当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

希少性とは

   6つの心理の最後は希少性です。 希少性とは数が少ないものや珍しいものをより値打ちのあるものと思い込んでしまう心理のことを指します。


   例えばバーゲンや通販で「限定100品!」「先着10名様限定」「今年最後のチャンス」といったキャッチフレーズで商品が販売されてたりしますよね。 ラーメン店とかでも先着10人限定のラーメンといった、限定性のあるラーメンを売っていることもあります。 限定のラーメンを求めて、開店前からラーメン店に行列ができていることだってあります。


   これらはすべて私たちの希少性を利用しています。 限定とか先着何名様という珍しさ、早く買わないと他の人に先に買われて買えなくなってしまうといった焦りが希少性を刺激し、購入に踏み切りさせるのです。


   商品によっては本当は限定の品ではないのにも関わらず、わざと限定性を表に出して希少性を働かせていることもよくあります。 例えばテレビの通販CMで「このCMをご覧になった人限定で、通常一箱の品を二箱差し上げます」というものをよく目にします。 一週間後、同じ時間帯にテレビをつけるとまた同じCMをやっています。 そして同じように限定性を強調したCMを流しています。


   別に本当は限定品でなくてもいいのです。 限定という言葉を使うこと自体が重要なのです。


   何故私たちには希少性が働くのでしょうか。 理由は大きく分けて次の二つです:

  • 数が少ない→価値があると考えてしまう連想
  • 不自由への反抗心

   まず一つ目は数が少ない→価値があるという風に連想してしまうことです。


   このように連想してしまうのは経済の需要・供給関係をみてごく自然なことでしょう。 スーパーに行っても、キャベツが豊作だとキャベツを安く買うことができますよね。


   逆に天候不順が影響でキャベツが不作だと、消費者のニーズに十分応えるほどキャベツを供給することができなくなるのでキャベツの価格が上昇しますよね。 供給できる数が少なくなるほど、キャベツの価値が上昇するのです。


   このような需給バランスを私たちは当たり前のように見ているので、数が少ない→価値があると連想するのは普通でしょう。


   もう一つの理由は不自由への反抗心です。


   不自由への反抗心というのは、入手したりするのが難しかったり入手するのに制限が掛かっていると、逆に私たちはその入手しにくいものをもっと入手したいと思うような気持ちのことを指します。


   不自由への反抗心が現れる一つの例として恋愛があります。 あまりモテていない人に対して魅力を感じないと思う方は多いことでしょう。 一方で多くの人にモテている男性、女性を好きになりやすい傾向があります。


   多くの人に持てているということは、それだけ競争が激しいということです。 そのためそう簡単にその異性の心を射止めることは出来ません。 こうした不自由がさらにその異性の価値を高め、付き合いたいと思う気持ちが強くなるのです。


   数が少ないものを購入するときも似たようなものです。 数が少ないと、他の多くの人との購買競争に持ち込まれます。 モタモタしていると他の人に先に買われてしまい、こちらが購入する前に売り切れになってしまいます。


   こうした不自由、自分の好きな時にいつでも買えるわけではない、というのが商品に対する価値を高め、私たちの購買意欲をさらに刺激するのです。

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

6種の心理
返報性とは
返報性を活かしたビジネス
ネットと返報性-ネットビジネスで成功するためにはまず無料でGiveしまくろう-
返報性を活かすには見返りを求めてはいけない
返報性と不確かさ-世の中に不確かなものは当たり前のように存在する-
コミットメントと一貫性とは
コミットメントと一貫性を強く働かせるための4つの原則
コミットメントと一貫性を活かすには最初が肝心
「出来ない」と言うことの大切さ
実行力があるだけではダメ
社会的証明とは
社会的証明が働く2つの原理-不確実性と類似性-
ル・ボンの群衆心理と没個性化-おかしな群衆や集団には決して入ってはいけない-
ネット上では真実よりもマーケティング力に優れた情報の方が伝播しやすい
社会的証明を働かせないためにノイズをシャットアウトすることの大切さ
知識は社会的証明への防御になる
ゴールドラッシュ-社会的証明に従わないことがビジネスで成功する秘訣-
好意性とは
Liking vs Ego
見た目がものをいう
権威性とは
専門家の意見を正しいと考えてしまう
連想により偽りの権威が生まれる
数と権威性その1
数と権威性その2
数と権威性その3
権威とハブと効率化
権威性・トップダウン・ボトムアップ
希少性とは
不自由への反抗を考える
主体的に行動するときこそ希少性を忘れない

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲