円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング

   海外投資に興味はあるけれども、「まだすぐに始めなくても良いや」と思われている方もいるかもしれません。


   しかし投資で成功するかどうかは市場環境をチャンスに変えられることが不可欠です。 絶好の市場環境で投資、特に株式等の"購入"を行って長期的に資産を大きく殖やす可能性を高めるためにも、絶好のチャンスが訪れる前に海外投資の準備だけはしておいてほしいのです。


   では海外投資の準備を行う上で最高の局面とは一体どこなのでしょうか。


スポンサーリンク

円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング

   海外投資の準備を行う最高の局面とはどこか? それは円高ドル安、世界株安局面です。


   円高ドル安、世界株安が進行しているときこそ海外投資の準備を行う絶好のタイミングなのです!


   何故円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミングなのでしょうか。 それは円高ドル安、世界株安が大きく進展すればするほど、次の2つの大チャンスが生まれやすくなるからです。


  • 価格が安いうちに優良企業の株式などを購入することで、長期的に大きなリターンを得られる可能性が高まる
  • 円高(またはドル安)時は両替によってより多くの米ドルを得られるので沢山の世界の株式等を購入できるようになる。しかもその後円安になれば為替差益も同時に得られて一挙両得

   このダブルの恩恵によって、長い目で見れば日本円で見たときの資産を急拡大させられる可能性が大きく高まるのです!


   円高ドル安、世界株安が大きく進展しきることは決して頻繁に起こるわけではありません。 現在まで大体7年おきくらいにしか発生していません。


   ですから円高ドル安、世界株安が大きく進行しきった後のレアな環境を大きなチャンスに変えるためにも、ぜひとも円高ドル安、世界株安局面の時に海外投資の準備だけでも済ませておくことが大切となるのです。 準備だけでも済ませておけば、円高ドル安、世界株安局面が大きく進展した後の本格的な投資をスムーズに始められますから。


   本サイトではできるだけ皆さんにスムーズに米国証券口座を利用した海外投資の準備をして頂けるよう情報提供に努めていますが、海外投資の準備にはどうしても物理的な時間が掛かってしまうことは避けられません。 口座開設の準備に3~4週間程度、海外送金の準備に2週間程度、計1ヶ月~1ヶ月半程度の期間は見ておく必要があります。


   もし準備を怠っていると、せっかくいますぐ海外投資を行いたくてうずうずしている中、1ヶ月以上もの準備期間が必要であるという現実を知り、投資機会を損失していることへの焦りが生じる姿は容易に想像できます。 「あぁ、株価もドル円も私の準備が終わるまでそのままでいてくれぇ!」といった祈りとともに。


   しかし事前に海外投資の準備を済ませていれば、こんな焦りも祈りもすることなく冷静に、スムーズに海外投資を始められるようになります。 必要な作業は米国の口座への海外送金だけ。 掛かる期間は長くても1週間程度、場合によっては1日ちょっとで行えてしまうのです。


   つまり事前に海外投資の準備を済ませていたかどうかで、海外投資を本格的に始められるまでの期間に1ヶ月以上もの差が生じてしまうのです!


   海外投資をいますぐに始めるわけでもなくとも、円高ドル安、世界株安が大きく進展した後の絶好の投資タイミングにスタートダッシュを決めるためにも、円高ドル安、世界株安進行中に準備だけでもしてみてはいかがでしょうか。


   海外投資の準備だけでもするかしないか、こんな些細な行動の違いが皆さんの将来を大きく左右する結果につながるかもしれませんよ!

関連リンク

・海外投資を始めるために必要な準備を知りたい方はこちら

→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧


・海外投資の準備だけでも早く済ませてほしい、もっと本質的で重要な理由についてはこちら

→すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由


最終更新日:2016年2月24日


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲