当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.55]見た目と中身、あなたはどっち派?_2(配信日: 2019/03/14)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

主体的に行動するときこそ希少性を忘れない

   希少性によって私たちは数が少ないもの、珍しいものに対して価値を置きます。


   しかしいざ自分で行動するときには、この希少性をほとんどの人が忘れていると思うのです。


   言うなれば、主体的に行動するときに希少性が働きにくいのです。 自分で行動するときには珍しいものを生み出す、珍しい方法を取るといったことが中々できないのです。


   何故私たちは主体的に行動するときに希少性が働きにくいのでしょうか。


   私たちは何か明確な情報を与えられたときに希少性が働きやすいです。 「期間限定」「先着20名様まで」といった情報を与えられることで購入者、消費者はそのものに大きな価値を置きます。


   要は希少性とは受動的に働きやすいのです。 珍しいという何かしらの明確な情報を与えられることで希少性は働くのです。


   一方で私たちは社会的証明によってみんなの行動を真似したいと思います。


   例えば日本人の人生を考えても、いい大学に入っていい企業に入って結婚して子供を作って安定した生活を送ることに重点が置かれています。 別に人の生き方に正しいも正しくないもないはずですが、社会的証明によってこのような生き方が正しいとされています。 そして多くの人が安定して暮らせるような生活スタイルを理想としています。


   要は主体的に行動するときには社会的証明がより強く働くということです。 自分で何かを築き上げるとき、何か行動を起こすときには周りの多くの人が取っている行動を正と考えます。 主体的に何かを生み出すときには、ありきたりなものしか生み出せないということです。


   逆に考えれば、私たちは中々主体的に希少なものを生み出すことが苦手です。


   希少なものを生み出すには他の人たちが行っていないような行動を行う必要があります。 しかし周りが誰もやっていない行動を行うには不安が伴います。 成功する保証もないので場合によってはリスクもあります。


   主体的に希少なものを生み出そうとすると、必ず上のような不確実さが表れてくるのです。 私たちは不確実なものが嫌いなので、中々不確実な世界に足を踏み入れることができません。


   よって主体的に行動しようとするときは社会的証明が強く働いてしまうのです。 頑張って社会的証明に抗おうとしても、不確実なことが頭を埋め尽くすので中々人は主体的に希少なものを生み出せないのです。


   上に述べたとおり、私たちは受動的に希少性を働かせることができます。 一方で主体的に行動するときには社会的証明が勝ちます。 主体的に行動するときには希少性を働かせることができません。 希少性を働かせるためのトリガーである「珍しいという情報」を逆に生み出さなけらばいけない立場だからです。


   私たちが大成功を収めるためには社会的証明に抗えなければなりません。 みんなと違う行動をして、大多数の人の一歩先を歩かないといけません。


   そのためには他の多くの人がやっていないことを行う必要があります。 自分の手で珍しいものを生み出す、今まで誰も思いつかなかった方法を取るといったことが必要になります。


   つまり大成功を収めるためには、主体的に行動するときに希少性を働かせることができるかにかかっているのです。 珍しいものというトリガーがなくても希少性を働かせることができるか?これがとても大切になります。


   珍しいものに価値があることを理解していながら、いざ自分で行動をするときにありきたりなことしかできないのは非常にもったいない気がします。


   決して斬新な方法ではなくても、自分なりに頭を使って時間を掛けて考えて行動して、自分なりの方法や哲学を築き上げる。 自分なりの英語の勉強法、投資の勝ち方などなど。 これだけでも自分なりのユニークなものを生み出せると思うのです。


   珍しいものに価値があることを理解して、自分なりの行動を行えるようにしたいものです。

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。


 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

6種の心理
返報性とは
返報性を活かしたビジネス
ネットと返報性-ネットビジネスで成功するためにはまず無料でGiveしまくろう-
返報性を活かすには見返りを求めてはいけない
返報性と不確かさ-世の中に不確かなものは当たり前のように存在する-
コミットメントと一貫性とは
コミットメントと一貫性を強く働かせるための4つの原則
コミットメントと一貫性を活かすには最初が肝心
「出来ない」と言うことの大切さ
実行力があるだけではダメ
社会的証明とは
社会的証明が働く2つの原理-不確実性と類似性-
ル・ボンの群衆心理と没個性化-おかしな群衆や集団には決して入ってはいけない-
ネット上では真実よりもマーケティング力に優れた情報の方が伝播しやすい
社会的証明を働かせないためにノイズをシャットアウトすることの大切さ
知識は社会的証明への防御になる
ゴールドラッシュ-社会的証明に従わないことがビジネスで成功する秘訣-
好意性とは
Liking vs Ego
見た目がものをいう
権威性とは
専門家の意見を正しいと考えてしまう
連想により偽りの権威が生まれる
数と権威性その1
数と権威性その2
数と権威性その3
権威とハブと効率化
権威性・トップダウン・ボトムアップ
希少性とは
不自由への反抗を考える
主体的に行動するときこそ希少性を忘れない

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲