CATEGORY

貴金属・素材・エネルギー・公共財

  • 2021年4月30日

中国はこのままアルミニウム純輸入国になるのか

今回は、「軽銀」とも呼ばれるアルミニウムの市場に大きな構造変化が生じていることについてお話しします。   需要について、アルミニウムは電気自動車のボディやソーラーパネルに使われ、気候変動、脱炭素の時代に有望視される素材の一つです。 特に電気自動車において、航続距離を伸ばすために軽量化は必須であり、軽くて丈夫なアルミニウムの需要が長期的に伸びることが期待されます。 [アボマガお試し版 No.164] […]

  • 2021年3月13日

インフレ懸念が高まる中、ニッケル価格急落が不可避な理由

ここ最近、ワクチンやワクチンパスポートの普及による経済活動再開本格化への期待、インドの年間GDPを上回る2.9兆ドルもの貯蓄が消費に回されることで、インフレが強まるとの期待や懸念が高まっています。 米国では1.9兆ドルの追加景気支援策が成立しました。 消費者物価の先行指標である中国の2月の生産者PMIは前年比1.7%の上昇と、2018年11月以来の伸び率となりました。 しかし商品価格を見ると、鉄鉱 […]

  • 2021年2月16日

中国のアルミニウム生産に変調の兆し

アルミニウム市場について少し調べてみました。 アルミニウム価格は2000年代に上昇し、2008年にピークを付けた後、今日まで、いくつかの変動がありながらも下落傾向が続いてきました。ただ昨春以降、価格上昇が続いています。 価格推移は、概ね、他の商品と似たようなものとなっています。 2010年代のアルミニウム価格の下落は、中国の長年にわたるアルミニウム生産能力の拡張とそれに伴う供給増によってもたらされ […]

  • 2021年2月8日

商品インフレ対策銘柄

今回は銘柄を一つ紹介します。***です。 表題の通り、商品インフレ対策としての紹介です。これまでも金、銀の商品銘柄を紹介してきました。 ただ商品といっても需給動向、経済状況、投資家・投機家の選好などによりそれぞれ値動きは異なります。 ある程度保有する商品の種類を分散したほうが商品インフレの波に乗りやすくなると考えられますので、選択肢を広げるために、今回***を紹介することにしました。 [アボマガお […]