FujisanからThe Economist誌を購入し定期購読する方法


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.110]インフレ時代の幕開けへ(配信日: 2020/02/18)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

FujisanからThe Economist誌を購入し定期購読する方法

   今回はFujisanからThe Economist誌を購入して定期購読する方法について説明します。 The Economist誌を購入するための参考になればと思います。


   ※1 FujisanでThe Economist誌を購入するメリットについてまだご存知でない方は、まずはこちらの記事をご覧ください。


   ※2 本記事での購入方法はThe Economist誌に限らず他の雑誌でも同様なので、他の雑誌を購入する際のご参考としてもご活用ください。

STEP1:購入ページを開く

   まずはFujisanのThe Economist誌購入ページを開きましょう。 下のリンクをクリックすると購入ページを別ウインドウで開くことができます。

   →The Economist誌購入ページ


   ※他にも例えば次のようなビジネス・経済雑誌や英語学習用雑誌もFujisanから定期購読することができます:

   →TIME

   →The Japan Times ST

   →Harvard Business Review

   →CNN English Express(英語学習用雑誌)

   →週間ダイヤモンド

   →週間東洋経済


   その他気になる雑誌があれば、Fujisanトップページから皆さんで探してみてください:

   →Fujisanトップページ

STEP2:購入プランを選択する

   上のリンクからThe Economist誌購入ページを開くと、次のような画面が開きます(画像は最新版でない可能性があります)。


The Economist購入方法1


   購読プランがずらーっと並んでいますよね。 この中から皆さんが購読したいプランを選択します。


   ここでは紙だけ(オンライン版なし)で一年間購読するときを例にあげましょう。 The Economist誌は一年読んでようやく面白さがわかってくる雑誌ですし、私も実際にオンラインなしでの一年間の購読を続けていますので。


   ※最初から3年、5年、10年と購読される予定の方は、さらに金銭的にお得になる最長プランの「3年」を選択するのがおすすめです。


   一年間購読される方は購読プランから「1年」を選択しましょう。 すると隠れていたウインドウがオープンになり、「開始号選択」と「買い物かごに入れる」ボタンが現れます(雑誌によっては特典選択も表示されます)。


   開始号を選択したら「買い物かごに入れる」ボタンを押してください。


The Economist購入方法2

STEP3:注文する

   「買い物かごに入れる」ボタンを押すと次のような買い物かご画面が開きます。 いま選択したThe Economist誌の購読期間が正しいかどうか確認してください。


   大丈夫という方は画面上部にある「ご注文に進む」ボタンを押します。 既にFujisanのアカウントをお持ちの方は、左側(水色)から登録メールアドレスとパスワードを入力してください。


   初めてFujisanをご利用の方は右側(緑色)をクリックしてください。


The Economist購入方法3


   初めての方はアカウントの登録画面に進みますので、必要な情報を登録してアカウントを作成してください。


   後はネット通販にありがちなルーチンワークをこなせば注文が完了します。 皆さん自身で簡単に注文できると思いますので説明は省略します。

EXTRA STEP:雑誌を追加する

   皆さんの中にはThe Economist誌以外の雑誌も同時に購入されたい方もいるかもしれません。 そのような方は次のような方法で雑誌を追加すると便利です。


   STEP1でいくつかリンクを貼りましたよね。 これらリンクから興味のある雑誌を選択して購入ページに移動してください(欲しい雑誌がリンクに貼られていなければ「Fujisanトップページ」のリンクを押すと便利です)。


   この方法だと少ないクリックで他の欲しい雑誌の購入ページに楽に移動できるのでおすすめです。 下の説明を読む前にSTEP1のリンク一覧部に戻りたい方はこちらからどうぞ。


   STEP1にあるリンクをクリックすると新たなウインドウが開きますが、ちゃんと先ほどのThe Economist誌は買い物かごに入ったままなのでご心配なく。


   あとは他の興味のある雑誌に対して、上のSTEP2を繰り返せばちゃんと買い物かごに追加されます。


   追加購入を検討してみたけど、やっぱりいいや、という方はページ上部右側にある「買い物かご」ボタンを押してください。


The Economist購入方法4


   すると買い物かご画面が開いて、The Economist誌だけがかごに入っている状態になっています。 そしてSTEP3に書いてあるように注文して頂ければ、無事購入は完了します。


   以上で説明は終わりです。 The Economist誌、その他雑誌を購入される方は上の説明を参考にしてみてください。


   購入しようか迷われている方も、本ページをブックマークに登録しておくと便利ですよ。 あとで「定期購読してみよう!」と決心されたときに、本ページにアクセスすれば無駄な検索を減らしてスムーズに購入できますから!


   →STEP1のリンク一覧に戻る

ご購入された方はこちらの記事もお読みください

   ・購入後しばらくして私が経験したトラブルとその対処法です

   →The Economist誌購入後に注意すること


▲アボカド・セレクションズTop▲

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲