【緊急】YJFX!の顧客情報流出事件により開設に不安がある方へ


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

【緊急】YJFX!の顧客情報流出事件によりYJFX!の口座開設に不安がある方へ

   今回は本サイトで主に海外投資を行う人向けに、米ドルへの両替を行う金融機関として推奨しているYJFX!についての大事な記事です。

YJFX!の顧客情報漏えい事件

   2016年2月2日、FX会社であるYJFX!は18万件以上の顧客情報が流出、一時インターネットで個人情報が閲覧可能状態であったことを公表しました。 詳しくは以下のリンク先からご覧ください。

   →ソース


   実は私も今回の情報漏えい事件の被害者でして、YJFX!から漏えいの連絡が来ました。 私はそこまで大きな被害はなさそうですが、それでも全容がまだ不明ですしYJFX!に対する多少の不安は残っています。


   YJFX!は「円→米ドル」への両替を非常に安い手数料で行える利便性の高いFX会社であることから、主に海外投資に興味のある方が「円→米ドルへ両替→ドル建て海外送金」のプロセスを手数料を抑えて行う手段として紹介してきました。


   「YJFX!で両替→SMBC信託銀行プレスティアで海外送金」という方法ですね。


   しかし今回の顧客情報漏えい事件をきっかけに、皆さんの中にはYJFX!に対する不安を持たれたかもしれません。 いくら手数料が安くてもYJFX!は利用したくないと思われる方もいることでしょう。


   2016年以降に金融機関の口座開設をする際にはマイナンバーの届出が義務化されましたからなおさらです。


   また状況次第では金融庁がYJFX!に対して業務停止命令を出して、一時的にYJFX!を利用した両替ができなくなる可能性もゼロではありません。


   というわけでYJFX!以外にどのような方法で「両替→海外送金」すれば良いのか、取り急ぎ2つの方法を書いておきたいと思います。


   海外投資を始めるためにちょうど口座を開こうと思っていたという方は、YJFX!以外にも(手数料は少し増えてしまうかもしれませんが)方法はありますので、別の方法を考えてみるのも良いと思います。

YJFX!以外で出来るだけ手数料を抑えて両替→送金するには?

   YJFX!以外で出来るだけ手数料を抑えて両替し、両替した外貨(米ドル)を海外に送金するためには、大きく分けて2つの方法が良いと考えています。


  • 外貨両替または現受けサービスを行っている別のFX会社で両替→SMBC信託銀行プレスティアに外貨送金→海外送金
  • 新生銀行で両替+海外送金を同時に行ってしまう

   一つはYJFX!の代わりに外貨両替または現受けサービスを行っている別のFX会社で両替し、SMBC信託銀行プレスティアに外貨送金することです。


   「外貨両替または現受けサービスを行っている」というのがとても重要になります。 どちらも行っていないFX会社だと、外貨を海外送金に利用することは出来ないのでご注意ください(どちらも行っていないFX会社の方がむしろ多いです)。


   出来るだけ手数料を抑えるには「両替や現受け時の手数料」と「外貨出金手数料」をどれだけ抑えられるかに掛かってきます。


   また外貨両替ではなく現受けサービスだけを行っているFX会社では、取得できる米ドルの単位に気を付けてください。 米ドル単位が10,000単位だと、10,000ドル、20,000ドル...といった単位でしか米ドルを得られず、柔軟性に欠けるのでご注意ください。


   【追記:2016/02/03】

   実際に調査したところ、YJFX!の代替案としてセントラル短資FXが手数料的にお得だと思われます。 あとはマネーパートナーズでも両替は可能ですが、手数料的にあまりお得とは言えないですね...


   もう一つは新生銀行※で両替+海外送金を同時に行ってしまう方法です。 このケースではFX口座やSMBC信託銀行プレスティアを利用する必要はありません。


   ※新生総合口座パワーフレックスを利用してください!!Goレミットではありません!!


   新生銀行は他の銀行と比較して為替手数料が1ドル0.15円と非常にお得で海外送金手数料も4,000円と比較的安い部類のため、わざわざFX口座を利用せずとも「両替+送金」を手数料を抑えてまとめて行えるのです。


   海外投資家など比較的まとまった金額を海外送金したい方にとっては「YJFX!+SMBC信託銀行プレスティア」よりも大きな手数料が掛かりやすいのがネックですが、それでも他のあらゆる手法と比較すると手数料がお得な部類に入るでしょう。


   あと新生銀行だと送金指示がオンラインで出せないことに注意して下さい(電話または窓口)。


   ただ新生銀行はこちらの記事に書いたように「アメリカ→日本」へのドル建て送金受取先としても非常に優秀です。 仮に新生銀行の口座を開いた後にアメリカへの送金に利用しなくても、アメリカから日本への送金(被仕向送金)での利用価値が高いので口座開設が無駄になることはありません。


   多少手数料が増えても海外送金に関わる口座の開設を出来るだけシンプルに済ませたい方は、新生銀行一本で行くのも良い選択だと思います。


   新生銀行を利用すればわざわざFX口座を利用する必要がないので、YJFX!の顧客情報漏えい事件をきっかけにFX会社全体への不信感を抱いてしまった方々にとっては一番安心できる方法かもしれませんね。


   ※新生銀行を利用して海外投資の準備を行いたい方は次のようにして行ってください。 まず下のリンクをクリックしてください。

   →【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧


   上のリンク先のいくつかの準備手順を次のように変更してください:


  • STEP1, STEP2の代わりに「新生銀行の口座開設」を行ってください
  • STEP4の「両替→出金」プロセスが「新生銀行に両替用の日本円を預け入れ→米ドルに両替」に変わります

   その他のプロセスは上のリンク先の通りに行ってもらえればOKです。


   **********


   「YJFX!+SMBC信託銀行プレスティア」以外の方法でも出来るだけ手数料を抑えて両替+海外送金を行う方法があることをご理解いただければと思います。


   (手数料的にやはりベストなのは「YJFX!+SMBC信託銀行プレスティア」なのですが...)


   私はとりあえずは様子見しつつ、今後も手数料の安さからYJFX!を利用していくかもしれません。 ただYJFX!に対する不信感がある人は無理してYJFX!を利用せず、もっと安心できる方法で両替+海外送金してもらえれば良いです。


最終更新日:2016年2月3日

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲