aaa [2017/02/18]Firstradeの売買手数料が値下がりしました!

Firstradeの売買手数料が値下がりしました!


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

Firstradeの売買手数料が値下がりしました!

初回公開日:2017/02/18
最終更新日:2017/02/20

 

 朗報です。Firstradeの売買手数料が4.95ドルに値下がりとなりました!

 

 2017年2月16日より、従来の6.95ドルから4.95ドルに売買手数料が減りました。実に3割近くの減少です。

 

 4.95ドルという手数料は、米国証券会社の中でもかなり安い水準です。日本で米国株投資をしようとすると売買手数料が20ドル以上掛かることもありますから、それと比較すれば売買コストは1/4以下なのです。

 

 この機会に、Firstradeの口座を開設されてみるのはいかがでしょうか。
 →Firstradeの口座開設方法

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲