当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.69]米国政治家の矛先は製薬企業にはあらず?(配信日: 2019/05/23)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

曲がりたい方向に列があるときには

   真っ直ぐ歩いている途中で、目的地に到着するために進行方向を曲げなければならない状況はよくあります。 しかし曲がろうにも人がたくさん歩いているためになかなか曲がれないときがあります。 このときにどのようにしたら相手に迷惑をかけずにスマートに曲がれるでしょうか?


   具体的に次のような状況を考えてみましょう。 赤丸が自分です。 青丸は自分と同じ方向に進んでいる人です。 一方緑丸は自分と反対方向に進んでいる人です。そして水色の楕円で「行きたい!」と書いてある方向にこちらが行きたいとします。

曲がる方向に列1

   基本戦法は次の通りです。 反対方向に進んでいる人の列にスペースができた隙に、一気に行きたい方向に行くことです。


   例えば次のような状況が訪れたら真っ先に曲がってください。相手にも自分にも迷惑を掛けずにスムーズに曲がることができます。

曲がる方向に列2

   このように進むのは当たり前でしょう。 おそらくこれをご覧になっているほとんどの人は図のように歩いていることでしょう。 一つだけ注意点をあげるとすれば、緑色の人は上から下に歩いているので、横切るときは明るい緑丸の人と距離を空けるようにしてください。 次のように歩くと横切るときに明るい緑丸の人と意外と近づいてしまう可能性があるのでご注意ください。

曲がる方向に列3

   しかし曲がりたい方向に曲がる際に問題になるのは、自分の曲がりたいタイミングでこのように都合よくスペースが空いているとは限らないことです。 もし曲がりたいタイミングで曲がるためのスペースがない場合はどうするでしょうか?


   おそらくその場に少し立ち止まって少し空いている隙を見つけたら曲がり始める、または強引に列を掻き分けて進むことが多いと思います。


   もちろんタイミングによっては仕方ない部分もありますが、その場に立ち止まったり列を強引に掻き分ける行為は相手に迷惑をかけかねないので極力減らしたいところです。 そのためには曲がる少し前からWPAサイクルのWatch、Predictを行うと良いでしょう。


   具体的にはまず曲がる前の段階から、反対方向に向かって歩いている列を観察します。 反対方向に向かってくる列の前方を確認して、人が多く詰まっていて曲がるには難しそうな場所や、人があまり多くなくここだったら上手く曲がれるだろうというスペースの存在を認識しておきます。


   続いてPredictを行います。 まずは状況確認のタイミングでわかった、人があまり多くなく上手く曲がれそうなスペースがこちらの曲がりたい場所にどのくらいで到達するのかを推測します。


   基本的に人が多く並んでいる列では、いまの数秒後もスピードが変わらずに進んでくるものと考えてよいです。 よって反対方向の列の人たちがいまのままのスピードで進んでいくと考えて、上手く曲がれそうなスペースがこちらの曲がりたい場所にいつ到達するかを推測するのです。


   推測し終わったら、今度はこちらがそのスペースを有効利用するためにはどのくらいのペースで歩いていけばよいのかを考えます。 つまり上手く曲がれそうなスペースがこちらの曲がりたい場所に到着するときに、ちょうどこちらのそのスペースに入っているようにするにはどうすればよいのかを考えるのです。


   例えば下図のようにスペースがすぐ曲がりたい場所にやってくる場合には、こちらは少しペースをあげてうまくスペースに潜り込めるようにする必要があるでしょう。

曲がる方向に列4

   一方で下図のようにスペースがやってくるまで少し時間がありそうな場合は、逆に少しペースを落としてタイミングを見計らう必要があるでしょう。

曲がる方向に列5

   このように、曲がる前のできるだけ余裕のあるうちからWacth、Predictを行うことが道を曲がるための準備として大切になります。

アボカドまつりのメルマガ(アボマガ)、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。だらだらとインターネットや新聞を眺めているだけの、あなたの鈍った脳内に新たな刺激と体験を注入します。
 登録は無料です。米国証券口座を利用し始めた方、「アボマガ」ご登録で日本での確定申告方法についてまとめた記事を特典としてプレゼント中です!

メルマガ登録ページへ

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲