ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設申込み方法は2種類ある


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設申込み方法は2種類ある

初回公開日:2016/10/26
最終更新日:2017/09/26

 

 今回はブリオンボールト(BullionVault)の口座開設申込み方法について説明します。

 

 ブリオンボールトの口座開設をご検討されている方は、口座開設前に申込み方法について事前に知っておくとよいです。

 

スポンサーリンク

 

ブリオンボールトの口座開設申込み方法は2種類ある

 ブリオンボールトを始めるにあたってまず知っておくとよいことは、ブリオンボールトの口座開設申込み方法は2種類あることです。

 

 最終的にブリオンボールトの口座が無料で開設され、口座開設後にはブリオンボールトのオンラインサイトから金投資を行えることには変わりないのですが、口座開設までの手続き方法や受けられるサービスに若干の違いがあります。

 

 ブリオンボールトの口座開設申込み方法は次の2つあります:

 

  • ブリオンボールトから直接口座開設を申し込む
  • ブリオンジャパンという代理店で、ブリオンボールトの口座開設を申し込む

 

 要は直接開設するか、代理店を通じて開設するかの違いです。国内旅行で新幹線の切符を手配するときに、JRのきっぷ売り場から直接購入する方法と、旅行代理店から切符の手配してもらう方法がありますが、これと構図は同じようなものです。

 

 口座開設を代理店を通じて行うというのはちょっと馴染みがない方もいるかもしれませんが、後述するブリオンジャパンの業務内容を簡単に理解することで、ブリオンボールトの口座開設申込みを代理店で行う意味がわかることでしょう。

 

ブリオンジャパン(代理店)から口座開設をすればOK

 どちらから口座開設申込みを行えばよいのか。結論としてはどんな日本の方でもブリオンジャパン(代理店)で口座開設の申込みをしてもらえればOKです。

 

 その理由はとてもシンプルです。ブリオンジャパンで申し込んだほうが、ブリオンジャパンで申し込むよりも選択できる取引の幅が広いのです。

 

 ブリオンボールトで行える金取引のスタイルは大きく「スポット取引」と「積立取引」の2種類あります。スポット取引とは自分で好きなタイミングで売買する取引、積立取引とは毎月皆さんが決めた金額分の振込~金地金購入を自動で行う取引のことです。

 

 ブリオンボールトで直接口座開設を申し込む場合にはスポット取引しか申し込むことは出来ません。言い換えれば積立取引の申込みはできないのです。

 

 一方ブリオンジャパンで口座開設を申し込めば、スポット取引と積立取引の2種類から選択することができるのです。

 

ブリオンボールトの口座開設方法による取引の選択肢

 

 またスポット取引は、ブリオンボールトで申し込んでもブリオンジャパンで申し込んでも受けられるサービスは同じです。単純に口座開設申込みの入り口が異なるだけで、どちらで開設しても結局は同じことなのです。

 

 ちなみにブリオンジャパンのサポート窓口の方から訊いた話によると、実際にスポット取引を申し込んだ日本人の方は概して、ブリオンジャパンのホームページやランディングページからの申し込みの方がシンプルでわかりやすいと答えているそうです。

 

 下がブリオンジャパンにある、ブリオンボールトの口座開設申込みページです。ページを見てみるとたしかにシンプルでわかりやすいですよね。
 →ブリオンボールトの口座開設申込みページ

 

 以上のことから、ブリオンボールトの口座を開設する場合には、ブリオンジャパンから口座開設の申し込みをしてもらえればOKとなります。

 

 P.S. ちなみに私が口座開設したときは、ブリオンジャパンの存在を知らなかったのでブリオンボールトから直接開設しました。本記事は私みたいに無知のまま口座開設を皆さんにして欲しくないという目的で書きました。

 

ブリオンジャパン(Bullion Japan)とは何者なのか

 ここでそもそもブリオンジャパンとは何者なのかについて簡単に説明しておきます(以下は個人的な見解です)。

 

 ブリオンジャパンは一言で言えば「日本人が気軽に海外の金投資を出来るようにサポートをしてくれる企業」です。

 

 正確にいえばブリオンジャパンは「ブリオンボールトの国内正規独占媒介代理店」ですが、何故国内の代理店が必要となるのかをちょっと考えてみましょう。そのためにはブリオンボールトがどういった企業なのかをおさらいすることが大切です。

 

 ブリオンボールトはイギリス・ロンドンに本社をおき、日本だけではなく、北米やヨーロッパ、香港やシンガポールなど世界中で金・銀投資サービスを提供しています。ブリオンボールトはワールドワイドに展開している企業なわけです。

 

 ブリオンボールトにはちゃんと日本語のサイトもありますし、日本人スタッフの方もいますが、時差の関係で問い合わせがスムーズに進まないこともありますし、日本人(とりわけお年を召されている方)には海外というだけで何かしらの抵抗感を感じる方もいるでしょう。

 

 そこでブリオンジャパンという日本の企業がサポートしてくれればどうでしょうか。時差のない問い合わせが可能でよりスムーズなコミュニケーションがとれますし、日本の企業の日本人スタッフが対応してくれるだけでも海外での金投資をするための心理的なハードルが下がりますよね。

 

 またブリオンボールトで金投資する場合には、投資資金をイギリスに送金する必要が出てきます(日本円で投資するとき)。つまり海外送金が必要になるわけです。

 

 他の国々のように海外送金が広く行われている人たちにとっては特別抵抗感はないでしょうが、私たち日本人が海外送金しろって言われたらかなり抵抗を感じますよね。「海外送金のやり方がそもそもわからない!」「海外送金の手続きって面倒くさそう...」といったネガティブな感情が噴出してしまうことでしょう。

 

 こうした面倒な海外送金の手間もブリオンジャパンがやってくれるわけです。具体的に言えば、私たちが日本にある自分の銀行口座からブリオンジャパンの専用口座にいつものような国内振込をすれば、あとは振り込んだ資金をブリオンジャパンがブリオンボールトの口座(in 海外)に海外送金してくれるわけです。

 

 えぇ、利用者目線で見れば単なる国内送金をするだけで入金が簡単に出来てしまうのです。

 

 入金の手間が一気に省けるだけではありません。ブリオンジャパンのサービスによって、送金の手数料も安くなっているのです。送金要求のあった顧客からの資金を一括で送金してくれるので、手数料も通常の海外送金よりも安くなっているのです※1、※2、※下の追記

 


※1. 逆に資金をブリオンボールトの口座から引き出す場合には、手数料が通常の海外送金のように数千円かかるのでご注意ください。引き出し手続き自体はブリオンボールトのサイト上で指示すればできるので、引き出しの手間はほとんど掛からないと思います(私はまだ引き出しを実際に行ったわけではないので推測です)。
※2. 日本円以外の通貨をブリオンボールトに送金する場合には、皆さん自身で送金手続きを行う必要があるのでご注意ください。

 

【追記:2017/09/26】

これまではブリオンジャパンの入金サービスを利用したほうが、通常の海外送金よりも安く入金することができましたが、ブリオンジャパンの入金サービスの手数料の変更により、必ずしもブリオンジャパンの入金サービスが金銭的にお得ではなくなってしまいました。

 

元々の入金サービスの手数料は「30万円未満の入金で入金額の1.8%、30万円以上の入金で無料」というものでした。さらにいままでブリオンジャパンのキャンペーン中で「30万円未満の入金も無料」でした。

 

つまりいままでは事実上、ブリオンジャパンの入金サービスを利用していれば、誰でもブリオンボールトへ無料で入金することができました(出金手数料は元々銀行側より掛かります)。

 

 この無料入金サービスが2017年9月15日をもって終了し、翌16日からは、入金額によらずに常に入金額の1.8%の手数料が掛かることとなりました。

 

【2017/08/28 Bullion Japanからのお知らせ】入金事務手数料無料キャンペーン終了のお知らせ

 

この度、サービス開始から期間限定で提供を行なっておりました入金事務手数料無料キャンペーンにつきまして、2017年9月15日の23時59分をもちまして終了することとなりました。沢山のご利用ありがとうございました。日本円口座による入金受付サービスは今後も継続をいたしますが、2017年9月16日以降の入金申請につきましては所定の入金事務手数料(1.8%)が必要となりますので、ご留意いただきますようお願い申し上げます。

 

※海外送金はその仕組み上、コストが掛かる性質のものですから、上の措置はある意味仕方のない面もあります。

 

これにより、大体30-40万円を超える送金をする際は、ブリオンジャパンの入金サービスのほうが割高となります。30万以下の送金であれば引き続きブリオンジャパンの入金サービスを利用されるで問題はありません。

 

コスト面を気にされる方は通常の海外送金を利用されるのも手ですが、最初の事務手続きが面倒で躓きやすかったり、お使いの銀行によっては日本円の海外送金に対応していなかったり、送金額制限が掛かることもあり、何らかの障害が生じる可能性があることは頭に入れておいてください。

 

利便性や送金の確実性はブリオンジャパンの入金サービスのほうが圧倒的に優れていると思いますので、利便性や確実性とコストとのバランスを考え、皆さんにあった入金を行ってください。

 

 ブリオンジャパンは利用者目線で見ると大体いま説明したようなサービスを提供してくれる企業と言えます。

 

 ブリオンジャパンの企業内容を簡単に知っておけば、皆さんもブリオンジャパンのサービス(口座開設申込み、問い合わせなど)を利用しやすくなるのではないでしょうか。

 

**********

 

 その他ブリオンボールトの口座開設前に気になることがありましたら、こちらの一覧からどうぞ。
 →ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設前に知っておきたいこと一覧

 

ブリオンボールトの口座開設はこちらから。好きなタイミングで買えて低コストなスポット取引コースがおすすめです。世界的な危機時には通貨の大幅減価もよく起こるものです。現在の中央銀行の量的金融緩和のツケは、通貨の大幅減価という結果をもたらし得るものです。資産防衛に興味のない方は口座を開設する必要はありません。

金価格と比較した先進国通貨の推移

画像ソース:World Gold Council

 →口座開設はこちらから-コストが安く済むスポット取引コースが人気です

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

【ブリオンボールト(BullionVault)を納得して利用するために】口座開設前に知っておきたいこと一覧
金価格推移
何故いま金・銀投資なのか
何故私はブリオンボールト(BullionVault)を利用し始めたのか
ブリオンボールト(BullionVault)で金投資をするのがおすすめな人
資産防衛の観点から補足:ブリオンボールト(BullionVault)で金投資するのが良い理由
ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設申込み方法は2種類ある
ブリオンボールト(BullionVault)のスポット取引と積立取引のメリット・デメリット
[一般向け編]ブリオンボールト(BullionVault)で気にしておきたいコスト一覧
ブリオンボールト(BullionVault)と国内金地金業者とのコストの比較
ブリオンボールト(BullionVault)との紐付けに適した銀行口座はどれ?
[一般向け編]ブリオンボールト(BullionVault)に入金する方法
米ドルをブリオンボールト(BullionVault)との取引に使う場合のメリット・デメリット
米ドルでブリオンボールトとの取引をするための口座開設準備方法
[米ドル編]ブリオンボールト(BullionVault)に入金する方法
[米ドル編]ブリオンボールト(BullionVault)で気にしておきたいコスト一覧
ブリオンボールト(BullionVault)の口座開設方法
ブリオンボールトのスポット取引コース申込み時の本人確認手続き方法
ブリオンボールト(BullionVault)で誤解を防いで純金積み立てを行う
日本円利用者がブリオンボールト(BullionVault)で世界中の金・銀地金に投資する方法

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲