SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-

   今回はSMBC信託銀行プレスティア(旧シティバンク)で実際にオンラインで海外送金をする方法を話します。


   なお本記事は海外送金を行う前に必要な送金先情報の登録を済ませている方を対象としています。 まだ送金先情報を登録していない、そもそも送金先情報の登録って何?という方は、先に下の記事をご覧下さい:

   →SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-


   ※海外投資を行うための必要な準備全体を確認したい方はこちらの記事もご覧下さい。 本記事はこちらの記事の「STEP4」に該当します。

   (→【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧)


スポンサーリンク

SMBC信託銀行プレスティアで実際に海外送金を行う

   まずはSMBC信託銀行プレスティアにサインオンしてください。


SMBC信託銀行プレスティアで海外送金1


   サインオンしたら左側のリストから「国内振込・海外送金」を選択します。


SMBC信託銀行プレスティアで海外送金2


   現れた画面の「海外送金」のラジオボタンにチェックを入れて「次へ」ボタンを押してください。


SMBC信託銀行プレスティアで海外送金3


   すると送金に必要な情報を入力するページが現れました。 下図のように必要な入力情報をすべて埋めて「次へ」ボタンを押します。


SMBC信託銀行プレスティアで海外送金4


   送金に必要な情報(上図の1番目)は次のように入力してください(米ドルを送金する場合)。


項目 入力方法
送金先(受取人) リストから送金先を選択します。リストには事前に登録しておいた送金先情報の一覧が表示されます。
引き落し口座 引き落し口座を選択します。米ドルを送金する際には「マルチマネー口座外貨普通預金」を選択してください。
送金額を入力する通貨 「受取人口座への送金金額(USD)」を選択します。
送金金額(半角カンマなし) 送金金額を米ドルで入力します。実際の送金金額はこれに送金手数料を加えたものです。
送金の理由 送金理由を一つ選択してください。自身の海外証券口座、海外銀行口座に送金する場合には「非居住者に対する預け金」を選択してください。

   これで「次へ」を押せば、あとはルーチンワークで送金手続きは完了できるでしょう。


   最後に一つ、送金依頼が無事完了したら完了ページを保存してください(IE、Google Chromeであれば「Ctrl+S」で保存できます。Firefoxも?)。 というのは完了ページが送金依頼の領収書代わりになるからです。 トラブルを未然に回避するためにも、完了ページの保存はぜひ行ってください。


   数日後に送金先に無事振り込まれていることを確認したら、海外送金は完了です。 保存したページは消去して大丈夫です。

初めて海外送金する送金先に対してテストしましょう

   一つ皆さんに気をつけて欲しいことがあります。


   登録したての送金先に初めて送金するときは、ちゃんと送金されるかテストしてみることをお勧めします。 少額の金額を海外送金して、ちゃんと送金先に届くかどうか確認してみてください。


   テスト送金が上手くいけば、あとは好きなように好きな金額を安心して海外送金できますよね。 もしテスト送金が上手く行かなくても、この時点で原因を特定して改善すれば安心して海外送金できますよね。


   テスト時ももちろん送金手数料が掛かってしまいますが、万が一送金できなくてトラブルになったり、最悪巨額のお金を失うことになるリスクに比べればはるかにマシです。


   私はいままで海外送金はすべて無事に行えていますが、海外でのトラブルは何かと面倒臭そうなのでいまでもちゃんとテストは常に行っています。


   投資でも人生でもなんでもそうですが、一番に大切になるのはリスクを減らすこと。 多少面倒だと思いますが、面倒なことでもバカにせずに常にリスクを減らす癖をつけることはリスクだらけの現代社会で上手く生きるための知恵ですよ。


最終更新日:2016年2月17日


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲