トランスファーワイズで「日本⇔海外」双方向送金


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号

  • [アボマガNo.16]「超円高」に期待しすぎてはいけない
  • [金のメルマガ No.8]消えかかるドル高材料、近づく金購入「ラストチャンス」

→登録はこちらから

[2018/04/14]トランスファーワイズで「日本⇔海外」双方向送金

2018/04/14

 

 「トランスファーワイズ(TransferWise)」という英国発の海外送金サービスについて記事を追加しました。

 

 私も試しに使ってみました。「日本→米国」「米国→日本」双方向に送金可能であることを確認済みです。

 

 

 私のもとには以前、トランスファーワイズの利用者とされる人から「トランスファーワイズの紹介をして欲しい」とのお問い合わせが届いたことがありました。しかしトランスファーワイズが日本で本格サービスをスタートして日が浅いこともあり、安全性が大丈夫かどうか不明だったので、当サイトでの記事化は控えていました。

 

 現在、日本でのサービス開始から1年半以上経ち大きな問題は出ていないようであり、関東財務局に資金移動業者として登録されたこともあり、米国金融口座の開設方法について取り扱っている当サイトでも記事にすることにしました。

 

 ただし、トランスファーワイズは設立から10年に満たず、海外送金というお金に関するサービスですので、紹介はしますが推奨はいたしません。

 

 

 当サイトでは銀行口座の海外送金サービスを利用した、海外送金の準備方法について紹介してきました。ただ紹介するのではなく、出来る限り手数料を抑えて送金できるための知恵を授けてきたつもりです。

 

 当サイトでこれまで紹介してきた海外送金の方法(日本⇔米国)とトランスファーワイズの位置づけは、次のようになります。

 

【これまで紹介してきた海外送金の方法】
→関連記事1
→関連記事2

 

  • 主にFirstradeやSogoTradeという米国証券口座との入出金を想定したもの
  • 100万円以上のまとまった額を送金するのに適する
  • 米国に銀行口座を持っていなくても双方向送金可能

 

【トランスファーワイズを利用した海外送金の方法】

  • 米国はじめ海外に銀行口座を保有していることが大前提
  • 100万円以下の海外送金に適する
  • 送金手続きが比較的簡単なので海外送金未経験者にも使いやすい
  • 米国証券投資をする予定がない、海外送金目的の方はまずはこちらのほうが使いやすい
  • 米国証券口座をお持ちの方も、米国に銀行口座を保有していればもちろん使える

 

 

 私がこれまで紹介してきた海外金融口座とトランスファーワイズとの関係は次のようになります。

 

【ユニオンバンク】
 「日本⇔ユニオンバンク」の双方向で、トランスファーワイズを介して送金できることを確認済みです。

 

【Firstrade】
 トランスファーワイズを介した送金は無理です。

 

【SogoTrade】
 トランスファーワイズを介した送金は無理です。

 

【ブリオンボールト】
 試していないのでわかりません。おそらく出来ないと思います...

 

 

 トランスファーワイズについて興味のある方はこちらから。公式ページだけみてもわからない、利用者目線で説明しています。注意点も書きました。よかったらご覧ください。
→トランスファーワイズ: 「日本⇔海外」双方向送金の一つの選択肢

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、ゴールド、経済、世界、日本の真実をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲