CATEGORY

貴金属・素材・エネルギー・公共財

  • 2021年7月5日

掘り出し物です

[アボマガお試し版 No.172]掘り出し物ですの記事(一部)です。2021/07/05に配信したものです。   アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 →ご登録はこちら 今回、アボマガ・エッセンシャルでインフレ対策銘柄を一つ紹介しました。   この銘柄は、ある物を製造するために必須の製品を作っています。   この製品は製造に3-6ヵ […]

  • 2021年6月7日

石油市場の大変革:ESG投資家・OPECが結託する時代へ

先週、WTI原油およびブレント原油の価格が2018年以来の高値となり、ブレント原油は1バレル70ドルを突破しました。   インフレ懸念が根強い中、ワクチン接種拡大と感染収束による欧米の経済再開、中国の強い石油需要、コロニアルパイプラインへのサイバー攻撃によるガソリン買い溜めの動きなどが原油価格の値上がりにつながりました。     そこで今回は石油需給の動向を分析・アップデートしていきます。   [ […]

  • 2021年5月31日

クリーンエネルギー時代の主役となるベースメタル

今回は銅についてお話しします。   昨春以降、景気回復への期待感から工業用商品が大きく値上がりする中で、銅価格は2倍以上と屈指の値上がりが続いてきました。   今月7日にはLME銅価格が2011年2月以来、およそ10年ぶりに最高値を更新しました。ただ12日以降は下落傾向が続いています。     [アボマガお試し版 No.167]クリーンエネルギー時代の主役となるベースメタルの記事(一部)です。20 […]

  • 2021年5月26日

金価格が1トロイオンス1900ドルを突破、およそ4か月半ぶり

[2021/05/26 ブルームバーグ]金、年初来の下げ消す-米金融政策据え置き姿勢と債券利回り低下で   金スポット価格は25日、1%高の1トロイオンス=1899.25ドルと1月初め以来の高水準となった。26日のアジア時間午前の取引では昨年末を若干上回る水準で取引されており、年初来の下げを消した。3月には一時9カ月ぶり安値を付けていた。   米国の景気回復に伴う物価上昇は持続的ではなく一時的との […]

  • 2021年5月17日

大寒波の被害を受けた銘柄の現状

今回は電気・ガス・水道・再生可能エネルギー会社の***についてです。   昨年、配当目的の銘柄として紹介しました。公共株ですので、インフレ対策になります。   [アボマガお試し版 No.165]大寒波の被害を受けた銘柄の現状の記事(一部)です。2021/05/17に配信したものです。   アボマガ・エッセンシャル(有料版)にお早めにご登録されると、当記事のフルバージョンをご覧いただけます。 テキサ […]

  • 2021年4月30日

中国はこのままアルミニウム純輸入国になるのか

今回は、「軽銀」とも呼ばれるアルミニウムの市場に大きな構造変化が生じていることについてお話しします。   需要について、アルミニウムは電気自動車のボディやソーラーパネルに使われ、気候変動、脱炭素の時代に有望視される素材の一つです。 特に電気自動車において、航続距離を伸ばすために軽量化は必須であり、軽くて丈夫なアルミニウムの需要が長期的に伸びることが期待されます。 [アボマガお試し版 No.164] […]

  • 2021年3月13日

インフレ懸念が高まる中、ニッケル価格急落が不可避な理由

ここ最近、ワクチンやワクチンパスポートの普及による経済活動再開本格化への期待、インドの年間GDPを上回る2.9兆ドルもの貯蓄が消費に回されることで、インフレが強まるとの期待や懸念が高まっています。 米国では1.9兆ドルの追加景気支援策が成立しました。 消費者物価の先行指標である中国の2月の生産者PMIは前年比1.7%の上昇と、2018年11月以来の伸び率となりました。 しかし商品価格を見ると、鉄鉱 […]

  • 2021年2月16日

中国のアルミニウム生産に変調の兆し

アルミニウム市場について少し調べてみました。 アルミニウム価格は2000年代に上昇し、2008年にピークを付けた後、今日まで、いくつかの変動がありながらも下落傾向が続いてきました。ただ昨春以降、価格上昇が続いています。 価格推移は、概ね、他の商品と似たようなものとなっています。 2010年代のアルミニウム価格の下落は、中国の長年にわたるアルミニウム生産能力の拡張とそれに伴う供給増によってもたらされ […]

  • 2021年2月8日

商品インフレ対策銘柄

今回は銘柄を一つ紹介します。***です。 表題の通り、商品インフレ対策としての紹介です。これまでも金、銀の商品銘柄を紹介してきました。 ただ商品といっても需給動向、経済状況、投資家・投機家の選好などによりそれぞれ値動きは異なります。 ある程度保有する商品の種類を分散したほうが商品インフレの波に乗りやすくなると考えられますので、選択肢を広げるために、今回***を紹介することにしました。 [アボマガお […]