CATEGORY

テクノロジー・テレコム

  • 2022年4月25日

IBMが衰退企業なのは過去の話?スピンオフ完了後に成長続く

今回はIBMについてです。長らく売上の減収が続きビッグブルーは血の気が引いたように紺青が色褪せてきましたが、こうしたトレンドにすでに変化が生じています。 スピンオフ完了、IBMはよりソフト・サービス型企業へシフト スピンオフ完了から半年程度経ちましたが、メルマガでこれまで触れて来なかったため、分社化の中身について簡単に説明しておきます。 昨年11月3日に、IBMの旧グローバルテクノロジー部門の一部 […]

  • 2022年4月19日

ワーナーブラザーズ・ディスカバリー爆誕、成長見通しはどうか

4月11日にAT&Tはワーナーメディア部門のスピンオフが完了しました。 ワーナーメディア部門は旧ディスカバリーと統合し、新会社ワーナーブラザーズ・ディスカバリー(WBD)としてスタートしました。WBDはスピンオフ完了と同時にナスダックでの取引が開始しました。 AT&T株主はAT&T1株につき0.24株のWBD株を受け取りました。WBDの価値は旧AT&Tの約24%程度 […]

  • 2022年4月18日

ネットアップとオールフラッシュアレイ市場の分析

今回、ストレージベンダー・クラウド関連サービス提供会社のネットアップについてお話します。 ネットアップの事業だけでなく、オールフラッシュアレイ市場の学習の材料にでも今回の記事をお使いください。 ネットアップの業績は、コロナパンデミックの影響のあった2020年夏以降、好調が続いてきました。 ここ2年で売上は15%、営業利益は19%程度伸び、収益と利益率の双方が伸びました。営業利益率は20%台に再び達 […]

  • 2022年3月21日

インテルがファウンドリー事業に再参入した背景と勝算

2022/03/21に配信した有料版記事[アボマガ No.205]の一部を編集したものです。   アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 →ご登録はこちら インテルはTSMCやサムスン電子との競争に敗れファウンドリー事業から事実上撤退していましたが、昨年3月に再参入を発表しました。   米国のアリゾナ州、オハイオ州にそれぞれ200億ド […]

  • 2022年2月14日

バリュー株の反撃:値上がり続く高配当テレコム銘柄

2022/02/14に配信した有料版記事[アボマガ No.201]の一部を編集したものです。   アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 →ご登録はこちら 今回はあるバリュー株(テレコム株)についてのお話しです。   世界の中央銀行が利上げを行う流れのなかで、最近はグロース株からバリュー株に投資がシフトしていく流れにあります。   そ […]

  • 2021年9月6日

投資家が見逃し続けてきた「お宝テクノロジー企業」

[アボマガお試し版 No.179]投資家が見逃し続けてきた「お宝テクノロジー企業」の記事(一部)です。2021/09/06に配信したものです。   アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 →ご登録はこちら 今回は、今年4月12日に紹介したテクノロジー銘柄のレビューです。   この銘柄は米国のアマゾン、アップルを始めとした主要テクノロジ […]

  • 2021年5月24日

裏にバイデン政権の要請か:AT&Tのワーナーメディア切り離し

今回は、衝撃のスピンオフ報道が出たAT&Tについてです。   [アボマガお試し版 No.166]寝耳に水のスピンオフの記事(一部)です。2021/05/24に配信したものです。   アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 →ご登録はこちら 寝耳に水のワーナーメディア部門スピンオフ [2021/05/17 ブルームバーグ]AT& […]

  • 2021年5月12日

データ取り扱いを巡りテスラをテストする中国政府

昨春のコロナショックの底から今年1月にかけて、株価が10倍に値上がりして880ドル台をつけたテスラ。   しかしその後現在まで株価は調整気味で、3割程度下落してきました。   テスラは中国・上海のギガファクトリーを一つの軸に電気自動車市場の支配を強めようとしていましたが、水を差すような報道が出ました。   [2021/05/11 ロイター]米テスラ、上海工場の拡張計画を凍結 米中関係の緊張で=関係 […]

  • 2021年4月27日

微細化の後れがインテルにもたらす意外なチャンスとは

半導体不足が長引いています。 当初は専ら自動車産業で起きていましたが、その後家電製品、スマートフォン、パソコンなどにも広まっています。 半導体不足が生じたのは、COVID-19パンデミックでノートパソコンやデータセンター向け等のチップ需要が高まったことと、トランプ政権時代の中国への経済制裁です。 ファーウェイへの経済制裁で中国勢はチップ在庫を大量に抱え込もうとし、SMICへの経済制裁で欧米企業は半 […]

  • 2021年1月27日

クラウド関連銘柄のレビュー

今回は、先週お話しした「***」での影響が懸念される2銘柄についてです。 記事の大半は、19年10月に紹介した***についてです。最後に***について触れます。 [アボマガお試し版 No.150]某リスク顕在化による業績への影響を考えるの記事(一部)です。2021/01/25に配信したものです。 アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 […]