The Economist誌購入後に注意すること


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.83]何、その買収、どんだけ~2(配信日: 2019/07/11)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

The Economist誌購入後に注意すること

   The Economist誌をご購入された方、ありがとうございます。


   今回はThe Economist誌をFujisanでご購入された後のちょっとした注意事項について説明します。 知っておくとトラブル回避に役立ちます。

住所変更時に注意

   Fujisanを利用してThe Economist等の雑誌を購入された方は、今後引っ越しするときに注意してください。


   引っ越すときには引っ越す1-2週間前くらいに、引越し先に雑誌を配送してもらうようFujisanで住所変更する必要があります。


   しかし実はFujisanは住所変更に弱く、住所変更しても時折住所変更先に雑誌が届かないことがあります。 このとき元の住所にも届きません。 私はこのトラップに2回はまりました(2013年と2014年に一回ずつ)。


   もし皆さんも住所変更して1ヶ月くらい経っても雑誌が届かなかった場合は、雑誌が変更先住所に届いていないことをFujisanのカスタマーサービスに問い合わせてください。 そうするとFujisanは次のような神対応をしてくれます。


  • 届けられなかった雑誌をすべて届けてくれる
  • 届かなかった期間分購読期間が延長される

   このようにちゃんとカスタマーサービスに連絡すれば、届いていない雑誌をすべて届けてくれるだけでなく、届かなかった期間だけ契約が延長されます。 結果的にトラブルがなかったときよりも多くの恩恵を受けることになります。


   私は2回住所変更後のトラップにはまりましたが、2回とも上記対応をしてくれました。 なので住所変更して雑誌が届かなくても、あわてずイラつかずにカスタマーサービスに大人対応で問い合わせてください。


   ただし住所変更して一週間程度で問い合わせするのはやめましょう。 住所変更が実際に反映されるのは1-2週間後です。


   よって住所変更は引越しの1-2週間前に行っておき、その後最低でも1ヶ月くらいは様子をみてください。 それで雑誌が届かなかった場合に問い合わせするようにしてください。


   なお問い合わせの際に、最後に届いた雑誌の号数を訊かれることがあります。 なので最新号は次の最新号が届くまでは廃棄せずに常に手元に残しておく習慣にしておくと、よりスムーズに対応できるでしょう。

他に何か注意することはあるか?

   他にもThe Economist誌購入後に注意することはあるでしょうか。


   私はFujisanでThe Econoimst誌を購入して約2年8ヶ月ですが(2015年11月現在)、他に大きなトラブルに遭遇したことはありません。 年に数回程度、いつもは土日に配送されるはずなのに配送が月曜以降にずれ込むことはありましたが、その程度です。


   また上に書いたことからもわかるように、トラブル時のカスタマーサービスもちゃんとしているので顧客満足度は高いです。


   よって皆さんも安心してFujisanでThe Economist誌を購読していただけると思います。 ぜひThe Economistライフを楽しんでください!

関連リンク

・トラブルへの不安のため購入をためらっておられた方、安心感のあるFujisanでThe Economist誌の購入、いかがでしょうか。

→FujisanからThe Economist誌を購入し定期購読する方法


▲アボカド・セレクションズTop▲

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲