当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

不自由への反抗を考える

   不自由への反抗、痛みや制限に対する反発心というのは私たちの心理にかなり根付いています。


   例えば道を歩いていると、たまに「危険!近づかないでください」という警告看板があります。 しかし不思議と、私たちはこういう看板を目にすると逆にどうなっているのかが気になってしまうものです。


   これも不自由に対する反抗です。 近づくなという制限、つまり不自由によって逆に私たちに近づきたいという反発心がより生まれてしまうのです。


   また世界の紛争、政治的反乱を考えてください。


   例えばイラクで起こっているテロや紛争は、イラク国内ではマイノリティであるイスラム教徒スンニ派が引き起こしています。 2006年や2014年に起こったタイのクーデターは、富裕層を支持するタイ軍部が貧困層にひいきした政策を行ってきた政権に対抗するために起こったものです。 中国では絶対的な権力をもつ共産党政権に対する、民主化を求めるデモが頻繁に起こっています。


   このように不自由への反抗は私たちの心理に深く根付いています。 そして不自由への反抗は至るところで見受けられるのです。


   それでは不自由への反抗が私たちの心理に根付いていることを何かしらに応用できるでしょうか。 一つ考えられるのは子供の教育に対する応用です。


   例えば子供に対して、あまり「~してはいけない」「~しなさい」といった強制をしつこく行うと子供に悪影響を及ぼしてしまう可能性があることです。 「勉強しなさい!」「宿題終わるまでゲームで遊んじゃダメ!」「あぶないからこのみちをとおってはいけません」といったセリフ、メッセージがよくあります。


   しかしこれらは不自由への反抗心という目線で見れば最悪です。 これらは子供たちにモロに制限を与えることになります。 その結果反抗心が生まれてさらに悪い方向に行ってしまう可能性があります。


   実際、勉強しなさいと言われると逆に勉強のやる気がなくなる子供が半分もいます。 逆に勉強しなさいと言われない子供の方が、自主的に勉強をするようになります。


   私たちにはInner responsibilityというものが宿っています。 これは自分の意志で責任をもって物事に取り組むことで、より責任をもって自ら行動できるようになる人間の一つの能力です。


   子供自身のInner responsibilityを刺激して、自主的に勉強をする気持ちを子供自信の心に形成することが何よりも重要となります。


   上のことは私の経験が何よりも証明しています。 私も東工大を卒業しましたが、両親から勉強しなさいと言われた記憶はありません。 気づいたら自主的に勉強を行っていて、楽しみながらずっと勉強を行っていました。


   途中高校を中退しましたが、その頃に既に勉強に対するInner responsibilityが私の中に形成されていたので、中退後も特に問題なく自主的に勉強を進めることが出来ました。(大手の予備校にも通っていません。基本は自宅で独学です。)


   高校を中退して、大手の予備校に依存しなくとも東工大に合格できるくらいですから、Inner responsibilityの力は絶対に大きいです。


   と同時に私が勉強に対するInner responsibilityを形成することが出来たのは、両親がガミガミ勉強しなさいと全く言って来なかったことが間違いなく大きいでしょう。 もし勉強しなさいと口酸っぱく言われていたら、きっと勉強をやらされている感覚に陥ってしまって自ら勉強したいという気持ちが芽生えることはなかったと思います。


   何事を行う場合にも、Inner responsibilityを植えつけることが必要です。 「~しなさい」といった指示、命令をしてしまうと不自由への反抗が働くだけではなく、Inner reoponsibilityの形成に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。 自分の意思を相手に押し付けるのではなく、相手自信に意思を芽生えさせることが何よりも大切になるのです。

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

6種の心理
返報性とは
返報性を活かしたビジネス
ネットと返報性-ネットビジネスで成功するためにはまず無料でGiveしまくろう-
返報性を活かすには見返りを求めてはいけない
返報性と不確かさ-世の中に不確かなものは当たり前のように存在する-
コミットメントと一貫性とは
コミットメントと一貫性を強く働かせるための4つの原則
コミットメントと一貫性を活かすには最初が肝心
「出来ない」と言うことの大切さ
実行力があるだけではダメ
社会的証明とは
社会的証明が働く2つの原理-不確実性と類似性-
ル・ボンの群衆心理と没個性化-おかしな群衆や集団には決して入ってはいけない-
ネット上では真実よりもマーケティング力に優れた情報の方が伝播しやすい
社会的証明を働かせないためにノイズをシャットアウトすることの大切さ
知識は社会的証明への防御になる
ゴールドラッシュ-社会的証明に従わないことがビジネスで成功する秘訣-
好意性とは
Liking vs Ego
見た目がものをいう
権威性とは
専門家の意見を正しいと考えてしまう
連想により偽りの権威が生まれる
数と権威性その1
数と権威性その2
数と権威性その3
権威とハブと効率化
権威性・トップダウン・ボトムアップ
希少性とは
不自由への反抗を考える
主体的に行動するときこそ希少性を忘れない

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲