【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧

初回公開日:2015/04/01

最終更新日:2017/03/24


   今回は海外投資(米国証券口座を利用した投資を意味します)を始めるために必要な口座の紹介と具体的なSTEPについて説明していきます。


   これから紹介するような方法で準備していけば、時間はどうしても掛かりますが誰でも簡単に海外投資をスタートさせることができますのでぜひご参考下さい。


   ちなみにこれから紹介する準備の方法は、ただ闇雲に口座を開設するといった類ではありません。 皆さんの次のような願いを出来るだけ反映させた"賢い"方法となっています。


  1. 手数料をできるだけ抑えたい!
  2. 安全に資金を海外に送金したい!
  3. 海外での資金移動を円滑にしたい!

   上の願いを反映させた図が下図です。 下図のような資金移動をすることで、手数料を抑えて安全な送金を行い、円滑な資金移動が出来るようになるのです!


海外投資のための口座と用途


   それでは海外投資を始めるための賢い準備を一緒に始めていきましょう!


スポンサーリンク

誰でも簡単に賢い海外投資をスタートするためのSTEP一覧

   賢い海外投資を始めるためのSTEPは次の通りです(クリックするとワープします):



   先ほど示した図において、上記STEPは次のように該当します(クリックすると大きく表示されます)。


海外投資を始めるためのSTEP


   それでは各STEPについて説明していきましょう。 (必ずしもこのSTEPの順に行わなければいけないわけではないので、最終的には皆さんにとって一番やりやすい方法で行ってもらえればOKです)

STEP0:海外投資のメリットとリスク、早期準備の重要性を知る

   口座開設の準備をする前に、皆さんにどうしても知っておいて欲しいことがあります。 それは海外投資のメリットとリスク、早期準備の重要性についてです。


   海外投資の良いところ、認識しておくべきリスク、そして何故海外投資をすぐに始めなくても準備だけでも早く済ますことが大切なのか? しっかりご認識、ご納得していただいたうえで、後悔なく海外投資の準備をしていただきたいと思っています。



   記事が多くお手数おかけしますが、それだけ後悔なく納得したうえで海外投資を始めるためにぜひ知っておいていただきたい内容が多いということです。 上記内容を理解してご納得されたら、早速口座開設を始めていきましょう!

STEP1:外貨両替+海外送金用の口座を開く

   最初のステップでは外貨両替+海外送金用の口座を開きます。 図では次の箇所に該当します。


海外投資を始めるためのSTEP1


   開設する目的は投資資金を「円→米ドル」に両替し、両替した米ドルをアメリカの証券口座にドル建てで送金することです。


   このステップは海外送金の手数料や利便性に大きく関わってくる、海外投資の準備で最も大切なステップとなります。 ですので出来るだけ「少ない手数料+高い利便性」で両替+海外送金を行えるように、皆さんが納得のいく口座を開設してもらえればと思います。


   詳しくはこちらの記事をご覧ください。

   →皆さんに適した口座を開設して海外送金システムを確立する

STEP2:アメリカの証券口座を開く

   次にいよいよアメリカの証券口座を開く番です。 図では次の箇所に該当します。


海外投資を始めるためのSTEP2


   本サイトでは私が利用している FirstradeSogoTradeについて説明しています。


   開設する前にまずはFirstradeとSogoTradeの特徴について知っておくのが良いでしょう。 その上であなたにあった口座を開設してください。


   とはいうもののここでは特に重要となるいくつかのことを書いておきましょう:


  • Firstrade、SogoTradeともに長期投資、短期投資どちらでも活用できます!
  • Firstrade、SogoTradeともに日本の証券会社と比べて圧倒的に安い手数料で海外投資できます!
  • 初心者におすすめなのはFirstradeです!

   詳しくは以下の関連記事でご確認ください。

   →何故海外投資なのか

   →FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる

   →FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?


   実際に口座を開設される方は次のリンク先で詳しい開設方法を説明しているので、ぜひご参考ください。 どちらも口座維持手数料はなく、開設後慌てて送金する必要はないのでご安心を!


   ・Firstradeの開設はこちらから:

   →Firstradeの口座開設方法1

   →Firstradeの口座開設方法2


   ・SogoTradeの開設はこちらから

   →Sogotradeの口座開設方法1

   →Sogotradeの口座開設方法2

   →Sogotradeの口座開設方法3


   ・申込み書類を郵送する方法(Firstrade、SogoTradeどちらも対応)

   →アメリカ証券会社に書類を郵送する方法


   【注意:2016/12/23】

   SogoTradeの口座を開設される場合は、口座開設後に最低500ドルの入金が必要となります。よってSogoTradeの口座開設は海外送金に必要は口座をすべて開設した後に行われるのが良いでしょう。


   ちなみに最終的にはどちらの口座も開いておくことをおすすめします(慌てなくてよいです)。 というのは2つとも開くことでそれぞれの口座のメリットを活かした投資を行えますし、予期せぬリスクも分散することが出来るからです。


   この件に関して詳しくは次の記事をご参照ください。

   →FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由

STEP3:海外送金する資金を「円→米ドル」に両替する

   STEP2までで海外投資を行うために必要な口座の開設はすべて完了しました。


   必要な口座を開設したら、続いて海外送金を行うステップに入ります。 投資資金を米ドルに両替して、両替した米ドルをアメリカの証券口座に送金していきます。 この操作をSTEP3、STEP4で説明します。


   慌てて送金を行う必要はありませんが、初回送金時はいくつかの必要な手続きによって送金が完了するまでに2週間程度の時間を要する場合があります。 一度送金しておけば以後は1日超~1週間程度とより短い期間で送金が完了するようになるので、口座開設後早めに一度海外送金を行うことをお勧めします。


   初めて海外送金を行う人は、まずはSTEP3、STEP4を比較的少額の金額(最高1,000ドル程度)で実験的に行ってみてください。 安心して初回時の海外送金を行えますし、万が一トラブルが生じて最悪送金額が戻ってこないという事態が発生してもそこまで大きな問題にはならずに済むでしょうから。


   海外投資をすぐに始めたい人もそうでない人も、まずは比較的少額の金額を送金されることをお勧めします。 そのあとに海外投資を本格的に始めたいタイミングで、改めて今度は比較的巨額の投資資金を両替→海外送金してもらえば良いでしょう。


   それでは本ステップの説明に入りましょう。 海外送金のための最初のステップは投資資金を円→ドルに両替して、そのドルを海外送金用口座に預けることです。 図では次の赤い矢印の箇所が該当します。


海外投資を始めるためのSTEP3


   これはSTEP1でどの口座を開設したかによって操作が異なってきます。 詳しくは次の記事をご覧ください。

   →海外送金に必要な外貨両替方法

STEP4:アメリカ証券口座に送金する

   最後に海外送金用口座からアメリカの証券口座に送金します。 図では次の赤い矢印の箇所が該当します。


海外投資を始めるためのSTEP4


   送金方法の具体的な手続き方法は各金融機関ごとに多少異なりますが、「送金先の情報を指定フォーマットに沿って正しく記入して銀行側に伝える」ことが常に一番重要となります。


   送金先情報の記入フォーマットは金融機関ごとに多少異なりますが、伝えるべき情報(中身)はどの金融機関でもほとんど同じです。


   私はSMBC信託銀行プレスティアユーザーのため、SMBC信託銀行プレスティアを利用した送金方法でしたら詳しく説明することができます。 SMBC信託銀行プレスティア利用者は次の記事をご覧ください。

   →SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-


   ソニー銀行、新生銀行やその他の金融機関をご利用の方は、下のリンク先にある送金先情報の画像やPDFファイルをご覧ください。画像やPDFファイルの内容をもとに、各金融機関のフォーマットにあわせて送金先情報を記入していただければ海外送金はスムーズにできると思います。

   →海外証券口座に送金するために伝える必要のある情報


   米国証券口座の送金先情報については次の記事をご覧下さい。

   ・Firstradeの送金先情報について

   →Firstradeに送金する方法


   ・SogoTradeの送金先情報について

   →SogoTradeに送金する方法


   アメリカの証券口座に無事に投資資金を送金できたら、海外投資を開始するための準備は完了です。お疲れ様でした!

EXTRA STEP:アメリカの銀行口座を開設する

   最後に必ずしも必要ではないですが、もし余裕があればアメリカの銀行口座も開設しておくと良いでしょう。 図では次の箇所に該当します。


海外投資を始めるためのEXTRA STEP


   というのはアメリカの銀行口座を開設しておくことで、アメリカに預けたお金をATMで引き出せたりアメリカの証券口座との間の資金移動をより柔軟に行えて便利になるからです。


   図で言えば下の赤い矢印の資金移動ができるようになるわけです。 こうしてみると便利そうですよね!


海外投資を始めるためのEXTRA STEPその2


   また投資とは関係なくとも、デビットカードを作成して米アマゾンでドルでお買い物、なんてことも出来るようになるので実生活がより充実します。


   本サイトでは私が利用しているユニオンバンクの口座開設方法を説明しています。 ユニオンバンクを利用しているのは、現在私が知る限りで日本国内に居ながら口座を開設できるアメリカの銀行がユニオンバンク一行だからです。


   ユニオンバンクの口座を開いてアメリカ国内での資金移動やデビットカードによるお買い物などを楽しまれたい方は、次のリンク先をご参照ください:

   →ユニオンバンクの口座開設(事前準備)


   ユニオンバンクの口座を開設された方は、FirstradeまたはSogoTradeでACHの設定を行うと便利です。 ACHとは送金方法の一種で、送金に数日掛かりますが手数料がほぼゼロという大きなメリットがあります。(→2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-)


   ACHを利用することで、ユニオンバンクとFirstrade/SogoTrade間の資金移動を手数料ゼロで行えるようになるのです。 ACHを利用することで手数料を掛けずに、配当金を銀行口座に移動させてATMで引き出すことも出来るようになります。 便利そうですよね(ATM手数料はもちろん掛かりますが)。


   ACHの設定をしてお得で便利な送金を行いたい方は次のページをご参考下さい。

   →ACHの設定方法(Firstrade)

   →ACHの設定方法(SogoTrade)


   【追記:2016/08/05】

   ユニオンバンクの口座を開設された方は、金・銀投資(特に金投資におすすめ)のブリオンボールトを利用されてみるのもいかがでしょうか(私も利用中です)。


   実はいま購買力維持のために、代替通貨である金や銀への需要が徐々に高まりつつあります。 資産分散や万が一への保険のために、スイス・チューリッヒの金地金をオンラインで簡単に購入できるブリオンボールトはもしかしたら皆さんにとって嬉しいサービスになるかもしれません。


   ユニオンバンクを利用すると手数料を抑えてブリオンボールトを理由出来るメリットがあるので、この機会にいろいろブリオンボールトについて知ってみてはいかがでしょうか。

   →ブリオンボールトについての記事一覧へ

関連リンク

   ・海外投資の準備が完了したら、世界中のビジネスを俯瞰して投資に役立てられるThe Economist誌を購読してみるのもいかがでしょうか?私も絶賛購読中です。

   →The Economist誌(記事一覧へ)


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲