SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法

   今回はSogoTradeDRIP設定方法とDRIPの確認方法を説明します。


   SogoTradeのDRIPサービスはFirstradeと違い、非常に使いにくいのが特徴です。 オンライン上で簡単にDRIPの設定を行うことが出来ませんし、本当にDRIP出来ているのかもオンライン上では簡単に確認できません。


   なので初めてSogoTradeを使うと、英語ということもあってか最初は非常に不安になりがちです(私もそうでした)。


   本記事で紹介する方法に従えば、安心してSogoTradeのDRIPサービスを利用できるでしょう。


スポンサーリンク

SogoTradeのDRIP設定方法

   まずはSogoTradeのDRIP設定方法について説明しましょう。


   SogoTradeのDRIP設定は口座開設時に行います。 オンライン上で口座開設の手続きを行うと、最後にSogoTradeに提出する口座開設申請書(2枚)が現れます。


Application form of SogoTrade1

Application form of SogoTrade2


   申請書2枚目の右上に"Free Dividend Reinvestment"という欄があり、そこにDRIPをするかしないかのチェックボックスがあります。 ここでDRIPするの方にチェックを入れれば、DRIPに対応した(Eligible)すべての銘柄に対してDRIPが行われるようになります。


DRIP設定方法(SogoTrade)

DRIP設定方法拡大版(SogoTrade)



   おそらくDRIPの変更は後になっても可能です。 上の申請書にも"You can always change your selection later by calling your investment representative."と書いてあるくらいですから。


   ただし少なくともメールなり電話なりで連絡する必要があるはずです(もちろん英語で!)。 私はまだDRIPの設定変更を行ったことがないので説明できませんが、SogoTradeのDRIPの設定変更は若干面倒であることを記憶にとどめておいて下さい。

SogoTradeのDRIP確認方法

   続いてSogoTradeでのDRIP確認方法です。 本当にDRIPされているのか、一度はしっかりと確かめて安心したいものですよね。 しかし残念ながらSogoTradeはオンラインの利便性が残念なため、Firstradeのように簡単にDRIPの設定を確認する手立てはありません。


   ではどのようにDRIPを確認すれば良いのでしょうか。 それは毎月届く明細書を確認することです。 そしてこれが私たちが正確ににDRIPの設定を確認するための唯一の方法です。


   下図のように明細書に「REINVEST」という欄があります。 これが記述されていると、表示されている銘柄に対して配当再投資が行われたことを示しているので「あっ、ちゃんとDRIPされてるな」と確信できるようになります。


   もちろんこれが記載されるのは実際に配当再投資が行われた月だけですので、DRIPが本当に行われるかを確認するには銘柄を購入して、配当が支払われるまで数か月待たなければなりませんが...


DRIP確認方法(SogoTrade)


   このようにDRIPの設定や確認方法に癖があるSogoTradeですが、ちゃんとDRIP出来るのです。


   そんなわけで、DRIPの設定や確認方法に対する不安も払拭されたところで、皆さんもSogoTradeのDRIPをぜひ楽しんでください。

P.S.的な

   実はSogoTradeでも昔はオンライン上で簡単にDRIPの設定が出来たようです。 実際に「SogoTrade DRIP」とググると、SogoTradeのDRIP設定方法を説明してくれる"オフィシャルサイト"が出てきます。 そこにあるムービーを見ると、確かにSogoTradeでもオンライン上でDRIPの設定が出来そうだと思ってしまいます。 何せ"オフィシャル"ですから。


   →SogoTradeのDRIP設定をご丁寧に説明してくれるありがたーいページ


   SogoTradeのトップページから「Trade→Dividend Reinvestment Plan」を選択すればDRIP設定ページに行けると、わざわざご丁寧に説明してくれます。


   ここで過去のSogoTradeのトップページと現在のSogoTradeのトップページとを比較してみましょう。 あれ、なんだかちょっと違うぞ...


旧トップページ(SogoTrade)

新トップページ(SogoTrade)


   Tradeタブがない!!!


   そうです、現在のトップページにはDRIP設定ページへとつながるTradeタブがそもそも存在しません。 「じゃあ別のタブから行けるんじゃない?」と思うのは自然な発想。 そう思って私は何回も何回もSogoTradeのページを探し回りました。


   だけど...DRIP設定ページなんて見当たらないよ!!


   ...残念ながら現在は本当にDRIP設定ページは存在しません。 上のリンク先のSogoTradeのオフィシャルページではオンライン上でDRIPの設定が出来るとか言っていますが、あれは罠です。気を付けろ!


   いや、もしかしたらくまなく探せば見つかるのかもしれない... 何せSogoTradeのオンラインの使い勝手の悪さは随一、何をどこに隠しているかわからない。 これはSogoTradeが我々ユーザーに課した試練なのか!?

関連リンク

   ・アメリカの銀行口座をお持ちの方はACHの設定を行うとより柔軟な資金移動が出来るようになります

   →ACHの設定方法(SogoTrade)


   ・ACHとは何?という方

   →2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-


   ・DRIP設定もひと段落したところで、世界中のビジネスを俯瞰して投資に活かせるThe Economist誌を購読してみるのはいかがですか?(私も絶賛購読中!)

   →The Economist誌(記事一覧へ)


最終更新日:2015年4月15日


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲