[訂正]ユニオンバンクの口座から日本のATMで現金を引き出す際の限度額


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.128]ロシア企業の環境汚染スキャンダル(配信日: 2020/07/13)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

[訂正]ユニオンバンクの口座から日本のATMで現金を引き出す際の限度額

初回公開日:2017/01/09
最終更新日:2017/01/10

 

 ユニオンバンクの口座に預けている現金を日本のATMで引き出す際の限度額に関する訂正です。今回は取り急ぎのお知らせです。今後、関連記事の修正を行っていきます。

 

 【追記:2017/01/10】
 関連記事を修正しました。主にこちらの記事を修正しました。本記事は1月14日(土)に削除します。
 【/追記終わり】

 

 ※以下、限度額という用語は「ATM一回の操作で引き出し可能な金額の上限」という意味で用いています。

 

 本サイトでは毎回の引き出し限度額を10万円と書いてきましたが、これは2016年のはじめに私がセブン銀行ATMで引き出した際に確認した限度額でした。

 

 利用するATMやユニオンバンクのキャッシュカード等の種類によって限度額は異なるので、以下のように訂正いたします。

 

ユニオンバンクの口座から現金を引き出せる日本のATM

 利用可能なATMとその限度額は、比較的メジャーで汎用性が高い(地理的な制約が低い)ものにかぎれば以下のとおりとなります。

 

 ここで新型、旧型とは、ユニオンバンクのキャッシュカードやデビットカード等が「ICチップ搭載型(新型)」か「磁気ストライプ搭載型(旧型)」のいずれかであることを示しています。ユニオンバンクのウェブサイトをみるかぎり、現在ユニオンバンクでは少なくともデビットカードについては新型を発行しているようです。

 

ATM 新型/旧型 限度額 確認方法

セブン銀行

 

新型 10万円 セブン銀行のお知らせ
旧型 3万円 私がATMに足を運んで確認

イーネット(ファミリーマート等に設置されている)

 

新型 4万円 イーネットのサイト
旧型 4万円 私がATMに足を運んで確認

ローソンATM

 

新型 5万円 ローソンATMのサイト
旧型 5万円 私がATMに足を運んで確認

イオン銀行

 

新型 5万円 イオン銀行のサイト
旧型 引き出し不可 私がATMに足を運んで確認

ゆうちょ銀行

 

新型 引き出し不可 ゆうちょ銀行のサイト
旧型 5万円 私がATMに足を運んで確認

 

 ユニオンバンクの口座から日本のATMで現金を引き出す場合には毎回5ドルという高い手数料が取られますので、限度額いっぱいまで引き出すのがコスト的に最もお得です。

 

 地理的な制約のない方であれば、新型のカードをお持ちの方はセブン銀行、旧型の場合はローソンATMまたはゆうちょ銀行を利用するのが良さそうです。

メールマガジン「アボマガ」のご案内

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲