当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.128]ロシア企業の環境汚染スキャンダル(配信日: 2020/07/13)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

はっきりしてると何となく起こりそうな気がする-Ellsbergのパラドックスと透明性-

   はっきりと会話が出来る人とボソボソっと話してどこか曖昧な感じな人、どちらが好きですか。 普通ははっきりと会話できる人の方が印象が良いですよね。 プラスに感じますよね。


   根拠のない自信をもって「将来俺は社長になる!」と豪語している人と、「将来のことなんてわからない」と懐疑的に思っている人、どちらの方が将来有望だと思いますか。 根拠なく「俺は社長になるぞ!」って言っている人の方が何となく将来有望な気がしませんか。


   私たちは曖昧なものではなく、はっきりと明確なものを好みます。 どんなに根拠がなかろうとも、はっきりとしているだけで良い印象を持ってしまいがちです。


   私たちの体感確率も同じです。 はっきりとしているものは体感確率が高くなるのです。


   クリアで透き通っているか、それとも曇っていてぼやけているか、それが私たちが捉える確率の印象を大きく変えます。 透明度と確率を知らぬ間にリンクさせているのです。

Ellsbergのパラドックス

   透明度と確率をリンクさせて考えてしまうことの例に、Ellsbergのパラドックスというものがあります。 これは次のようなものです:


   ツボに全部で90個の玉が入っています。 そのうち30個は赤玉、残り60個は黒玉と黄色玉です。 黒玉と黄色玉がツボに何個入っているのかはわかりません。


   あなたはこれからツボから球を1つ取り出します。 次の二つだったら、どちらを選択しますか?

  1. 赤玉を取り出したら10000万円をもらえる
  2. 黒玉を取り出したら10000万円をもらえる

   次に取り出した玉を一度ツボの中に戻してしっかりと玉を混ぜます。 そしてもう一回あなたにはツボの中から玉を取り出すチャンスが与えられます。 次の二つの選択肢が与えられたとき、どちらを選択しますか?

  1. 赤玉か黄色玉を取り出したら10000万円をもらえる
  2. 黒玉か黄色玉を取り出したら10000万円をもらえる

   あなたは二つの質問に対して、それぞれどちらを選択したでしょうか?


   実際にこの実験が行われたとき、「1、4」という組み合わせを選択した人が最も多かったのです。 あなたももしかしたら「1、4」を選択されてませんか?


   それでは何故「1、4」という選択する人が多いのでしょうか。 そのカギは透明性です。


   1番と2番を比べてみましょう。 1番の赤玉は、ツボの中に30個入っていることがもうわかっています。 赤玉の個数がクリアなわけです。 しかし2番の黒玉は、問題からは何個入っているかわかりません。 つまり黒玉の個数は不透明です。


   この赤玉が30個あるという透明性が、私たちの選択を1番へと駆り立てるのです。


   次に3番と4番を比べてみましょう。 3番は赤玉と黄色玉を引き当てればよくて、赤玉は30個入っていることがわかっていますが黄色は何個あるのかわかりません。 よって赤玉と黄色玉の合計個数はこちらにはわかりません。 不透明でぼんやりとしているのです。


   一方で4番は、黒玉も黄色玉も何個入っているのかがわかりません。 しかし黒玉と黄色玉の合計が60個だということはわかっています。 このため4番目の選択は透明、クリアになっています。


   こうして3番と4番を比較すると4番の方がはっきりとしているので、私たちは4番を選択することになります。


   こうした透明性という理由から私たちは「1、4」という組み合わせを最も好むのです。


   このように私たちは無意識のうちに、透明性が高い→確率が高いという勝手なイメージが出来上がってしまっているのです。

メールマガジン「アボマガ」のご案内

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

プロスペクト理論とは何か
プロスペクト理論をもっと理解する-グラフから見える3つの要旨-
参照点-人の感情は比較で生まれる-
Diminishing Sensitivity-損得感情は緩やかになっていく-
Loss aversion-失うなんて絶対に嫌だ-
確率なんて信じられない!-実際の確率と体感確率との乖離-
確率際でのインパクト
損得行動4パターン
損得行動4パターンをグラフで理解する-取得×低確率-
損得行動4パターンをグラフで理解する-損失×高確率-
何故傷口が大きいほどより傷口を広げる行動を取るのか
何故プロスペクト理論は重要なのか
プロスペクト理論はどのようにして生まれたのか-Expected Utility理論の過ち-
Loss aversionは生存するための一種の能力
Loss aversionと言葉-プラス感情よりもマイナス感情の方が表現豊か?-
幸せはストックされにくいが損は簡単にストックされる
大きな幸せ、大きな悲しみ、トラウマ
Sunk-Cost Fallacyとは-何故ベテラン選手はひいきされるのか-
Sunk Cost Fallacyとトップの人たち-膨大な二次コストを払うのは私たち-
Sunk-Cost Fallacyと意思決定-諦めたらそこで試合終了?-
愛着、プライスレス
質素でいることが最強の生き方-プロスペクト理論から考える暮らしのありかた-
質素でいることが最強の生き方-Lossを減らして安全域を広げる-
質素でいることが最強の生き方-デメリットを考える-
Denominator neglect-見せ方で受取り方は変わる-
はっきりしてると何となく起こりそうな気がする-Ellsbergのパラドックスと透明性-

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲