BullionVaultの口座開設方法


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.69]米国政治家の矛先は製薬企業にはあらず?(配信日: 2019/05/23)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設方法

初回公開日:2016/07/08
最終更新日:2017/03/25

 

 今回はブリオンボールト(BullionVault)の個人口座開設方法を説明します。

 

 口座は次の2つのコースから選択できるので、皆さんの用途にあったコースを選択してください。

 

 

 (各コースの概要やメリット・デメリットについて知りたい方はこちらをご覧下さい)

 

 【注意】私はスポット取引しか利用していないため、スポット取引コースについては経験論的な説明となっていますが、積立取引コースについては手元の資料等をもとにした説明にとどまっています。また細かい部分の説明は誤っている可能性もあるので、口座開設の大体の流れを把握する程度にご覧いただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

 

スポット取引コースで口座開設

 スポット取引コースでの口座開設の流れは大体次のようになります。

 

  1. スポット取引コースに申し込む
  2. 本人確認手続きに必要な書類を準備する
  3. ブリオンボールトの口座にテスト送金する
  4. 本人確認手続きを行う

 

 それでは各プロセスについてより具体的に説明していきます。

 

1. スポット取引コースに申し込む

 下のリンク先から「スポット取引コースに申し込む」ボタンをクリックし、必要事項の記入、利用規約の確認・同意して申し込んでください。
 →ブリオンボールトの口座開設ページへ

 

2. 本人確認手続きに必要な書類を準備する

 口座開設の申込みを済ませたら、続いて本人確認手続きに必要な書類を準備しておきましょう。

 

 必要な書類は以下の通りです。すべてオンラインから取り寄せるか紙の印刷物をスキャンして、電子ファイル化させてください(PDFまたはJPEG形式でOKです。形式はすべてのファイルで統一する必要はありません)。

 

必要書類 必須? 詳細 備考
1. 身分証明書用書類 必須!

次のいずれかを選択
・パスポート
・写真付き運転免許証
・ナショナル・アイデンティティ・カード
・官公庁から発行された写真付き身分証明書

共同口座、会社口座もしくは信託口座の場合は、その口座を承認できる一人以上の身分証明書が必要となる可能性あり
2. 銀行口座の証明書類 必須!

次の2点の書類が必要:
・最新の銀行口座明細書
・Swiftコードなど送金時に利用される番号

 
3. 住所証明書 人による

住所が明記された公式書類。例:
・住民票
・公共料金請求書
・領収書
・クレジットの請求書

1または2の書類に住所が書かれていれば提出する必要なし(例えば運転免許証提出の場合は住所証明書は不要)

 

 →最新の情報は公式ページでご確認ください

 

 上の表のように「1. 身分証明書用書類」と「2. 銀行口座の証明書類」を用意すればOKです。また必要であれば「3. 住所証明書」も用意してください。

 

 「1, 身分証明書用書類」は上にあるパスポート、運転免許証などいずれかを準備すればOKなので特に悩む部分はありませんね。

 

 続いて「2. 銀行口座の証明書類」です。上の表にあるように銀行口座の証明書類は次の2種類が必要です。

 

  • 最新の銀行口座明細書
  • Swiftコードなど送金時に利用される番号

 

 まず一つは最新の銀行口座明細書です。銀行名、口座番号、口座名、支店名、支店番号が書かれていることが必要となります(支店番号は書かれていないかもしれないですが、支店名が書かれていれば大丈夫だとは思います。不安な方は明細書を印刷し、インターネットで支店番号を調べて印刷した明細書に書き込み、明細書をスキャンすればOKだと思います)。

 

 銀行口座明細書は定期的に自宅に郵送されていない場合には、オンラインで入手するか、電話で取り寄せるか、支店に行って手続きして取り寄せるかのいずれかになると思います。詳しくは各銀行のホームページをご覧ください(オンラインで入手できるのであればこれが間違いなく一番楽でしょう)。

 

 もう一つ、送金時に利用される銀行コードを提出する必要があります。銀行コードとは送金側・受取側の銀行間で送金処理を行う際に利用される、各銀行ごとの"電話番号"のようなものです。

 

 銀行コードにはいろいろ種類がありますが、ブリオンボールトとの送金口座として国内銀行を指定する場合はSWIFTコードを、米国の銀行を指定する場合にはRouting Numberという銀行コードをブリオンボールトに提出してください。これらコードは各銀行のサイトに載っているので、インターネットで検索してメモ帳といったテキストファイルにコードを記載してブリオンボールトに提出すればOKです。

 

※国内銀行を指定する場合にSWIFTコードが用いられる理由は、国内銀行とブリオンボールトとの送金は国際送金となるからです。一方米国の銀行を指定する場合にはRouting Numberが用いられる理由は、米国銀行とブリオンボールトとの送金は米国内送金となるからです。

 

 本サイトでは日本の銀行口座としてソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアを、米国の銀行口座としてユニオンバンクを紹介しているので、これら3つのSWIFTコードまたはRouting Numberのリンクを下に貼っておきます。
 →ソニー銀行 SWIFTコード
 →新生銀行 SWIFTコード
 →SMBC信託銀行プレスティア SWIFT(BIC)コード ※ページ真ん中
 →ユニオンバンク Routing Number ※Fed Routing Numberが目的の番号

 

 最後に「3. 住所証明書」です。上の1、2の書類に住所が書かれていない場合にのみ別途提出が必要となります。運転免許証や住所が載っている銀行口座明細書を提出される場合には住所証明書は不要です。

 

 提出される場合には上の表に書いてあるように、住民票や電気・ガス・水道料金の明細書などをスキャンして提出すればOKでしょう。

 

3. ブリオンボールトの口座にテスト送金する

 手続きに必要な書類の用意が終わったら、実際の手続きを行う前にブリオンボールトの口座にテスト送金してください(本人確認手続きを先に完了させたい方は、下の「4. 本人確認手続きを行う」の後に送金してもらえればOKです)。

 

 送金額は皆さんの好きなように決めてもらって構いませんが、万が一送金に失敗して送金額が戻らないといった最悪のトラブルを避けるために、最初は少額の送金をおすすめします(特に日本円以外を送金する場合)。

 

 送金は日本の銀行口座から行うのか、米国(その他海外)の銀行口座から行うかによって異なります。送金方法については下の記事をご覧ください。
 →ブリオンボールトに入金する方法

 

 ブリオンボールトに送金指図を出して数日後に無事送金出来たら、送金した銀行のオンラインバンキング上で送金履歴のキャプチャー画像を撮っておくことをおすすめします。ブリオンボールトへの送金の証拠としてブリオンボールトに提出するためです。

 

 ※Windows利用者はキーボード右上あたりにある「Prt Sc」ボタンを押すと、いまスクリーンに映し出されている画像をコピーできます。その後Windowsに最初から搭載されているソフト「ペイント」を起動して文章を貼りつけるのと同じ要領で貼り付け(Ctrl-V)を実行すれば、先ほど撮ったスクリーン画像を貼りつけることができます。ご存知ない方のために念のため...
 →参考

 

 ちなみに送金履歴の提出は必須ではないため、別に提出しなくてももしかしたらOKかもしれません。私は提出しましたので提出しなかった場合にどうなるのかはちょっとわかりません。ブリオンボールトから連絡が来たら皆さん自身でご対応ください。

 

4. 本人確認手続きを行う

 最後に本人確認手続きを行います。「2. 本人確認手続きに必要な書類を準備しておく」で準備した書類が手元にあることを確認したうえで本人確認手続きを行ってください。テスト送金された方はブリオンボールトへ送金したという証拠画像も合わせて用意しておいてください。

 

 本人確認手続きの方法については次の記事をご覧ください。
 →本人確認手続きの方法

 

 以上でブリオンボールトの口座開設手続きはすべて完了です。あとは皆さんのお好きなようにブリオンボールトを使い倒してみてください。

 

 →ブリオンボールトの口座開設ページへ

 

積立取引コースで口座開設

 積立取引コースでの口座開設の流れは大体次のようになります。

 

  1. 積立取引コースに申し込む
  2. 後日郵送で送られてくる書面に必要事項を記入する
  3. 本人確認書類を用意する
  4. 記入済みの書面、本人確認書類をブリオンジャパンに送付する

 

 それでは各プロセスについてより具体的に説明していきます。

 

1. 積立取引コースに申し込む

 下のリンク先から「積立取引コースに申し込む」ボタンをクリックし、必要事項の記入、利用規約の確認・同意して申し込んでください。
 →ブリオンボールトの口座開設ページへ

 

2. 後日郵送で送られてくる書面に必要事項を記入する

 申込みをしてしばらくすると、ブリオンジャパンから口座開設申込み書類が届きますので書面に必要事項を記入してください。

 

 なお書面には「登録銀行の届出印」による捺印が必要な箇所がありますので、届出印の準備をしておいてください。

 

3. 本人確認書類を用意する

 また本人確認書類の用意も必要です。必要となる書類は次の2つです:

 

  1. 本人確認書類の写し
  2. 登録銀行の通帳の写し

 

 こちらに関しては郵送で送られてきた書類に最新の情報が書かれているはずですので、そちらを参考にされながら用意してください。

 

4. 記入済みの書面、本人確認書類をブリオンジャパンに送付する

 最後に記入済みの書面、本人確認書類をブリオンジャパンに送付します。送付方法は郵送で送られてきた書類に書かれていると思いますので、そちらを参考にしてください。

 

 私が知っている範囲での積立取引コースでの口座開設プロセスは以上となります。あとはブリオンジャパンのほうから連絡が来ると思いますので、皆さん自身でご対応お願いします。

 

 →ブリオンボールトの口座開設ページへ

 

関連リンク

 ・→ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設前に知っておきたいこと一覧
 ・→何故いま金や銀に投資することが注目されるのか?

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【ブリオンボールト(BullionVault)を納得して利用するために】口座開設前に知っておきたいこと一覧
金価格推移
何故いま金・銀投資なのか
何故私はブリオンボールト(BullionVault)を利用し始めたのか
ブリオンボールト(BullionVault)で金投資をするのがおすすめな人
資産防衛の観点から補足:ブリオンボールト(BullionVault)で金投資するのが良い理由
ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設申込み方法は2種類ある
ブリオンボールト(BullionVault)のスポット取引と積立取引のメリット・デメリット
[一般向け編]ブリオンボールト(BullionVault)で気にしておきたいコスト一覧
ブリオンボールト(BullionVault)と国内金地金業者とのコストの比較
ブリオンボールト(BullionVault)との紐付けに適した銀行口座はどれ?
[一般向け編]ブリオンボールト(BullionVault)に入金する方法
米ドルをブリオンボールト(BullionVault)との取引に使う場合のメリット・デメリット
米ドルでブリオンボールトとの取引をするための口座開設準備方法
[米ドル編]ブリオンボールト(BullionVault)に入金する方法
[米ドル編]ブリオンボールト(BullionVault)で気にしておきたいコスト一覧
ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設方法
ブリオンボールトのスポット取引コース申込み時の本人確認手続き方法
ブリオンボールト(BullionVault)で誤解を防いで純金積み立てを行う
日本円利用者がブリオンボールト(BullionVault)で世界中の金・銀地金に投資する方法

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲