aaa 配当再投資のメリット:株価下落はポートフォリオ育成のための恵みの雨

配当再投資のメリット:株価下落はポートフォリオ育成のための恵みの雨


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

配当再投資のメリット:株価下落はポートフォリオ育成のための恵みの雨

 今回からは目線を変えて、リスクや心理面への影響に目を向けてみましょう。どんなに配当再投資が長期的に大きなリターンを生むと言っても、その分リスクが大きかったり心理的な負担が大きく続けることが難しかったら何の意味もないですから。

 

 これからいくつかの記事で説明していくように、配当再投資はリスクや投資家の心理面にとっても非常に優れた投資手法なのです。

 

スポンサーリンク

 

株価下落はポートフォリオ育成のための恵みの雨

 配当再投資を行うことのリスク面に関する一番のメリットは「株価下落という難局をプラスに変えられる」ことです。言い換えれば「市場環境に依らない投資が可能にある」ことです。

 

 普通、株価が上昇するときはいいけれども株価が下落するときは投資家にとって辛い期間だと思われています。株価が暴落するときには景気が悪い、リストラの嵐、投資信託の解約が相次ぐ、大手金融機関が潰れたといったネガティブなニュースばかり流れますし、これがさらなる株価下落を引き起こす悪循環に見舞われ、投資家も不安で身動きが取れなくなってしまいます。

 

 確かに常に良好な運用成績が求められ、リターンの見栄えの良さを追求しなければならない機関投資家にとっては株価下落は辛いでしょう。リターンがあまりにも酷いと場合によっては首を切られてしまいますからね。

 

 しかし見栄えを公開する必要のない個人投資家にとっては、株価下落は実はポートフォリオを育てる上で絶好の期間となるのです。何故なら株価が下落すればするほど配当利回りが高くなり、配当再投資によって株数に対して複利効果がより大きく働きやすくなるからです。

 

 優良銘柄に投資をしていれば株価が大きく下落しようとも配当金は減りません。よって株価下落期間は配当利回りがグッと増えて、優良銘柄をより沢山保有できる大チャンスなのです。

 

 もちろん株数に大きな複利効果を働かせられると言っても、株価下落局面では資産価格は一時的に減少してしまうでしょう。何故なら株数の上昇率よりも株価の下落率の方が短期的には大きいからです。

 

 しかし長期的には話が変わってきます。株価の下落も落ち着き、高い配当利回りで株数を複利的に大きく殖やせているわけですから、いずれは株数に働くプラスの複利効果の影響が絶大に大きくなり、資産価格は急激に殖えていきます。

 

 いえ、むしろ株価の下落は落ち着かなくて良いんです。配当さえきちんと支払ってくれれば株価は下がり続けてくれた方が良いんです。その方が長い目でみれば(20年という長期で考えれば)資産価値は大きく殖えるのです。

 

 実はエクセルでシミュレーションするとわかるのですが、株価が長期的に下落し続けてくれると、あるときから突然資産価格が狂ったようなスピードで一気に殖えて行くんです。

 

 最初の15年程度はあまり目立った変化はないのですが、その後の5年間で資産価格が文字通りぶっ飛んだ勢いで殖えていくんです。株価が下げ止まって上昇してしまうよりも、株価がずっと下がり続けてくれる方が、20年後の資産価格の殖え方が段違いに大きくなるんです!場合によっては言葉では言い表せないほどの規模をもって!

 

 受取配当金に至っては株価下落というのは本当にメリットしかありません。何故なら株価が下落すればするほど、受取配当金で購入できる株数が殖えますから。購入できる株数が殖えれば、複利効果が大きく働いて株数が長期でグーンと大きくなります。こうして10年後に元本の2-3割、20年後に元本以上の配当金を毎年得られることも決して夢ではないのです。

 

 配当再投資では株価上昇よりもむしろ株価下落の方が「いよ、待ってました!」と言える期間なのです。株価下落中に優良銘柄を配当再投資によってバーゲン価格で購入し続ければ、皆さんの長期投資は半ば成功したも同然なのです。

 

 株価が下落してくれるほど長期的なリターンが大きくなる、これほどリスクを減らしてくれることなんてないですよね?

 

 もちろん株価が上昇すればキャピタルゲインが得られますからリターンは得られます。株価上昇によって配当利回りが小さくなって配当再投資の恩恵があまり得られないと感じれば、その銘柄を売れば利確できます。そしてもっと配当利回りの高い銘柄に振り向ければ良いでしょう。

 

 配当再投資を行うことで、市場環境に左右されずに、市場環境にあった投資を行えるようになるのです。すごいですね。市場リスクを逆にプラスに活かしながら、どんな期間も無駄にしないで投資することが出来るようになるわけです。

 

 株価下落という相場の涙は、配当再投資を行う投資家にとってはポートフォリオ育成のための恵みの雨となるのです。

 

最終更新日:2016年7月20日

メルマガのご登録

不確実性が覆う時代、私と一緒に経済サバイバルされたい方はご登録ください。ご登録は無料です。



→メルマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

長期投資と複利効果:時間を有効に利用することの大切さ
長期投資と複利効果:数%の利回りの違いが将来のリターンを大きく変える
長期投資と複利効果:インフレーションというマイナスの複利効果を働かせる魔物
長期投資と複利効果:大失敗だけは避けなければならない
長期投資と複利効果:配当再投資
配当再投資のエッセンス:株数を複利的に殖やす
配当再投資のメリット:株価下落はポートフォリオ育成のための恵みの雨
配当再投資のメリット:資産価格下落に対する抵抗力ができる
配当再投資のメリット:長期的に高インフレをチャンスに変えられる
配当再投資のメリット:株価下落を喜べるようになる!?
配当再投資のメリット:積み重なるだけのものに意識を向けられる
配当再投資とコスト(税金・取引手数料)について
何故長期投資では株式メインなのか、何故債券ではダメなのか
株式・債券の分散投資の有効性とインフレ
国債の本当のリスクは歴史を知ることで初めて分かる
長期投資に関わるリスクの時間的影響による分類
高インフレに対処するにはどうすればよいだろうか...?
人間の認知能力は投資環境に適応できていない
人間は何事も信じることから始まる
間違った投資判断を促す一つの要因:感情
間違った投資判断を促す一つの要因:利用可能性
無知は危険である:ヒューリスティックと上手く向き合うために
インフレ率急上昇中に企業がキャッシュ不足に陥りやすくなる理由
高い配当利回りに潜むリスク
FCF=企業の価値を決定付けるもの
悲報...多くの日本株は長期投資に向いてこなかった
株の購入スタイル:一つの銘柄を分割で購入するほうが良い

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲