の課題として、いの一番にデフレからの脱却を掲げてきたのを考えれば、異変と言える。政府がデフレ脱却への自信を強めているのか、それともしつこいデフレとの戦いに諦めムードが漂い始めた裏返しなのか。

 

2017年の骨太方針素案では「デフレ」の文字が出てくるのは2度。16年版では6度「デフレ」の文字があり、脱デフレの文脈でも3回あったのとは様相が異なる。

 

注目すべきは、総論の第1章からデフレの文字が無くなったこと。第2次安倍政権が発足してからは、骨太の方針の第1章の第1段落に必ず「デフレ」の文字が登場してきた。

 

13年は「脱デフレ・経済再生」、14年は「デフレから好循環拡大へ」と副題をつけ、15年版でも「デフレ」を約20回連呼していた。

 

政府は14年の骨太の方針で「物価動向も、もはやデフレ状況ではなく、デフレ脱却に向けて着実に前進している」と表現した。デフレではないが、デフレを脱却できていない状況というのは、例えるなら、海で溺れて、なんとか水面に顔を出したが、海からは出ていないため、いつまた波にもまれて溺れるかわからない状況だ。

 

「デフレではない」状況を宣言してから3年。水面に顔を出してもがいているが、政府がデフレの判断の条件としている消費者物価やGDPデフレーター(モノやサービスの総合的な価格の水準を示す指標)などは低迷したままで、脱デフレは宣言できなていない。

 

スポンサーリンク

 

 不思議な記事。

 

 記事を読むと初めから終わりに掛けて、いままでデフレ脱却デフレ脱却と連呼してきた政府が、デフレに関する指標がいまだ低迷した中で事実上デフレ脱却を諦めたかのように伝わる文章。

 

 しかし何故か次のように締めくくられています。

 

日経平均株価は2日に2万円の大台を回復するなど、足元の経済は前向きな兆しも見える。第1章から「デフレ」の文字を消すことは、政府の景気認識への自信の裏返しともとれる。デフレではなくなり「適温」とも言われる経済下で、いつまで脱デフレにこだわるべきか。経済からも人々のマインドからも少しずつデフレ色を薄める思いを込めた今年の骨太の方針は、9日に閣議決定する予定だ。

 

 いままでの記事の流れと結論の内容がまるでかみ合わないように見えるのです。政府批判とも取れる記事の流れの中で、何故か最後は政府の意向を代弁したかのような文章で締めくくられているのです。

 

 これは最近流行中の忖度ってやつですかい?

 

 しかし記事をもう少し詳しく見ると、そういうわけでもなさそうです。

 

 記事内のテーブルをみると、2017年の骨太の方針に「デフレ脱却・経済再生、歳出改革、歳入改革という「3つの改革」を確実に進めていく必要がある」と記載されていることを紹介しています。

 

 今年の骨太の方針に上記記載があるということは、政府はいまだデフレ脱却が達成していないことを認識しているというわけです。

 

 にも関わらずデフレの文言を大幅に削除したというのは、デフレ脱却達成をもはや諦めており、今後遠からず大きなデフレまたやってくることすら暗示しています。

 

 誰もがこのように思える政府の文章を引用したということは、やはりデフレ脱却が諦めムードであることを読者に伝えたかったのではないでしょうか。

 

 最後の結論には一見違和感を覚えますが、これは一つのまとまりとして読むべきではなく、次のように2つの部分に分けて読むべきなのです。

 

  • 日経平均株価は2日に2万円の大台を回復するなど、足元の経済は前向きな兆しも見える。第1章から「デフレ」の文字を消すことは、政府の景気認識への自信の裏返しともとれる。デフレではなくなり「適温」とも言われる経済下で、いつまで脱デフレにこだわるべきか。
  • 経済からも人々のマインドからも少しずつデフレ色を薄める思いを込めた今年の骨太の方針は、9日に閣議決定する予定だ。

 

 前者は前者として、後者は後者として段落分けされたと考えて見てみましょう。もはや前者はいままでの記事の流れにそぐわないので、文章を隠してしまって良いかもしれません。

 

 前者を隠すと当該日経の記事はこんな感じで終わることになります。

 

「デフレではない」状況を宣言してから3年。水面に顔を出してもがいているが、政府がデフレの判断の条件としている消費者物価やGDPデフレーター(モノやサービスの総合的な価格の水準を示す指標)などは低迷したままで、脱デフレは宣言できなていない。安倍政権はアベノミクスの成功が高い支持率につながっているが、「デフレ脱却の高すぎる目標は達成できず、呪縛のようになっている」(経済官庁職員)。

 

経済からも人々のマインドからも少しずつデフレ色を薄める思いを込めた今年の骨太の方針は、9日に閣議決定する予定だ。

 

 するとどうでしょう?随分印象が変わるでしょう。それに記事全体の一貫性をますます感じられませんか?

 

 この記事の最初からの流れを踏まえると、「少しずつデフレ色を薄める思い」というのは、「デフレ脱却という目標を掲げてきた事実を国民の記憶から忘れさせたい」という婉曲表現、最大限の皮肉とも受け取れます。

 

 実際のところはどうなのかわかりませんが、何とも不思議な文章の当該日経の記事はおそらく「やれるだけの正当な政府批判をやった」ものとして捉えるのが良さそうです。

 

 この認識を裏付けるものとして、当該日経記事の前日に日経は次のような世論調査の結果を公表しています。

 

【2017/06/01 日本経済新聞】加計学園問題、政府の説明「納得できない」8割

学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設に関する文書が政界に波紋を広げています。

 

どちらの説明に納得できるのか。電子版の読者に聞いたところ、政府の説明に「納得できない」は81.4%で、「納得できる」の18.6%を大きく上回りました。

 

前川氏の説明に「納得できる」は74.1%で、「納得できない」の25.9%より多かったです。この調査から見ると、読者の不信感は政府の方により多く向いているようです。

 

安倍内閣の支持率は26.7%で、前回調査の52.1%から25.4ポイントも激減しました。12年12月の第2次安倍政権の発足以降、最低の水準に落ち込みました。

 

 日経も、ようやく舵を切り始めたのでしょうか。何だかんだでメディアを取り巻く環境に地殻変動が起こっているのかな?

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。


 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

日中のお金の取り扱いは滅茶苦茶だ
米国ICT企業10社で日本企業全体の研究開発費を抜きさる
お金と個人情報、預ける意味は全然違う
変動型住宅ローンに飛びつく、思考停止状態の日本人たち
「日本銀行ホールディングス」の海外進出、というシナリオ
日本政府が「社会保障+国債費」を税収だけで支払えなくなる日
率先して悪事・非倫理的行為に手を染め続ける日本企業
[2018/04/19]日本はロシアを差し置いて米国からのガス輸入を急増させた
[2018/03/09]近視眼的にカネをドブに捨てる邦銀・日本企業
[2018/02/16]日銀大規模金融緩和が巡り巡って日本の米国債売却につながった?
[2018/01/09]日銀の総資産減少!量的金融引き締めの足音が聞こえてきた
[2018/01/05]金欠日本政府に水道事業を維持・管理するカネはない?
[2017/12/26]【賃上げ?】経済再生意欲が感じられない来年度予算政府案
[2017/12/15]税制改正大綱をざっとみた感想:使いやすい労働者がいれば十分
[2017/11/14]総裁任期満了を前に、さらなる予防線を張り出した黒田総裁
[2017/10/13]「貯蓄から投資へ」メリットがあるのは誰?
[2017/10/06]電気自動車の台頭×日本の財政・金融の潮流=長期「超円安」
[2017/09/16]安倍・黒田体制の終わりの兆しがチラチラ出てきているぞ
[2017/09/05]金利上昇、不動産価格下落リスクを考えなければいけないのに...
[2017/07/28]宅配業界の不気味な値上げの動き
[2017/07/07]主要3税すべて減収、晩秋列島経済に木枯らし1号が吹き荒れる
[2017/06/14]銭ゲバの日本企業のトップたち
[2017/06/06]日経の不思議な記事
[2017/06/03]「日本円:アウト、MUFGコイン:イン」の動きが胎動している?
[2017/04/25]日本の国家崩壊すら考えざるを得なくなった、スノーデンファイルが公開された
[2017/04/22]マイナス金利政策1年経過後初めての日銀金融システムレポートを読んでみた
[2017/03/15]日銀は絶賛テーパリング実行中のようです
[2017/02/07]日米首脳会談後の日本の財政・金融政策に生じる変化を見極めるのが大切そう
[2017/01/28]米国のTPP離脱による日本の迷走...試算が示す悲観的な未来はまだまだ楽観的。本当の底はもっと深いだろう
[2017/01/16]日本企業が相変わらず預金を貯めこんでいる...ただそれだけの話
[2017/01/10]失業給付金の積立金が今後大きく減少するリスクあり
[2016/12/26]日本株を支える日銀。私たちが直面するモラルと年金のあいだのジレンマ
[2016/12/07]金利上昇。政府・日銀のぬか喜び、民間企業の憂鬱
[2016/12/05]社会保障の国民負担増加への流れ...シャウプ勧告を葬ったツケがまわってきた
[2016/11/07]リーマン・ショック時よりも悪化している日本国民の貧困化
[2016/10/27]日銀の金融政策は地域金融機関をますます弱体化させた
[2016/09/22]日銀による総括的検証後の政策は国債市場を最終局面へと導く
[2016/09/17]社債発行ラッシュの裏に潜む日本企業の現状

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲