長期投資と複利効果:大失敗だけは避けなければならない


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.69]米国政治家の矛先は製薬企業にはあらず?(配信日: 2019/05/23)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

長期投資と複利効果:大失敗だけは避けなければならない

複利効果は大失敗できない

 複利効果を活かした長期投資を行う上で気にしなければならないこと、それは大失敗してはならないということです。いままでの複利効果を消し去ってしまうような大失敗だけは絶対にしてはならないのです。

 

 長期投資では10年、20年とプラスの複利効果を働かせ続けることでようやく成功します。しかし途中で複利効果を働かせるのを中断してしまうとそれだけ成功するのに時間が掛かりますし、場合によってはいままでの複利効果のプラス分をすべて無駄にしてしまうかもしれません。

 

 複利効果を活かした長期投資ではとにかく成功までに時間が掛かり。時間の有効利用が命と言って過言ではありません。一度の大失敗でいままでの努力がすべて水の泡となると、時間的に(物理的に)失敗を取り戻すのがかなり厳しくなり得ます。だから大失敗だけは避けなければならないのです。

 

 別の記事で話しますが、実は複利効果は株価が上昇しているだけでなく、株価が下落しているときにこそ大きく働かせることができる代物です。

 

 複利効果を働かせるにはインカムリターンを利用することが成功への大きなカギとなります。インカムリターンを利用した複利効果は株価下落時こそ大きく働かせることができるので、株価下落時にいかに正しい投資行動をしていたかどうかが、長期投資の成功を二分するのです。

 

 こうしたことを知らずに株価が下落したときにパニックになって銘柄を売ってしまったらどうなるか?損失を出すことが失敗ではありません。株価下落時にマーケットから完全に引いてしまうことで、株価下落という「天の恵み」とも言える最高の投資期間を無駄にしてしまい、長期投資成功が何年も遠のいてしまいます。これこそ本当の大失敗です。

 

 長期投資を成功させるためには、ブル相場でもベア相場でも相場状況に関係なく、常に複利効果を働かせること。これが大切なのです。どんなに金融市場が崩壊、世界経済が崩壊といった大変な出来事が起こっていても、感情的にならずに長期投資家として理性的な投資を行い続けることが非常に重要となります。

 

 どんな状況下でも複利効果を常に働かせているか。これが出来なければ長期的にその投資は大失敗になり、取り返しのつかないことになりかねないのです。

 

スポンサーリンク

 

長期投資における最大の失敗とは?

 しかし長期投資最大の失敗は間違いなく「投資を始めようとしない」ことです。将来に不安を抱きつつも投資はリスキーだからと投資のちょっとした勉強すら拒み、なんとなく貯蓄や節約をして将来を乗り切ろうとする。これほどの大失敗はありません。

 

 投資を早くから始めないと複利効果を働かせるための貴重な時間を無駄にしてしまい、資産が十分殖えるまでの時間がどんどん後ずれしてしまうだけではありません。投資から避けて貯蓄や節約をしているだけでは、将来インフレによる複利的な購買力減価が起こって皆さんの実質の資産が気づかないうちに加速度的に目減りしてしまうからです。

 

 ゴールドといった不変の価値に裏付けされた通貨でない限り、通貨をいくら貯蓄したって将来の生活を長期安定的に保障することには何にもつながりません。不換紙幣を貯めこんだだけで資産が生涯減価されずに安定的に守られる事例は歴史的に皆無です。

 

 古来からあるように突如として短期的にインフレが急伸して一気に購買力が減るか、戦後のように穏やかなインフレが長期的に続いて長期的な複利効果によりじわじわ購買力が減っていくかという違いはあれど、結局は貯蓄の実質価値が大幅に減ることは避けられないのです。

 

 放置すればするほど被害は甚大になっていきます。だからこそ今のうちから投資の勉強をし、ちょっとでも良いので長期投資を行い複利効果をプラスに働かせる努力が必要となるのです。

 

 現代は皆さんの好きか嫌いかに関わらず、何も資産防衛対策をせずにいると勝手に複利効果がマイナスに働いて、将来の実質資産が大きく減価されてしまうのです。現代に生きる我々はこの複利の呪縛から逃れることはできないのです。

 

 投資は危険だと感情的に拒絶して、何も資産防衛対策を施さないまま目に見えない形で資産が奪取されていることを黙って見過ごす。これこそが複利効果に関する最大の失敗です。

 

 少しでも複利効果のマイナスの影響を食い止めるために、そして複利効果をプラスに働かせて不透明な未来に対する安心を自分の手でつくりあげるために、いまからでも複利効果を活かした投資に関する正しい知識を身につけ、多少の小さな失敗も受け入れながらでも行動することが求められるのです。

 

最終更新日:2016年7月20日

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

長期投資と複利効果:時間を有効に利用することの大切さ
長期投資と複利効果:数%の利回りの違いが将来のリターンを大きく変える
長期投資と複利効果:インフレーションというマイナスの複利効果を働かせる魔物
長期投資と複利効果:大失敗だけは避けなければならない
長期投資と複利効果:配当再投資
配当再投資のエッセンス:株数を複利的に殖やす
配当再投資のメリット:株価下落はポートフォリオ育成のための恵みの雨
配当再投資のメリット:資産価格下落に対する抵抗力ができる
配当再投資のメリット:長期的に高インフレをチャンスに変えられる
配当再投資のメリット:株価下落を喜べるようになる!?
配当再投資のメリット:積み重なるだけのものに意識を向けられる
配当再投資とコスト(税金・取引手数料)について
何故長期投資では株式メインなのか、何故債券ではダメなのか
株式・債券の分散投資の有効性とインフレ
国債の本当のリスクは歴史を知ることで初めて分かる
長期投資に関わるリスクの時間的影響による分類
高インフレに対処するにはどうすればよいだろうか...?
人間の認知能力は投資環境に適応できていない
人間は何事も信じることから始まる
間違った投資判断を促す一つの要因:感情
間違った投資判断を促す一つの要因:利用可能性
無知は危険である:ヒューリスティックと上手く向き合うために
インフレ率急上昇中に企業がキャッシュ不足に陥りやすくなる理由
高い配当利回りに潜むリスク
FCF=企業の価値を決定付けるもの
悲報...多くの日本株は長期投資に向いてこなかった
株の購入スタイル:一つの銘柄を分割で購入するほうが良い

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲